実行委員会の活動Blog

過去のBlogは、アーカイヴよりご覧ください。


\岡山モデルを弘前大学にて発表しました/

去る2月8日に、弘前大学人文社会科学部 様とメルコ学術振興財団 様との共催による「自然栽培と管理会計について」という講演に、当会理事長の高橋啓一が登壇させていただきました。

主催者である弘前大学人文社会科学部の黄 孝春教授には、当会の活動を研究対象としていつも取材していただいており、大変お世話になっています。

(画像提供:「ホホラカメ」様 Blogより)
(画像提供:「ホホラカメ」様 Blogより)

講演では、自然栽培に従事する著名なメンバーが集結!その様子を、「ホホラカメ」という料理教室を主宰なさっている高杉多希さんがレポートされています。そのBlog を、ご許可を頂いたのでシェアさせていただきます。

 

『 自然栽培は体に良いのは、もちろん良いことですが、経営は成り立つのか、利益と収入を生み出せるのか、つまり「ビジネスとしての自然栽培」をどう見るのか?ということが、今回のテーマでした。 』(「ホホラカメ」さんBlogより)
 

わかりやすくレポートしてくださっており、当会広報は毎回お留守番なので、会場の様子がよくわかり大変参考になりました。ぜひご覧ください(^^)/


https://www.hohorakame.com/2020-02-08/

 

成果報告会 ご来場御礼

おかげさまで、令和元年度成果報告会を無事終えることができました。

昨年から当会は、これまでの木村式自然栽培の進め方を、より岡山の気候風土に合わせたやり方へ変更しようと、木村さんや粕渕さんに相談しながら、慎重に進めています。

今年度も引き続き、生産者の皆さんに試行錯誤していただきつつ、その結果を観察していこうと思います。

会の後半では、高知県:ふくのたね保育園の北山副園長先生や、栄養士の宗次先生から、園児の皆さんの可愛らしいお写真と共に、毎朝こまめに精米してからご飯を炊いていらっしゃる様子を伺い、木村式自然栽培米「朝日」を大切に使ってくださっていることを心から嬉しく思いました。

 

 

大阪府:清風学園の平岡副校長先生からは、

 

「子どもの心身をつくる『食』に力を入れていることで、

 その学校の子どもに対する “ 覚悟 ” が垣間見える」

 

「保護者は、それを通して、我が子を託すに値する学校かを見ている」

 

という趣旨のお話を伺いました。

お子様達の笑顔と、先生方の日々のご覚悟を裏切ることなく、誠実に謙虚に、おコメづくりを進めていきたい。私たちは今年もそう心に誓いました。

 

皆様、ありがとうございました。