実行委員会の活動Blog

過去のBlogは、アーカイヴよりご覧ください。


\レンゲが戻ってきた!/

前回のBlog で条件がそろった時にのみ、自生レンゲは出現する‥とレポートしましたが、今年はどうやら当たり年のようです。こちらをご覧ください。

これ、ぜーーーんぶ レンゲ!

ここも!
ここも!
ここも!
ここも!
こっちも!
こっちも!
レンゲだらけ!
レンゲだらけ!

2013年に「タネを蒔いていないのに勝手にレンゲが生えてきた」のニュース以来、すっかり姿を消していたレンゲソウですが、どうやらまた自然栽培の田んぼに戻ってきたようです。わーい お帰りなさいレンゲ~~~!\(^o^)/

どこがうちの自然栽培の田んぼなのか、一目瞭然。レンゲをさがせば当会の看板が立っています(^^)

理事長の高橋が、レンゲを抜いてみました。長さを測ってみましょう。


 

ナント!130cm もありました。

 

普通のレンゲはこんなに長くないんです。どんだけ地力のある田んぼなのでしょう!

 

肥料をやらなくても、ちゃんと自然界の循環の中で、必要なときに、必要な分だけ、こうして必要なものが自生するんですね。

 

レンゲはその指標なのかも知れません。

 

昔の人はそのことをちゃんとわかっていたのでしょう。

 

 

このレンゲは枯れてから耕起を行います。枯れないうちに耕してすき込んでしまうと、緑肥としての扱いになり、それはどちらかというと有機栽培になるので、自然栽培ではすき込まないよう指導しています。

 

人為によって葉っぱが緑色のうちにすき込むと、窒素分は急激に上昇します。

 

枯れたものも、レンゲが咲かない年に比べて窒素分は田んぼへ確かに多めに供給されますが、その効果はゆるやかで長く続き、苗や周辺に集まる微生物群、植物相、動物相への影響は大変やさしいのです。

 

人が無理やり施したものは自然界は嫌がりますが、自ら受け容れたものなら大丈夫‥というわけなんですね。

 

木村秋則さんが作物を扱うときの所作は大変やさしく丁寧で、作物が嫌がっているか、嫌がっていないかを気づかう様子がありますが、自然界の循環のじゃまをしないデリカシーを持つことは、自然栽培の根幹だといえます。

 

善かれと思ってする “思いやり” も、相手が受け容れてくれるからこそ成り立つものであって、成立しないのはただの “お節介”  “ありがた迷惑” になってしまいます。

 

ある人にはうまく行ったのに、別の人には迷惑がられた‥という場合もあり、それはシチュエーションによって変わります。思いやりとは、相対的であり、一方的ではなく双方向の行き来があってこそ、成り立つんですね。

対人だけでなく、対作物、対生きもの、‥いろいろな場面で、あらためて考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

ちなみに、木村さんは「あんまりレンゲが生えすぎる田んぼは、ザル田(ザルのように水が抜けてしまう)になるからね」とポツリとおっしゃったことがあります。

 

「いやぁ、高橋さんがあんまりレンゲ、レンゲ、って喜ぶから、言っちゃ悪いかなと思って言わなかったんだよ(;^_^A 」

 

・・こんなところにも、相手を気づかう木村さんの姿勢がわかりますね。木村さんは、自分で気づくのをジィッと待つときも多いのです。「自然栽培を知ると、自分の生き方も振り返ることができる・・いや、振り返らざるを得ないんよ。そうしないと自然栽培は理解できん」と多くの自然栽培農家さんが言っています。

 

そんな今年の木村式自然栽培の田んぼ、どんなお米ができるか楽しみです!

 

耕起講習会をしました

今年の春はやけに寒い日が続き、インフルエンザまで再流行している‥というニュースもありましたが、ようやく本来の春らしさが訪れたようです。

そんな春の麗らかな日、毎年恒例の耕起講習会を開催しました。この会は、当会に登録している生産者の方を対象とした会になっています。

足元にはレンゲの花。もちろん、タネを蒔いていない自生のレンゲです。

 

2013年に、「タネも蒔いていないのに、レンゲが物凄く咲いている!」と当会で発表した途端、自然栽培界隈ではレンゲが一大ブームとなりました。

 

以来、なぜか「自然栽培=レンゲ」という図式が広まっているようですが、自然栽培の田んぼなら必ずレンゲが咲くというのは間違いです。

 

自然栽培の田んぼでも、乾いている田んぼ、湿っている田んぼ、高低差のある・なし、肥分の量、気温、‥さまざまな要因が複合的に絡んでいます。諸条件がそろったときにだけ、レンゲは出現します。

 

中には、なぜか自らタネを蒔いちゃう人まで出てしまい、情報が独り歩きをしてしまうことの怖さを感じました。(当会では自らレンゲを蒔いた人は、ガイドラインから逸脱しているとして、不認証としています)

 

こちらのモデルほ場でも、ピンクの絨毯にまでなったレンゲの花畑でしたが、翌年からはサッパリ咲かなくなりました。

 

「毎年ハチミツが採れる!」とほくそ笑んだものの、それは計画倒れとなりました(;^_^A 自然界からの贈り物ですから、人間の計算どおりになんて、そもそもうまく行くわけではないのです。レンゲが身をもって、そのことを教えてくれました。

 

木村さんが「先生は私ではなく、自然が先生です」と日頃からおっしゃっていますが、まさにその通りだなと思います。

当会のモデルほ場はこんな感じ。写真の奥のほうにレンゲが多く、真ん中はスズメノテッポウ、そして手前はカラスノエンドウが多く生えています。これが何を意味しているか、勉強している方ならおわかりですよね。一枚の田んぼでも、これだけ植生が違ってくるんです(^_-)-☆

 

さて、耕起講習会スタートです。当会生産者兼NPOスタッフの米田による、デモンストレーション。浅く耕し、土を細かく耕さない。これが鉄則です。

 

「え?自然栽培って、耕さないんじゃないの?」

「あれ?不耕起じゃないの?」

 

と思われた方もいらっしゃるのではと思います。このあたり、自然農・自然農法・自然栽培…、また提唱者によっても、耕す/耕さない いろいろあって、ごちゃ混ぜにしてしまっている人って少なくありません。

 

ちなみに、当会は耕します。いえ、「耕してもいい」という表現のほうが合っているかも知れません。

 

「耕してはいけない」

「耕さないといけない」

ではなく、

 

耕してもいい

 

という言葉のチョイスにご注目ください。裏を返せば、

 

耕さなくてもいい

ということも言えます。

え?どういうこと?…そう思われる方もいらっしゃいますよね。

 

またそんな曖昧な!

どっちなのか、ハッキリせい!

 

そんな声が聞こえてきそうです。でも、それはちょっと気が短いですよ。

ここで大切なのは、

 

あなたの田んぼは、耕した方がいいのか、耕さない方がいいのか、観察していますか?

ということなんです。

 

耕す必要があるのなら耕す、必要ないのなら耕さなくてもいい。私たちが木村さんから教わったのは、相対的な視点を持つという考え方であり、耕す・耕さないのジャッジでもなく、そのHow to でもないのです。

そのような視点を持ち得たうえで、この耕起講習会を受けると、なぜ浅く荒く起こす必要があるのかが、上辺ではなく、核心のところにまで迫って理解することができるようになります。

 

このページをご覧になっている皆さんも、ぜひ考えてみてくださいね(^_^)/

 

専用のファイルでしっかり学んでくださっている生産者さん(^^)
専用のファイルでしっかり学んでくださっている生産者さん(^^)

この日は、機械いじりが得意な生産者さんが「中耕除草機を製作したよ!」ということで、お持ちくださいました。山形大学名誉教授の粕渕先生による中耕除草の提案を、今年は皆で試してみよう!と意気込んでいます!(^^)!

 

皆で使い勝手や田んぼに入ったときのシミュレーションを話しながら盛り上がりました。うちの生産者さんたちって、おじいちゃ・・・いえ、結構平均年齢高いのですが(笑)こういうことにかけては行動が迅速で、スゴイのです!(自慢)

・・で、そのままお座敷に上がって座学タイム。育苗のお話で盛り上がりました。いかに反収を上げるか?という話になっていったのですが、

 

まぁまぁ。僕らはそもそも、量じゃなくて質でいかにゃぁ、いけんでしょ!

そうそう、安心で食味のいいお米にせんと。原点に戻りましょうや

 

途中にはこんな声も聞こえてきました。いいですねぇ~!

 

1つの意見しか出てこないのは単一的になって危険です。偏らず、何事もバランス感覚って必要ですね。

 

当会の生産者さんたちは、一人一人がきちんと “自分 ” というものを持っている人が多く、これがいいから‥という情報にすぐに飛びつかないところが素晴らしいなと思っています。それはたぶん、長年の農家としての経験、プライドから成る基礎をしっかり持っているからなのだろうと思います。

 

また、いろいろな栽培法・農法の「イイトコ取り」をしてミックスしたら、もっといいものが出来るんじゃないか‥と、あちこちのセミナーをジプシーしたり、インターネットを渡り歩いたりしている人を時々見かけますが、あまり良い結果は出ていないようです。

 

これもやはり、基礎を習得しないまま、上辺だけを追いかけているからなのではないでしょうか。答えは他所にではなく、足元にありますよ(^_-)-☆

 

***

さて、今年はどんな作柄になるでしょうか。私たち消費者はお米がつくれませんから、お天道様と生産者さんたちにしっかりお願いし、応援するしかないですね。

 

豊作の一年となりますように!!

 

 

グルメ本『食楽』に掲載されました

食べるのが好き、飲むのが好き、遊ぶのが好き―美食と酒の悦楽マガジン『食楽』に、富士産業さんの「ナチュラル朝日」の記事広告が掲載されました。

 

こちらの本は、メディアのプロデューサーさんやディレクターさんがグルメ番組制作のネタ元の一つとして重用しているという話もある、業界ではちょっとした有名雑誌だそうです。

 

こちらの本へ、木村秋則さんや当会の生産者さんたちが紹介されています。広告といっても記事広告なので、ちょっとしたストーリー仕立てになっていて、読み応えのあるページに仕上がっています。
 

「ホンモノを知る人に、この朝日米の存在を届けたいんです」と言ってくださる富士産業さん。ありがとうございます(〃▽〃)
 

書店で見つけたら、ぜひお手に取ってみてくださいね()/

 

ウェルベスト「ナチュラル朝日」ご提供開始のお知らせ

以前、こちらのブログやSNSで、健康をサポートする企業「WELLBEST(ウェルベスト)」さん(香川県丸亀市:富士産業株式会社)とのタイアップで、木村式自然栽培米「朝日」を全国展開していくプロジェクトに全面協力していくことをご報告しましたが、いよいよこのプロジェクトがスタートしました!

玄米5kg入
玄米5kg入
精米5kg入
精米5kg入

米袋の画像をclick or tap すると、ウェルベストさんのオンラインショップへジャンプします

お米の販売では、違う包材に入れて量増しをして販売する、袋から出して量り売りをする・・という事案が起きた場合、異品種混合や異物混入のリスクが生じます。

 

当会では、このような事態を防ぐため、搗精(精米)調整や袋詰めは厳正な管理工場で行われている、岡山パールライス株式会社(および関連会社)に委託しており、当会オリジナルデザインの米袋以外での販売は認めていません。

 

このたび、富士産業(ウェルベスト)株式会社様とパートナーシップを結んだことを機に、2019年3月より、当会認証の岡山県産木村式自然栽培米「朝日」を、OEM商品「木村式自然栽培米 ナチュラル朝日」として、上記デザインの米袋でも販売することを承認し、ご提供を開始いたしました。

 

富士産業さんは、当会の理念や認証規定をしっかり精読され、法規とも照らし合わせ、手順やルールをていねいに踏み、このたびのプロジェクトの準備を進められました。その誠実な様子に、当会も安心してお任せ・承認するに至りました。

 

こちらの商品も、当会オリジナル商品と同様、上記管理工場での調整・袋詰めを行い、当会の認証マークの付いた認証米100%ですので、安心してお召し上がりください(^_^)/

 

コマーシャル撮影時の様子
コマーシャル撮影時の様子

ウェルベストさんでは、テレビコマーシャルの放映も始まっています。以下、放映スケジュールです。木村秋則さん、当会の生産者さんも出演しています。サクラ、タレントの仕込みなし!正真正銘の当会生産者の皆様です(^^)

 

対象エリアの方はぜひご覧ください。

 

3/18(月) 9:55~ 石川/北陸放送

3/19(火) 9:30~ 東京/J:COMチャンネル東京エリア

3/20(水)16:30~ 全国/J:COM

3/21(木)10:25~ 岩手/テレビ岩手

3/23(土)15:30~ 関西/J:COMチャンネル関西①エリア

3/23(土)15:30~ 神奈川/J:COMチャンネル神奈川エリア

3/28(木)10:30~ 岐阜/岐阜放送

 

このほか、様々な雑誌にも広告が掲載されてまいります。ぜひチェックしてみてくださいね☆彡

木村式自然栽培米「朝日」がふるさと支援に!

昨年7月の豪雨災害で甚大な被害をうけた倉敷市真備町は、今もさまざまな支援が続いています。倉敷市では災害復興本部が設置され、現状などが専用ページで確認することができます。

画像をclick or tap すると、ふるさとチョイスのページへジャンプします
画像をclick or tap すると、ふるさとチョイスのページへジャンプします

当会にもお一人、この真備町で自然栽培に取り組んでくださっている生産者さんがいらっしゃいます。彼の田んぼも水没し、平成30年産の収穫はゼロとなりました。

 

「それでも、水が引いたら残った苗だけでも植えてみようと思います」

「来年もお米、つくりますよ!」

 

力強く、そう言ってくださいました。

 

当会も、少しでも何かできることはないか‥と検討し、このたび倉敷市のふるさと納税の返礼品として、木村式自然栽培米「朝日」を登録することが決定。自然栽培に切り替え6年以上の圃場に絞り、岡山県下全域でつくられている当会の「朝日」のうち、倉敷市内でつくられたもの限定にし、「プレミアム」として登録することにしました。

 

手続きが完了し、ふるさとチョイスのページに掲載されました。掲載直後から、すでにご注文が入り始めており、まだ検索上位にもなっていないのにチェックしてくださった方がいることに当会もびっくりしています!本当にありがとうございます。


自然栽培米をご購入いただくことで、真備町の復興支援に直結することはもちろんですが、

 

もっと広い目で見たとき、自然の摂理に寄り添った農業を支援することは、そもそもこの水害を引き起こしている元凶となっている異常気象、温暖化‥といった問題を少しでも解決に近づける第一歩にもなります。

「買い物は投票」

 

このお米を美味しく召し上がってくださることで、真備の復興、そして地球をも助けることができます。朝日米は、コシヒカリやササニシキの祖先でもありますので、よろしければぜひこの機会にお試しください。その上品な旨味とほんのりとした甘さに、もう離れられなくなっちゃいますよ(^^)

 

木村式自然栽培米「朝日」に1票、よろしくお願いいたします。

 

自然栽培の「玄米黒酢」でちらし寿司♪

昨年デビューした当会の新しい認証品:木村式自然栽培米の「玄米黒酢」、もうお試しいただけましたか?^^

 

この玄米黒酢と、木村式自然栽培米「朝日」をつかったちらし寿司をつくってみました。これからのお雛祭りなどにいかがでしょう?

お雛祭りには、こんなお花のちらし寿司はいかが?^^
お雛祭りには、こんなお花のちらし寿司はいかが?^^

岡山県の奨励品種 朝日米は、冷めても味が落ちないことで有名。このため、お寿司やおにぎり、お弁当にぴったり。寿司職人さんのあいだでは昔から「シャリには朝日」と指名があるほどなんです。

 

米粒もしっかりしていて、お米本来の食感を楽しめます。

 

この朝日米を自然栽培で育てているのが木村式自然栽培米「朝日」。農薬や、過剰な肥料によるえぐみ等の心配がなく、あっさりしており、「上品な甘さ」とよく言われます。

 

コシヒカリのような 甘さではないので、飽きがこなくて、おかずによく合うと評価されています。お寿司の具とも相性がよいわけですね(^_^)

 

画像をclick! or tap すると、ショップサイトへジャンプします
画像をclick! or tap すると、ショップサイトへジャンプします

玄米黒酢も、玄米の加工品にありがちな “糠臭さ” がなく、「スッキリしている」と好評いただき、静かなヒット商品となっています。

 

自然栽培のお米に、自然栽培のお酢‥ これでつくるお寿司って、なんとも贅沢です。すべてでなくてもいいので、少しずつ良い食材・調味料で食周りが整っていくといいですよね。

 

広報担当は実は料理好き。忙しい毎日もこだわりの食材に助けられています
広報担当は実は料理好き。忙しい毎日もこだわりの食材に助けられています

この「玄米黒酢」は、当会認証の木村式自然栽培米「朝日」で米麹を作ることから始めています。玄米をお酒から造る「静置発酵方式」の伝統製法で、じっくり熟成させた贅沢なお酢なんです。

 

農薬の心配がいらない自然栽培米なので、玄米で造ったというのがポイント☆ 通常の玄米だと糠臭さがありがちですが、それもないのが自然栽培の良さですね。

今年のお雛祭りに、ぜひお試しください()/

 

「玄米黒酢」のお求めはコチラ
http://ur0.link/ZrBX

自然栽培のお米「朝日」のご購入はコチラ

木村式自然栽培米「朝日」

精米/玄米 どちらもあります。

http://u0u1.net/p7wC

 

ご購入の際は、当会の認証品であるかどうか、裏面の表示をよくご確認ください。

 

岡山県内で栽培された朝日米のみ、正式な朝日米と称して流通させることができます。他県で生産された朝日米は未検査米となりますので、ご注意ください。

 

当会の「朝日」は、岡山県内JAの米穀検査を経て、JAS法による表示証明と、NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会の認証を取得したラベルがあります。

生態系サービスの恩恵

恒例行事となりました、成果報告会。開催日まであと約一週間となりました。たくさんのお申込みをありがとうございます。「予定」としていた木村秋則さんのご登壇も決定し、第1部も第2部も聴きごたえのあるお話ばかりつづきそうです!

第1部は養蜂家 船橋貴康さんの講演。共催の株式会社大町さんからのメッセージです;

『ミツバチの生活できる環境が、私たち人間が生きられる世界』

かつてアインシュタインは「ミツバチが地球上から姿を消すと人類は4年で滅びる」と語りました。
そのミツバチがいま激減している…日本中の養蜂家たちが口をそろえます。

ミツバチを起点に地球上でいま何が起こっているのか?私たちは、小さなミツバチから何を学ぶべきなのか。。
「ハニーさん」の愛称で知られる船橋康貴さんが、地球環境と密接な関係を持つミツバチについて、養蜂家としての奇跡的な体験談を交えて熱く語ってくださいます。

 

私たちが毎日食べている野菜や果物の中にはは、ミツバチの授粉のおかげで成り立っている物も少なくありません。 
「世界の食糧の9割をまかなう作物のうち、70種以上はミツバチが受粉を媒介している」という報告(2011年・国連環境計画報告書)もあります。
 
このようなミツバチたちが、家畜として使い捨てのように扱われているという現場の声が漏れ伝わってきています。
 
ミツバチは、自身の身体に少しでも異物が付着すると、巣へは帰らないといいます。
 

作物も、ポリネーターとなる生きものも、工業製品ではなく、私たちと同じ「生きもの」です。彼らをコントロール出来るという前提での農業には疑問が残ります。そこに傲慢な態度が見え隠れしていないか、今一度胸に手を当ててみる必要はないでしょうか。
 

当会のモデルほ場(2014年)レンゲソウが自生し、ミツバチもヒトも楽しみました
当会のモデルほ場(2014年)レンゲソウが自生し、ミツバチもヒトも楽しみました

こうしたことから、海外では「アニマルウェルフェア(畜産動物福祉)」という概念が広がっています。日本においてこの考え方が出遅れていることは国内外で指摘されており、農水省も普及に乗り出しました。

 

▼『アニマルウェルフェア』
動物の立場に立ち、人間が動物に対して与える痛み・苦痛を最小限に抑えることで、飼育されているすべての動物の「生活の質(Quality of Life)」を高めようとする考え方
 

生態系サービスの恩恵の中で、私たちは経済活動を行い、生活をし、生きていられる。そのことをあらためて心に留め、その上で、私たちはどの程度まで「栽培」や「生産」をすることが可能なのか、許されるのか。

 

私たちが常々発信したい「自然栽培」とは、「自然な栽培」ではなく、「自然」と「栽培」という相反する概念のバランスと融和、そして、そのための「リフレーミング」です。

 

▼『リフレーミング』
心理的枠組み(フレーム)によって、人や物事への印象や意味を変化させ、理想に向かえる有効な状態にしていくこと

 

‥というわけで、第1部と第2部のお話は密接につながっています。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

 

▼お申込みはコチラ

https://www.oka-kimurashiki.jp/home/成果報告会のご案内/