実行委員会の活動Blog

過去のBlogは、アーカイヴよりご覧ください。


収穫祭2018 ありがとうございます

今年は豪雨や台風、秋の長雨に悩まされた一年ですが、収穫祭はそれらを忘れさせてくれるような、気持ちの良い秋晴れ!!

祭壇には、今年お目見えした新商品「発芽玄米ごはん」と玄米黒酢」も。コレ、すっごく売れてます(^^)

過酷な一年を頑張りぬいてくれた朝日。お疲れさま。

今回は、矢掛放送さんや、エフエム岡山さんが取材に来てくださいました。

収穫祭は予約不要、参加費無料。どなたでもご来場いただけます。時間が来ると、わらわらと皆さんが集まってきましたよ~(^^)

いつも嬉しいのは、稲刈り日和は自分の田んぼの刈り取りで忙しいでしょうに、生産者の皆さんがその手を止めて来てくださること。祭祀行事として大切に思ってくださっているからこそ。ありがとうございます。

理事長の高橋啓一よりご挨拶。

私たちの収穫祭は、特定の宗派や祭主を招くこともなく、お米とお酒とお塩を祭壇に置き、皆で田んぼに向かって一礼をするだけの、シンプルな祭祀です。

宗教的に変に偏らず、かといって、大いなるものへの畏敬の念を忘れず、人間自然の中の一部であり謙虚でいることを忘れないようにするために、昔の人にならって行っています。

 

さぁ!さっそく刈り取りです\(^o^)/

老若男女とはまさにこの光景。皆でわいわい手刈りをしました(^^)

スーツ&革靴の紳士たちも、思わず田んぼに入りたくなったようですね(〃▽〃)
ニッコニコの坊やの笑顔がたまりません(^_^)

※保護者の方より掲載の許可をいただきました

皆さんが刈ったあとを束ねる生産者さんや岡山パールライスさん。いつも当会を縁の下で支えてくださっている方々です。この方たちがいないと、お米を安全に流通させることができません!

こちらも当会を支えてくださるパワフルな女性陣。彼女たちのおかげで、どんどん商品開発が進んでいます。(お次は、いよいよ海外進出のお話が…!乞うご期待)

収穫祭を終えて、懇親会。
機械のなかった昔は、手刈りのために親戚縁者が集まって、刈り取りが終わるとこんなふうに労をねぎらい合い、大勢で五穀豊穣を感謝する宴がありました。

 

テーブルのあちこちで、農業のこと、お米のこと、お酒のこと‥さまざまな話題で花が咲き、交流が広がりました。アンテナの高い人が集まる自由な会(^^)

 

御来場いただきました皆様、どうもありがとうございました。

 

木村式自然栽培米「朝日」の刈り取りが本格的に始まるのはこれから。収穫は11月までかかり、乾燥や籾摺りを行い、JAの検査を経て、岡山パールライスと関連会社で石抜きや色彩選別など調整されたのち袋詰めされ、ようやく皆様のところへ新米のお届けとなります。収穫のあとにもたくさんの人たちの手によって、お米が大切に扱われています。

 

どうぞ楽しみにしていてくださいね(^o^)丿

\新認証品 木村式自然栽培の「玄米黒酢」/

岡山県産木村式自然栽培米「朝日」を原料にした玄米黒酢が完成し、販売を開始しました!

自然の持つ力と生態系の営みを活かした当会の認証米:木村式自然栽培米「朝日」を100%使用しています。

 

木村式自然栽培米「朝日」の玄米をお酒から造り、「静置発酵方式」の伝統製法でじっくり熟成させました。製造元より「発酵のチカラがすごい!」と評価いただき、まろやかな醸造酢に仕上がっております。

 

お料理や、飲む酢として、毎日の食卓に是非ご活用ください。

お求めは、以下のリンク先からどうぞ(^_^)/

http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000049/

 

「お召し上がり方」
●ヘルシードリンクとして・・・
飲用は一日に20ml~30mlを5倍から10倍程度にお好みで薄めてお召し上がりください。豆乳、牛乳、蜂蜜、野菜や果汁、炭酸などをブレンドしてお楽しみ頂けます。

●お料理に・・・
酢の物、煮物、お寿司、ドレッシングいろいろ・・
煮物に入れていただくとコクとさっぱり感で美味!

情報定期便『あさひ日和vol.10』発送しました

NPO会員向け情報定期便「あさひ日和vol.10 」ほかを発送いたしました。そろそろ会員の皆様のお手元へ届いているようです

当会の会員さんにはインターネットをあまり利用しない方も多くいらっしゃいます。「スマホはよぅ使わんのじゃ」「ネットはなんか、面倒くさくてなぁ」等々^^;

 

そのような方々へも当会の活動報告をするには、紙媒体でお届けする必要がありますが、製作費や印刷代、郵送費など、思いのほか経費がかかるため、断念せざるを得ない時期が長くありました。

 

2年前にその課題をようやくクリアできるようになり、おかげさまで、会員情報紙『あさひ日和』も10号目をお届けできるまでになりました!

 

情報定期便では、いよいよ新米の年間予約が始まるほか、木村さんの盟友がつくるリンゴのご紹介、「発芽玄米ごはん」10パック無料進呈付きの販売商品など、さまざまな会員特典をご案内しております。

 

「え、私もそれ欲しい!」という方、今なら新規ご入会で定期便をお届けいたしますので、ぜひこの機会にお申込みください。

 

▼会員募集 詳細はコチラ
https://www.oka-kimurashiki.jp/会員募集/

 

▼会員お申込みフォームはコチラ
https://www.oka-kimurashiki.jp/会員募集/会員入会申込フォーム/

生きもの調査、やってます(^^ゞ

今年も生きもの調査を行っています。今回は県北エリアを回りました。7月の豪雨災害の影響はほとんどなく、「朝日」たちは元気にがんばっていました。

素晴らしく丁寧な畔!「畔を見れば、どんな農家かわかる」と言われています。『やり過ぎず、やらなさ過ぎず』程よく手が入っている田んぼは、気持ちが良さそう。
生きものにやさしい水路も造られていますね。

朝、早めにおじゃましたので、朝露がまだ残っていて、稲がキラキラしていました。私たちを歓迎してくれているかのようです(^^)

さっそく、ハグロトンボが出迎えてくれました。

ところで、この田んぼ、ご覧のとおりコナギが生えています。ですが、稲の中にはほとんどありません。こちらの生産者さんが、どのくらい田んぼに入ったかがうかがえます。素晴らしいです。(私たちは巡回の際、こういうところを見ています)

さっそく調査開始!阪田さんは、生物分類技能検定1級ホルダー。これってすごいことなんですよ!

「網をひとすくいしただけで、こーんなにたくさん!」と言う阪田さんのトレーに、私たちは「ど、どこに何がいるんすか??」と、さっぱりわかりませんw

「ほら!こーんなに!」・・・よく見ると、小さな小さな虫たちが。なんなら、身の回りに飛んできてよく追い払ったり、パチンと手で叩き潰したりしちゃっている虫もいます。

 

「この小さな生きものたちが、おコメを作ってるんですよ~」

 

こ、これからは気を付けますっ。虫さん、ありがとう('◇')ゞ

稲に悪さをする虫たちがいても、クモが捕食してくれます。クモは、クルクルクルッと糸でイナゴやバッタを包んで動けなくし、食べてしまいます。

「自然栽培の田んぼは、本当にクモが多いですねぇ~」と阪田さん。

 

ツチガエル
ツチガエル

「ヘビがいる!これは生態系が完成しつつある証拠ですね~」

 

こんな面白い会話がありました。

 

生きもの好き(阪田さん)

「こーんなに生きものいたら楽しいでしょう?」

 

稲好き(生産者さん)

「俺、稲しか見てなかったんで…w」

 

植物好き(筆者)

「わー ここにワレモコウが咲いてるー♡」

 

各自、見ている所がてんでバラバラです(笑)いろんな得意分野を持ち合わせた人同士、お互いの領域を横断し、視野を広く持ちたいもの。

 

阪田さんは、私たちの意を汲んで、どんなところに、どんな目的で生きものが生息するのかを、生産者さんに説明してくださいます。そのことで、ただ「コメを生産する」というだけだった稲中心の視野を広げ、「生態系の中の稲」を意識していただき、生産者さんのコメづくりの幅がさらに広がる‥それを期待しています。


ただし、境界線を踏むときは、相手へのリスペクトを忘れずに。すべてのいざこざは、境界線が荒れているか・荒れていないか、美しいか・美しくないかで決まっているそうです。

 

田んぼと畔の境界も、陸と水の境界も、人と人との関係も、考えてみればなるほど、と思います。

 

相手の領域へ入るとき、自分の価値観でズカズカと入っていませんか。

 

自然界が教えてくれていますね(^_-)-☆

 

\自然栽培米「朝日」 meets 世界のサタケ/

株式会社サタケ 副社長の福森 武氏(右)と、弊会理事長 高橋 啓一(左)
株式会社サタケ 副社長の福森 武氏(右)と、弊会理事長 高橋 啓一(左)

このところ当会は、木村式自然栽培米「朝日」をさらにより良い商品にしてお届けするために、さまざまな方面からのアドバイスを頂戴しようと動いており、先日の粕渕先生のご来岡といい、素晴らしいご縁に恵まれ続けています。

 

今回は、東広島市に本社を置く「株式会社 サタケ」さんを表敬訪問しました。

 

こちらの写真は、6月に株式会社サタケの福森副社長と技術本部・経営本部の方々が直々に、当会のほ場へ視察へいらしてくださったときのもの。

 

現在好評をいただいている「木村式発芽玄米ごはん」の食味分析をお願いしたことをきっかけに、木村式自然栽培米「朝日」を高く評価してくださり、はるばる現地へお越しくださったのです。

田んぼを見て、すぐに自然栽培の稲作を理解されたという福森副社長
田んぼを見て、すぐに自然栽培の稲作を理解されたという福森副社長

株式会社サタケ さんは、創業者の佐竹利市氏によって、日本で初めて動力式精米機を開発した会社です。今では食品加工機械の世界トップメーカーとして、世界10カ国に拠点を有し、サタケ製品が使われている国は約150カ国に上るグローバル企業。

創業百周年を記念して建てられた美しい本社ビル:通称クリスタルビル
創業百周年を記念して建てられた美しい本社ビル:通称クリスタルビル
サタケ歴史館 一般公開もされているそうです 社会科見学にもオススメ!
サタケ歴史館 一般公開もされているそうです 社会科見学にもオススメ!

サタケ歴史館の見学をご希望の場合は、10名様以上の事前の申込でお受けしているとのことです。

▼以下のフォームからお申込が可能です。

https://satake-japan.co.jp/activity/school/form/contact/input

 

日本初の動力式精米機 このおかげで農家の作業負担は飛躍的に解消されました
日本初の動力式精米機 このおかげで農家の作業負担は飛躍的に解消されました
これが世界初の食味値測定器 第1号機!
これが世界初の食味値測定器 第1号機!

 

1986年に世界で初めて、お米の食味を数値に評価する測定器を開発したことでも知られています。

 

 

今流通しているお米の食味評価は、サタケさんがスタンダードをつくった!ともいえるんですね。

 

そのサタケさんが、「この朝日米は素晴らしい」として、岡山まで足を運んでくださったということは何を意味しているか。もうおわかりですよね(^^)

 

当会はこのご縁に感謝し、今回東広島の本社へ伺い、朝日米に対するさまざまなアドバイスやアイデアを頂戴することができました。

「世界のサタケ」と呼ばれるまでになった歴史を説明してくださる経営本部の佐々木室長
「世界のサタケ」と呼ばれるまでになった歴史を説明してくださる経営本部の佐々木室長

その示唆に富んだお話は、さすが「田んぼから茶碗まで、コメのすべてを知り尽くすSATAKE 」と称されるだけのことはあります。

 

目からウロコ状態のお話が続き、また新たな商品開発へとつなぐことができそうです。さっそく理事長の高橋が動き始めました。こういうときの高橋はいつも速いのです。

 

「この話を聞いて、ビビビッと電気が走るような感性をお持ちの方でないといけませんよ」と言って、ニコリとお笑いになった福森副社長。

 

福森副社長の描く絵が、高橋にも以心伝心でビビビッとつながったのでしょう。

いつか皆さんへ良いご報告ができるまで、乞うご期待です(^^)

 

▼株式会社サタケ 『明日を創る力ー常に一歩先の技術を求めて』

https://satake-japan.co.jp

 

*****

サタケさんが運営する「豊栄おむすびくらす」へも立ち寄りました。

 

栄養価の高い東広島:豊栄産のGABAライスや、地産地消の野菜を使用した、おむすびと定食のお店です。

 

とーーーっても美味しかったです!(美味しすぎて、写真を撮る前に思わず半分食べちゃってました^^; )

岡山にもこんなお店、あったらいいなぁ~!

 

▼豊栄おむすびくらす

http://toyosaka-kurasu.jp/omusubi/