実行委員会の活動Blog

過去のBlogは、アーカイヴよりご覧ください。


田んぼはいつもと変りなく!

岡山県は緊急事態宣言の解除が発表されました。まだまだ安心してはいけませんが、ずっと緊張感と閉塞感と共に過ごしてきたからか、どこか、町にはホッと一息ついているような雰囲気があります。

生産者の皆さんと田んぼは、例年と変わりありません(^^) 今年もいよいよお米づくりが始まりました!田起こしも始まっています。

 

当会は、個人の農家さんだけでなく、グループで参画されている生産者さんや、法人化された大型農家さんにも支えられています。

 

10年をかけて、今では約3500俵(約210t )ものお米をご提供できるまでになり、大量一括購入の企業にもご提供できる体制を整えることが可能となりました。当初よりこれを見据えて、JAグループや企業の参画を呼び掛け、県内の農業や経済を循環させる事業を目指してまいりました。

 

「買って食べる人」が「作って提供する人」を支援してくださり、「作って提供する人」が「買って食べる人」へ安定供給してくださる‥その輪が広がったおかげです。

離農したお宅から委託を受けて田んぼを引き受けている大型農家さんでは、農機具もズラリとこれだけ並んでいます。部品の交換やメンテナンスも自分たちでやれる、まさにプロ集団。

 

ちょうど「籾蒔き」をされているところを取材しました。『苗半作』といわれるこの時期、農家さんは一番緊張感を持って作業に当たられているので、その聖域にズカズカとおじゃますることは控えてきたNPOですが、今年は特別に入らせていただく許可を頂きました。

 

大型農家の皆さんは、個人で育苗するのではなく、一括で苗をつくりシェアしています。(もちろん作り方は当会の策定している規定をお守りいただきます)

籾蒔きを待っている朝日のタネちゃん達
籾蒔きを待っている朝日のタネちゃん達

こちらは、育苗箱に籾(タネ)と培土を入れる機械。機械の上部に培土を設置しています。とにかく量が半端ないので、フレキシブルコンテナバッグ(通称フレコン)で培土を扱うため、移動もフォークリフトを使います。

 

注目していただきたいのは、作業をしている方たち。ご覧ください。若手に女性。そう、ここではベテラン農家の背中を見て次世代後継者が育っているんです。なんと頼もしい!

培土:もちろん、当会指定の無肥料の土です  JAを通じて購入していだきます
培土:もちろん、当会指定の無肥料の土です JAを通じて購入していだきます
採り繋いでいる「朝日」の籾ダネ
採り繋いでいる「朝日」の籾ダネ

「あのぅ‥ 写真撮ってもいいですか?」

「えーよ!」

「ホームページとか‥載せてもいいですか?」

( ´_ゝ`)フッ ‥まぁ、別にえーよ!」

 

(わーい やったー\(^o^)/)←筆者の心の声

 

このあと、いろいろとお話を伺うことができました。当会へ登録される生産者の皆さんは、情緒や観念に走る方はあまりいなくて、本当に生産のプロとして、淡々と、粛々と、栽培に専念される方が多いです。無用な先入観なく、アッサリ自然栽培に転換することに成功されているのかな‥と感じます。

 

いえ、むしろ、そのような志はお持ちなのですが、「そういう“ 想い ”を持って仕事するのは当たり前でしょ!」・・デフォルトなんですね。「心技の両輪」を併せ持つうちの生産者さん達はホント、当会の誇りです(^^)

籾蒔きが完了したら、苗箱を並べてこれから数十日間かけて苗を育てます。このあと、皆さんは休憩に入りコーヒーブレイクに入られましたが、筆者はここで失礼しました(^^)

 

よい苗ができたら、作柄の半分は成功したようなもの。だからこそ、この時期の農家の皆さんはピリピリされています。ぜひ温かく見守り、応援してくださいね(^^)

with コロナ で頑張る企業④

当会のミッションの一つとして、「地元企業への貢献」を掲げています。支援企業の皆様が、コロナ禍の中、少しでも誰かのために‥と奮闘されている様子を、当会からもご紹介させてください。


すし遊館さんが、生本まぐろと自然栽培米を柱にし、新たな回転寿司のコンセプト店を広島LECTにオープンされました<*:'゚*:PAN! ・:*:・゚☆彡

国産生本まぐろの解体ショーのステージだそうです
国産生本まぐろの解体ショーのステージだそうです

こちらがウワサの『コース限定職人おもてなし席』だそうです。そう、回転寿司さんなのに、ここは回らないお席なんですって!

 

「こんなに美味しい回転寿司、初めて!」
「ここ、回転寿司店じゃなくてもいいくらい贅沢!」
「来る楽しみが増えた♪」

 

オープンまでの準備だけでも大変なところ、コロナショックが起きて益々ご苦労もあったのではと思います。オープンのご判断にも悩まれたことと思いますが、ソーシャルディスタンスや衛生面での徹底を行う中、無事オープンの日を迎えられたとのこと。

 

シャリに使われているお米はもちろん、

当会の木村式自然栽培米「朝日」です\(^o^)/

現在はコロナウィルスの感染拡大防止のため、LECTが休業中のため、テナント店であるすし遊館「あさひ」レクト店さんも休業とのこと。再開された折には、ぜひおでかけくださいね。

広島県広島市西区扇2丁目1−45


\テイクアウト用手巻き寿司もリリース/

#StayHome のお客様のために、お持ち帰り用手巻き寿司のセットも発表されました。「回転寿司店のクォリティを超えている!」と評判のすし遊館さんのあのネタを自宅で楽しめるなんて!

 

詳細は、すし遊館さんのホームページをご覧ください。

http://sushiyoukan.com/

同時に、上手に巻ける手巻き寿司の作り方の動画も公開されていますよ!

おうちで退屈がっている子どもさんと、手巻き寿司パーティーをぜひ開いてみてはいかがでしょうか☆彡

with コロナ で頑張る企業③

当会のミッションの一つとして、「地元企業への貢献」を掲げています。支援企業の皆様が、コロナ禍の中、少しでも誰かのために‥と奮闘されている様子を、当会からもご紹介させてください。


続きましては、まるみ麹本店さん。お味噌の作り方を教えてくれる動画『お味噌をお家で作ろう』を公開されています。

自分で作られちゃったらお味噌が売れなくなるのでは‥と心配なのですが、「こんな時だからこそ、発酵食品をしっかり採って、身体づくりをしていただかないと!」とのこと。その心意気に脱帽です。

 

お味噌キットはぜひまるみ麹本店さんでお求めください(^^)/


https://www.marumikouji.com/item/2409-9461/

 

プラスチック容器のほかにも、希少な吉野杉の木桶もお取り扱いされています。(現在は品切れの模様)

 

「容器はうちにあるよ」という方には、材料のみもあるようです。


大切なお知らせも!
 

\当会の木村式自然栽培米「朝日」で仕込んだ米麹の販売決定/

期間限定&ネット限定&100個限定での販売とのこと。お味噌づくりだけでなく、これからの季節なら、お漬物や甘酒づくりにもぴったりですね(^^)

 

▼詳細、ご予約ページ
https://www.marumikouji.com/item/21010080-20200206/

with コロナ で頑張る企業②

当会のミッションの一つとして、「地元企業への貢献」を掲げています。支援企業の皆様が、コロナ禍の中、少しでも誰かのために‥と奮闘されている様子を、当会からもご紹介させてください。


焼酎「木村物語」、同シリーズにごり酒「木村物語」をお造りいただいている宮下酒造さん。

 

消毒用エタノールの代替品としても使える「酒蔵スピリッツAL78」を発表されました。

 

▼「酒蔵スピリッツAL78」
https://www.msb.co.jp/product/4963/

 

現在は数量限定で販売されているとのこと。

医療機関、看護施設、介護施設の方には、専用のご購入ページ(優先的に発送可能)をご案内されています。

 

詳しくは、宮下酒造さんのホームページをご覧ください。

▼宮下酒造さん ホームページ
https://www.msb.co.jp/

with コロナ で頑張る企業①

当会のミッションの一つとして、「地元企業への貢献」を掲げています。支援企業の皆様が、コロナ禍の中、少しでも誰かのために‥と奮闘されている様子を、当会からもご紹介させてください。


このような時期の中、飲食系企業の皆さま、本当にがんばっていらっしゃいます。

こちらは菊池酒造さん。ANNニュースに取り上げられました。

木村式自然栽培米「朝日」で醸したお酒『奇跡のお酒』シリーズのお買い求めは

▼コチラからどうぞ(^^)/

http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/002/O/

コロナウィルスに負けないで

「BUZZ MAFF(ばず まふ)」という、農林水産省の若手職員が登場するYoutube 番組が、最近じわじわと人気を博しているのをご存じでしょうか^^

コメント欄も批判や炎上なく、温かく応援していて、安心して閲覧できるゆるさが微笑ましいんです。さて、そんな「BUZZ MAFF」で、食品等の “過度な” 買占めや買い急ぎはやめましょう、と呼び掛けています。


<YouTube の概要>

 

食料につきましては、安定的な供給体制、十分な量が確保されています。

 

慌てて買いだめに走るなど、そういった行動は必要ありません。

落ち着いた購買行動をとっていただきますよう、よろしくお願いします。

 

農林水産省としましては、米の卸売業者など、流通の関係団体に対し、今まで通り円滑な供給の要請をしております。 また、職員が現場に出向き、流通の状況把握に努めております。

 

農林水産省から、3つのお願いです。

・過度な買いだめや、買い急ぎはしないでください。

・転売目的の購入はしないでください。

・食料品は必要な分だけ買うようにしてください。


当会もこのところ、お米の在庫を気にされるお問合せやご注文が相次いでおりますが、充分ご提供できる量を確保しておりますので、ご安心ください。

 

これも、生産者さん達が頑張ってお米を作ってくださり、それを衛生管理が整った倉庫や工場で保管・調整・袋詰めの上、安全に流通に乗せてくださるJAグループの皆様、宅配業者さん‥ほかにもたくさんの “お米のプロ” の方々が関わってくださっているおかげです。

認定生産者の方々、JAさん、当NPOスタッフ‥田んぼ談義をしているところ^^
認定生産者の方々、JAさん、当NPOスタッフ‥田んぼ談義をしているところ^^

そして何より、こうした供給側を “買い支え” てくださるNPO会員様や消費者の皆様、支援企業の皆様の存在があってこそ。

 

皆でゆずり合い、助け合うとき、広く俯瞰した目で先々を見つめていくことが大切だな‥と、自然栽培を学んだからこそ、感じる今日この頃です。

 

東日本大震災のとき、相田みつをさんの言葉『うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる』が反響を呼んだといいます。私たちは今こそ、過去の教訓から学ぶときなのだと思います。コロナウィルスに、自尊心までもやられてしまわないようにしたいものですね。

 

どうぞ皆様、心と身体によい食べ物を腹八分目程度適量いただいて、睡眠を充分にとって、心穏やかに、ご安全にお過ごしください。