実行委員会の活動Blog

過去のBlogは、アーカイヴよりご覧ください。


生態系サービスの恩恵

恒例行事となりました、成果報告会。開催日まであと約一週間となりました。たくさんのお申込みをありがとうございます。「予定」としていた木村秋則さんのご登壇も決定し、第1部も第2部も聴きごたえのあるお話ばかりつづきそうです!

第1部は養蜂家 船橋貴康さんの講演。共催の株式会社大町さんからのメッセージです;

『ミツバチの生活できる環境が、私たち人間が生きられる世界』

かつてアインシュタインは「ミツバチが地球上から姿を消すと人類は4年で滅びる」と語りました。
そのミツバチがいま激減している…日本中の養蜂家たちが口をそろえます。

ミツバチを起点に地球上でいま何が起こっているのか?私たちは、小さなミツバチから何を学ぶべきなのか。。
「ハニーさん」の愛称で知られる船橋康貴さんが、地球環境と密接な関係を持つミツバチについて、養蜂家としての奇跡的な体験談を交えて熱く語ってくださいます。

 

私たちが毎日食べている野菜や果物の中にはは、ミツバチの授粉のおかげで成り立っている物も少なくありません。 
「世界の食糧の9割をまかなう作物のうち、70種以上はミツバチが受粉を媒介している」という報告(2011年・国連環境計画報告書)もあります。
 
このようなミツバチたちが、家畜として使い捨てのように扱われているという現場の声が漏れ伝わってきています。
 
ミツバチは、自身の身体に少しでも異物が付着すると、巣へは帰らないといいます。
 

作物も、ポリネーターとなる生きものも、工業製品ではなく、私たちと同じ「生きもの」です。彼らをコントロール出来るという前提での農業には疑問が残ります。そこに傲慢な態度が見え隠れしていないか、今一度胸に手を当ててみる必要はないでしょうか。
 

当会のモデルほ場(2014年)レンゲソウが自生し、ミツバチもヒトも楽しみました
当会のモデルほ場(2014年)レンゲソウが自生し、ミツバチもヒトも楽しみました

こうしたことから、海外では「アニマルウェルフェア(畜産動物福祉)」という概念が広がっています。日本においてこの考え方が出遅れていることは国内外で指摘されており、農水省も普及に乗り出しました。

 

▼『アニマルウェルフェア』
動物の立場に立ち、人間が動物に対して与える痛み・苦痛を最小限に抑えることで、飼育されているすべての動物の「生活の質(Quality of Life)」を高めようとする考え方
 

生態系サービスの恩恵の中で、私たちは経済活動を行い、生活をし、生きていられる。そのことをあらためて心に留め、その上で、私たちはどの程度まで「栽培」や「生産」をすることが可能なのか、許されるのか。

 

私たちが常々発信したい「自然栽培」とは、「自然な栽培」ではなく、「自然」と「栽培」という相反する概念のバランスと融和、そして、そのための「リフレーミング」です。

 

▼『リフレーミング』
心理的枠組み(フレーム)によって、人や物事への印象や意味を変化させ、理想に向かえる有効な状態にしていくこと

 

‥というわけで、第1部と第2部のお話は密接につながっています。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

 

▼お申込みはコチラ

https://www.oka-kimurashiki.jp/home/成果報告会のご案内/

酵母菌の死滅率が高い音とは…?

写真は「奇跡のお酒」を造っている菊池酒造さんの蔵を取材させていただいたときのもの。今頃は、今年の新米による新酒を造りはじめていることと思います。


ご存知のとおり、蔵ではモーツァルトが流れています。 倉敷管弦楽団の常任指揮者という顔を持つ、杜氏で当会副理事長でもある菊池社長によると、いろいろな音楽を聞かせた中で、モーツァルトが一番、酵母菌の死滅率が低かったことから、モーツァルトを採用したそうです。

 

さて、ここで問題です☆彡
 
一番 酵母菌の死滅率が高かったのは、どのような音だったでしょう?

答え:無音
 

答えは、「何も聴かせなかった酒樽」だったそうです。
 

「例えば、学校とかでいじめがあったとするでしょう?いじめる人、いじめられる人‥ その中でも、“何も言わないで黙っている人” …いますよね。いじめが増長される一番の原因なんじゃないでしょうか」と菊池社長。

 

木村秋則さんも、「樹や作物に声をかける」と言っていますね。何も声をかけなかった樹は、すべて枯れてしまったそうです。

画像は、木村秋則さんが当会の認証水田を視察してくださったときのもの。カメラも誰からの視線も集まっていない、誰も気づかないところで、小さな声で「がんばったな‥!」と小声で稲穂の頭をナデナデしているのを、広報はこっそり見ていました。決してパフォーマンスではなく、本当に木村さんは声をかけているのだなぁ‥と感動しました。

「がんばったな!」と稲穂に声をかけ、なでている木村さん
「がんばったな!」と稲穂に声をかけ、なでている木村さん

私たちは、黙って見て見ぬふりをするのではなく、なんらかのアクションを起こさなくてはならないのかな、と思います。ただし、そこには大きな配慮やリスペクトがないと、関係性はすぐに壊れてしまうでしょう。「善かれ」と思ってのやり過ぎは禁物、もちろんやらなさ過ぎも禁物‥それが自然栽培です(^_-)-☆

 


今年も皆さまには自然栽培にご関心をお寄せいただき、ご支援もいただき、ありがとうございます。新年1月1日からは、平成31年度のNPO会員募集もスタートします。よろしければ新規ご入会、継続更新をお待ちしております。


https://www.oka-kimurashiki.jp/会員募集/会員入会申込フォーム/

 

新しい年が皆さまにとって佳い年になりますように。

\新聞広告一面に大きく掲載/

遅まきながら、お知らせです!
本日12月20日付山陽新聞朝刊に、当会の木村式自然栽培米「朝日」の広告が大きく掲載されました!

当会では、健康をサポートする企業「WELLBEST(ウェルベスト)」さん(香川県丸亀市:富士産業株式会社)とのタイアップで、木村式自然栽培米「朝日」を全国展開していくプロジェクトに全面協力してまいります。

 

▼12月の新聞掲載スケジュール
12/17(月)西日本新聞、神奈川新聞
12/18(火)神戸新聞
12/19(水)毎日新聞、京都新聞、千葉日報
12/20(木)中国新聞、山陽新聞
 

今後、テレビコマーシャルの制作も予定しています。放送日が決まりましたらお知らせしますので、ぜひご覧になってみてください。

テレビといえば、明日12月21日は木村秋則さんがTBS系列番組『爆報!フライデー』に登場するとのこと。
https://www.tbs.co.jp/bakuhou/
こちらのチェックもお見逃しなく!

収穫祭2018 ありがとうございます

今年は豪雨や台風、秋の長雨に悩まされた一年ですが、収穫祭はそれらを忘れさせてくれるような、気持ちの良い秋晴れ!!

祭壇には、今年お目見えした新商品「発芽玄米ごはん」と玄米黒酢」も。コレ、すっごく売れてます(^^)

過酷な一年を頑張りぬいてくれた朝日。お疲れさま。

今回は、矢掛放送さんや、エフエム岡山さんが取材に来てくださいました。

収穫祭は予約不要、参加費無料。どなたでもご来場いただけます。時間が来ると、わらわらと皆さんが集まってきましたよ~(^^)

いつも嬉しいのは、稲刈り日和は自分の田んぼの刈り取りで忙しいでしょうに、生産者の皆さんがその手を止めて来てくださること。祭祀行事として大切に思ってくださっているからこそ。ありがとうございます。

理事長の高橋啓一よりご挨拶。

私たちの収穫祭は、特定の宗派や祭主を招くこともなく、お米とお酒とお塩を祭壇に置き、皆で田んぼに向かって一礼をするだけの、シンプルな祭祀です。

宗教的に変に偏らず、かといって、大いなるものへの畏敬の念を忘れず、人間自然の中の一部であり謙虚でいることを忘れないようにするために、昔の人にならって行っています。

 

さぁ!さっそく刈り取りです\(^o^)/

老若男女とはまさにこの光景。皆でわいわい手刈りをしました(^^)

スーツ&革靴の紳士たちも、思わず田んぼに入りたくなったようですね(〃▽〃)
ニッコニコの坊やの笑顔がたまりません(^_^)

※保護者の方より掲載の許可をいただきました

皆さんが刈ったあとを束ねる生産者さんや岡山パールライスさん。いつも当会を縁の下で支えてくださっている方々です。この方たちがいないと、お米を安全に流通させることができません!

こちらも当会を支えてくださるパワフルな女性陣。彼女たちのおかげで、どんどん商品開発が進んでいます。(お次は、いよいよ海外進出のお話が…!乞うご期待)

収穫祭を終えて、懇親会。
機械のなかった昔は、手刈りのために親戚縁者が集まって、刈り取りが終わるとこんなふうに労をねぎらい合い、大勢で五穀豊穣を感謝する宴がありました。

 

テーブルのあちこちで、農業のこと、お米のこと、お酒のこと‥さまざまな話題で花が咲き、交流が広がりました。アンテナの高い人が集まる自由な会(^^)

 

御来場いただきました皆様、どうもありがとうございました。

 

木村式自然栽培米「朝日」の刈り取りが本格的に始まるのはこれから。収穫は11月までかかり、乾燥や籾摺りを行い、JAの検査を経て、岡山パールライスと関連会社で石抜きや色彩選別など調整されたのち袋詰めされ、ようやく皆様のところへ新米のお届けとなります。収穫のあとにもたくさんの人たちの手によって、お米が大切に扱われています。

 

どうぞ楽しみにしていてくださいね(^o^)丿

\新認証品 木村式自然栽培の「玄米黒酢」/

岡山県産木村式自然栽培米「朝日」を原料にした玄米黒酢が完成し、販売を開始しました!

自然の持つ力と生態系の営みを活かした当会の認証米:木村式自然栽培米「朝日」を100%使用しています。

 

木村式自然栽培米「朝日」の玄米をお酒から造り、「静置発酵方式」の伝統製法でじっくり熟成させました。製造元より「発酵のチカラがすごい!」と評価いただき、まろやかな醸造酢に仕上がっております。

 

お料理や、飲む酢として、毎日の食卓に是非ご活用ください。

お求めは、以下のリンク先からどうぞ(^_^)/

http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000049/

 

「お召し上がり方」
●ヘルシードリンクとして・・・
飲用は一日に20ml~30mlを5倍から10倍程度にお好みで薄めてお召し上がりください。豆乳、牛乳、蜂蜜、野菜や果汁、炭酸などをブレンドしてお楽しみ頂けます。

●お料理に・・・
酢の物、煮物、お寿司、ドレッシングいろいろ・・
煮物に入れていただくとコクとさっぱり感で美味!