実行委員会の活動Blog

過去のBlogは、アーカイヴよりご覧ください。


雨の収穫祭

心配された台風21号の影響はさほど強くはありませんでしたが、ご覧のとおり、「晴れの国おかやま」らしからぬ雨の一日。秋祭りの頃に岡山でこんなに雨が降ることはなく、ここ十数年でも見たことがありません。

雨の雫に打たれてうな垂れているような朝日。倒れていないだけ、偉いぞ!

 

集まった生産者さん達も、「もう、田んぼの水が抜けんから、いっこも刈れんわ」「早生(の品種)もまだ刈っとらんけぇ、早よぅせにゃぁ、晩稲も刈れん」「おぅ、乾燥機が順番待ちで一杯になっとるわ」と、皆さん、口々に心配している様子でした。

 

ここへ、台風が猛威を振るって稲が倒れてしまえば、コンバインで刈れず、手で刈り取るしかない‥というリスクも待ち受けています。

 

おコメを作れない私たちは、ただただ お天道様に祈り、生産者の皆さんにお願いするしかないですね。食べものを作ってくださる方のありがたさをこんな時に特に感じます。

「まぁ焦っても、降っとるモンはしゃあねぇ!」と、笑って雨の収穫祭へ集まってくださった生産者の皆さん。こうしたところも、自然を相手にお仕事をしている方は達観しています。お日様や雨雲を恨んだって、仕方ないですものね。

 

当会始まって以来の少人数で、収穫祭を執り行いました。

一応、刈り取りもしましたよ(^^)

懇親会も、いつになく少人数でアットホームな雰囲気。参加者の方の中には、犯罪や非行をしてしまった若い人の立ち直りを支える更生保護に関わる人がいらして、「こうした子ども達が立ち直るために、自然栽培のような農業はきっと力になってくれるのでは‥」と、目を潤ませ声を詰まらせながらお話されていた姿が印象的でした。自然界には善悪はなく、すべてを受け容れいざなう偉大な存在。きっと何か光明があるのではないでしょうか。

 

このほか、今回は理事長からいくつか新たなニュースが発表されたのですが、これはまた追々、こちらのブログでご報告していきたいと思います。結構、これから立て続けにニュースをお届けすることになりそうですので、ぜひチェックしてみてくださいね(^_^)/

 

今日は足元の悪い中ご来場くださいました皆さん、ありがとうございました。無事稲刈りが進むことを願ってやみません。皆さんもどうか稲たちを応援してください。

会員限定 新米予約票を発送しました!

本日、NPO会員様用にお送りしている情報定期便(年4回)の発送が完了しました。


これから収穫予定の平成29年度の新米のご予約は、平成29年度の更新がお済みの方が対象となっています。「あ、まだ今年の年会費、払ってなかったかも…!」と思われた方、ぜひこの機会にお急ぎください。更新がまだの方へは、払込票を同封させていただきましたので、ご利用ください。

 

このほか、刷新されたデザインのパンフレット、会報紙「あさひ日和」、木村さんご推薦の盟友の方が栽培するリンゴのご紹介、弊会 認証企業の菊池酒造さん、宮下酒造さんから発売される新商品のご紹介など、いろんなご案内を同封しております。

 

年を追うごとに、会員の皆様へご報告できるものが増えていることに、喜びを感じています。弊会には、インターネットやSNSをあまりしないという方も少なくありません。こうした方々へは、やはりアナログな紙媒体で日々の活動報告をしたい‥とずっと考えていたのですが、印刷物は膨大な経費がかかるため、こうして実現するまでに数年かかりました。まだプロに頼めるまでには至らず、手づくり感満載の代物ではありますが、皆様へお届けできて嬉しいです。これも皆様のご支援のおかげです。

 

「今度はこんなことが出来ると、会員さんも喜んでくださるかな!」「ここはこうすれば、コストダウン出来ないかな?」「それ、いいね!何かいい方法を考えたいね」等と言いながら、スタッフで封入作業をしました。^^

 

マンパワー不足は相変わらずですが、少数精鋭でがんばっております!

 

定期便は近日中にお手元に届くかと思います。

お米のご予約、お待ちしております(^O^)/

 

 

まだまだ続く!『夢のディナー』今後のスケジュール

こちらの情報も入ってまいりました!木村さんのお膝元、青森県での開催です。

弘前市での開催はありましたが、今回は八戸。青森県木村式自然栽培実行委員会さんの主催です(^^)/

▲画像をクリックすると、大きくしてご覧いただけます


弊会に入っている「夢のディナー」開催スケジュールをあらためてご案内いたします。

 

◆平成29年10月27日(金) 青森/青森県木村式自然栽培実行委員会

http://8nohe-c.com/ao-kimurashiki/

 

◆平成29年11月18日(土) 大阪/NPO法人大阪府木村式自然栽培実行委員会

http://shizen-fan.com/2017/09/08/1120

 

◆平成29年11月30日(木) 東京/社団法人 自然栽培パーティー

(情報解禁までお待ちください)

 

◆平成30年  2月25日(日) 金沢/はくい式自然栽培実行委員会

(情報解禁までお待ちください)

 

 

詳しくは、各団体・委員会のウェブサイトやSNSなどでチェックしてみてください。

 

「夢のディナー、行ってみたいけど遠くて行けそうにないなぁ…」と諦めていた方、「お!ここなら近いし、日程も空いてるし、行けそう!」と思われた方、ぜひお出かけください。

 

全国のシェフたちが、自然栽培のよさに気づき、「自分も腕を振るいましょう!」と立ち上がってくださっています。自然栽培によるFarm to Table の素晴らしさ、美味しさ、ぜひご堪能ください。

夢のディナー in 大阪は11月18日開催!

NPO法人大阪府木村式自然栽培実行委員会さんからのお知らせです。

昨年の夏 倉敷で開催された、自然栽培の食材を使って有名シェフたちが腕を振るう食の祭典『夢のディナー』が、再び大阪で開催されます!

詳細、お申込みページへJump!

木村さんが初めて自分のリンゴを売りに出かけたのは大阪城公園

今回の会場は、大阪城公園を望む、ホテルニューオータニ大阪です。

 

大阪城公園といえば、木村秋則さんが初めて自然栽培のリンゴを売りに出かけた場所。「食は大阪にあり」というイメージから、きっと大阪の人なら、自分のリンゴを買ってくれるのでは…と思い、大阪まで出かけたのだそうです。結局、ほとんど売れない中、このときに買ってくれた一人のお客様から「こんなに美味しいリンゴは初めて。また売って欲しい」という手紙が届いたことから、奇跡のリンゴのストーリーは始まりました。

 

木村さんは、自然栽培のリンゴを完成させるのに10年、さらに売れるようになるまでにはもっと多くの歳月がかかったといわれています。作るのも大変ですが、売るのはもっと大変なんですね。自分で売っている農家の方はもちろん、お商売をされている人なら誰しも、思い当たるのではないでしょうか。

 

大阪城公園を見ながら当日、木村さんは何を思うのでしょうね(^^)

 

「夢のディナー」では、ホテルニューオータニ大阪の西口総料理長や、日本人で初めてフランスのホテルリッツのシェフとなった小西忠禮シェフ、そして木村さんの盟友 山崎シェフも参加。もちろん、当会の木村式自然栽培米「朝日」もご提供いたします。食いだおれの街大阪での絢爛豪華な「夢のディナー」、ぜひお出かけください(^_^)/

日時:平成29年11月18日(土)18:00~21:00(予定)
会場:ホテルニューオータニ大阪 鳳凰の間
参加費:1人30,000円(税込・限定250名)
主催:NPO法人大阪府木村式自然栽培実行委員会

 

▼詳細はコチラ(大阪実行委員会の販社:株式会社ケイフィールズのサイトへ)

http://shizen-fan.com/2017/09/08/1120

 

▼お申込みフォームはコチラ
https://ssl.form-mailer.jp/fms/1e9c586e527980

JA佐渡も始めた自然栽培と、朱鷺

写真:「佐渡観光PHOTO」より
写真:「佐渡観光PHOTO」より

新潟県の佐渡でも今年から自然栽培が始まっています。佐渡といえば朱鷺(トキ)の保護活動が有名です。そのトキとの共生の舞台の一つとして、自然栽培も選ばれました。ここもなんと、JA佐渡が主体的に自然栽培の推進をしています。

 

NHK新潟がその様子を伝えたということで、「JA佐渡自然栽培研究会」さんがFacebook へ投稿されています。Facebook のアカウントをお持ちでない方にも動画がご覧いただけます。以下の★印をクリック(またはタップ)してみてください。

(こちらをClick or Tap )

環境省:若松 徹 主席自然保護官

 「今後 真のトキとの共生という部分で 実生活の中で関わる部分が出てくる」

 

JA佐渡:前田 秋晴 理事長

「まさに究極の生物多様性農業 このあとの販売戦略を考えるとき佐渡米の価値向上の貴重な取り組みになるということで始めた」

「地域として農業として生物多様性に取り組める地域としては全国でも珍しい」

 

国内最後のトキの生息地となった佐渡は、1000m級の高い山々と森、そして棚田が広がる島。こうした特徴がトキを育む郷として定着したのですね。どこの真似でもない、佐渡にしかできない佐渡ならではの地の利を生かした農業を自然栽培と絡めて始めていることに、敬意を表したいと思います。JA佐渡さん、攻めの農業を進めていらして、素晴らしいですね!

今、こうした動きが全国各地のJAで少しずつ始まっています。

 

生きものだけが優先されては農業は成り立たず、農業だけが優先されても私たちは生態系サービスの恩恵を受けけることはできません。自然栽培は、そのあたりの「折り合い」をつけるのによい栽培方法なのではないでしょうか。

 

「自然栽培」とは、「自然 “な” 栽培」 ではなく、「自然 “と” 栽培 」であるといわれる所以を、生物多様性を考えるときの大きなヒントとして、あらためて考えてみたいと思います。

 

岡山も、岡山にしかできない岡山ならではの自然栽培を進めてまいります(^o^)丿

台風もなんのその!

日本列島を包み込むように縦断した台風18号。皆様のところはご無事だったでしょうか。被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

 

台風が岡山県を通過した翌日の9月18日は、ちょうど生きもの調査2回目を予定していました。延期も考えたのですが、「とりあえず行ってみよう!」ということで、予定通り田んぼへおじゃましてみると・・・

おお~!全然倒伏していません!!台風の影響、まったく無し\(^o^)/

コチラは、朝日米が作りにくいといわれる県北で最適な品種を探すために、試験的に別品種の栽培を依頼している圃場です。早い時期に出穂(穂が出ること)があったので水を落としており、稲穂も色づいていました。

 

これまでも、台風が来ても回復不能になるような倒伏は経験していなかったので、たぶん今回も大丈夫だろう‥とは思っていたのですが、やっぱり大丈夫でした。

 

▼こちらは近くにあった慣行栽培の田んぼです。

倒伏しています。コンバインで刈り取りができなければ、手で刈り取るしかありません。農家の方のご苦労を思うと、どうか収量だけでも確保できますように…と祈らずにはいられません。

 

再び当会が認証する田んぼへ。コチラは、近くの山からイノシシやシカが出てくるので、柵を張り巡らしていました。イノシシの特性を考えた設置の仕方をしています。

 

この生産者さんは、いろいろと細やかな工夫をされる方で、稲に悪さをするイナゴや、イノシシからの攻撃を最小限に抑えるのが本当にお上手なんです。イノシシが来た形跡があるのに、稲が無傷だったのにはびっくり!幼いころから野山で遊んでこられた方で、自然の動きを観察して、それに合わせたりいなしたりするのが面白くて仕方ない!「僕は自然に遊んでもらっとるんですよ^^ 」と楽しそうにお話されていました。

 

不要な殺生もしないため、生きもの調査をお願いするにはぴったりの方なんです。


面白い田んぼがありました。

コチラの田んぼも、朝日とは違う品種を試作していただいているのですが、矢印のあるピーンと立っている緑の稲…コレ、朝日なんです。

 

以前 朝日で作付けしていた時のこぼれ種が、自然発芽していたものと思われます。

 

発芽から生育まで、一切人間の手が加わっていない、野生の朝日。県北で朝日が自然に育つとなると、この時期はこんな姿が普通なんですね。色づく頃には霜が降りてしまうでしょう。県北で朝日の栽培が難しいといわれる所以を見た気がしました。施肥による力を借りない自然栽培は、適地適作はマストなのかもしれません。

ところで、素晴らしいことに、この地区では、慣行栽培の人でさえ畦に除草剤を撒かないそうで、ヒガンバナが咲いていました。

慣行栽培の田んぼでも除草剤を撒いていません
慣行栽培の田んぼでも除草剤を撒いていません
矢印の所はモグラが空けた穴
矢印の所はモグラが空けた穴

ヒガンバナは、モグラ除けによいとされています。ヒガンバナの持つアルカロイドという毒素がミミズを寄せ付けず、そのミミズをエサにするモグラも来ない‥というわけ。

 

それに、除草剤を撒けば、植物の根が脆くなり畦が崩れやすくなります。棚田だと困りますよね。このため、この地区の農家の皆さんは、栽培法の違い関係なく、協力して畦や用水路の整備を行っておられます。
 

平地だとそういう気遣いもあまり必要ないので、波板やビニール資材で囲って水を貯める農家さんもいます。畦を見れば、どんな地区のどんな農家さんなのかがわかると言われています。

調査をしてくださる阪田さんが、サンプルとして持ち帰る虫を入れた瓶を見せてくれました。

 

「この綿には、ネイルでよく使われる除光液をほんの少しだけ含ませています」

 

「1~2滴綿に垂らしただけなのに、どんどん死んでしまう。これより何倍も強い除草剤や農薬を撒いた田んぼの中は、一体どんなことになっているんでしょうね…」

 

なんとも重い言葉です。

 

人間が重い考えごとをしているのもどこ吹く風、オニヤンマが気持ちよさそうに何度も自然栽培の田んぼを旋回していました。

 

ふと見上げた空には、なんとコシアカツバメがたくさん!(写真は撮れませんでした、ゴメンナサイ)

 

それだけ、捕食できるエサがあるということなのでしょうね。

 

コシアカツバメ、だんだん北上しているようです。珍鳥だそうで、これを見られたらラッキーなんですって。ぜひ検索してみてください。自然栽培の田んぼには、自然界のイイモノがたくさん集まっているのかも知れませんね !(^^)!

 

デザインが変わります\(^o^)/

ついにお披露目です!

会員の皆様には早くからお知らせしておりました、当会のマークやロゴの公式デザインが完成いたしました\(^o^)/

 

ピンク色の可愛らしいマークは、リンゴの花。

そう、「奇跡のリンゴ」の花です^^


デザイナーさんは、デザインを起こすにあたり、さまざまな文献を読んだり、たくさんの自然栽培に関わる人と話をしたり、自然栽培の軌跡を辿っていく中で、木村さんのリンゴ畑に初めて咲いたというリンゴの花のエピソードが最も印象に残ったといいます。

 

自然栽培の食材は、自然界で切磋琢磨し生き残った強い遺伝子と思っている人は多く、自然栽培の農産物には男性的な力強さがあると思われがちなのですが、木村秋則さんのリンゴ畑を訪れると、やさしい風や空気が流れ、樹も草も花も、どれもはんなりとしていて、女性的なやさしい姿をしているんです。畑に佇んでいると、やさしいお母さんに抱かれているような・・そんな安心感があります。

 

それは、木村さんがご家族を想い、ご家族が木村さんを想い、そして、木村家の皆さんが自然界からもたらされたすべての生命を想うようになったからこそ、母なる大地がその姿を表したのではないでしょうか。


植物の種や果実は、「母なる大地」から産み出されます。「大地」という単語を女性名詞にしている国は多く、earthやnatureをsheで表現するのもよく見かけませんか?

 

 

当会は、このデザインに、これからの時代を担う子どもたちと、子どもたちを育て慈しむお母さんたちに、もっと届けたいという願いを込めました。そして、自然栽培に触れるたび、私たちの住むこの地球を守っているんだ…という自覚を持ちたいなと思っています(^^)

 


手始めに、10月からは米袋のパッケージデザインも新しくなります。ほかの認証品についても随時刷新していく予定です。「販促にぜひ力を入れていきたい」とおっしゃってくださる心強い認証店の皆様からのメッセージもいただいていますので、今後、いろいろな場所で、このリンゴの花のマークをご覧いただける機会が増えると思います。ぜひ岡山発の自然栽培食品をお手に取ってみてください。

 

▼認証品のみを集めたお買い物ページはコチラからどうぞ(^^)/
http://www.kimura-world.co.jp/