実行委員会の活動Blog

過去のBlogは、アーカイヴよりご覧ください。


\木村秋則 meets 粕渕辰昭 /

画期的なニュースをお届けします!

木村秋則さんが、講演へ向かう途中に岡山へお立ち寄りくださいました。

今回、山形大学農学部名誉教授の粕渕辰昭さんと木村さんが、ここ岡山で合流!!これって、すごいことなんです。

 

----ここで粕渕辰昭さんのご紹介----

1944年(昭和19年)滋賀県生まれ。1966年3月、岐阜大学農学部農芸化学科を卒業。1966年、農林水産省農業技術研究所(現・農業環境技術研究所)研究員、1986年農林水産省北海道農業試験場水田土壌管理研究室室長。1992年11月、山形大学農学部助教授、1995年教授、2003年農学部長。2009年3月、退官。(Wikipedia より)

県内のほ場を視察いただきました
県内のほ場を視察いただきました

粕渕さんは、以前より山形で無農薬無肥料によるコメづくりをされ、自然の生態系と調和する稲作を研究されています。明治の文明開化以前に行われた稲作の古い記録を紐解き、

 

「日本のコメづくりは3000年に渡り継承され、肥料・農薬・除草剤のない時代の稲作は、江戸時代に入りようやくある一定の到達点に達していたはず。明治の文明開化で西洋の考え方が入って以降、せっかくの伝承・蓄積が軽んじられてしまったのは非常に惜しい」とおっしゃっています。

 

先生は、水・大気・土壌環境がご専門。土の持つ物理的機能やエネルギーの動きについてご研究されています。著書『土と地球 ー土は地球の生命維持装置ー』(学会出版センター)では、「土とは何か」について体系的に説明されていて、土は太陽系惑星の中で地球にしかない‥という宇宙のお話から始まっています。(広報である筆者も以前からバイブルにしています)

----------

この粕渕さんと木村さんが初めて出会ったのはつい3年前のこと。

 

新潟で自然栽培を広めている私たちの仲間が、お二人を引き合わせたいときっかけをつくり、木村さん自ら粕渕さんの田んぼを見に山形へ向かったのだそうです。

 

というわけで、今回の岡山での再会は2回目。それなのに、旧知の仲のようにお二人の息がピタリと合っているのは、同じ方向を見ているからなのでしょう。

 

弘前大学の杉山修一教授が木村さんのリンゴの研究の第一人者ならば、粕渕さんは稲作においての強力な助っ人です。

そして今回、ナント

粕渕さんを当会の顧問としてお迎えできることになりました\(^o^)/

 

「この時期にこれだけの姿をしている苗だと、途中でくたびれてしまう可能性もありますね。東北と温暖なこの辺りとでは、栽培の工夫の仕方は変えないといけないかもしれませんよ」とのこと。

 

これは、木村さんも、以前視察くださった杉山教授も同じことをおっしゃっていました。ではどうするか?いろいろと伝授いただきましたので、生産者さんの勉強会などで随時お伝えしていきたいと思います。

 

当会の自然栽培による朝日米のコメづくりは、益々バージョンアップしていくこと間違いなしです。これまでも結構がんばってきたぞ‥!と思っていましたが、木村式自然栽培米「朝日」には、まだまだ伸びしろがありそうです。乞うご期待です\(^o^)/

 

\「奇跡の味噌」「奇跡の甘酒」販売再開/

西日本豪雨災害で浸水被害に遭われたまるみ麹本店さん。社員さんたちのチームワークに加え、“まるみファン” のお客様たちがボランティアに駆け付け、一日一日と普及作業が進んでいらっしゃいます。

 

オンラインショップ:木村ワールドで一時入荷がストップしていました当会認証品「奇跡の味噌」と「奇跡の甘酒」も、販売が再開されました!

 

こうも毎日暑いと、どうしてもお味噌汁をつくりたくない、食欲が落ちて食べる気にならない‥ということもありますよね。でも、夏バテになりやすい時期だからこそ、発酵のチカラを借りたいところ。

 

こんなときは、冷や汁はいかがでしょうか?

お汁のままいただいても美味しいですし、素麺を入れるとつるつるっと頂けて美味しいですよ(^^) 本来はお味噌を焼くのですが、面倒なら焼かなくてもOK。ネットでいろんなレシピが掲載されていますので、気に入ったレシピをお試しください。
甘酒は、ゼラチンや葛を使ってプリンのようにしていただくと、喉越しがよくてオススメ!

子どもたちに「毎日つくって~」って言われちゃう、夏にぴったりの人気おやつです。来客時にお出ししても喜ばれますよ(^_^)/

 

▼「奇跡の味噌」購入ページ
http://www.kimura-world.co.jp/…/00300000…/003/O/page1/order/

▼「奇跡の甘酒」購入ページ
http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/ct11/

 

 

木村式自然栽培の桃 完売のお知らせとお礼

おかげさまで、なんば桃園さんの木村式自然栽培の桃のご予約が【完売】となりました。

 

このたびの西日本豪雨災害の中、 「岡山の美味しいものを買って、食べて、応援します!」という力強いお言葉と共に 多くのお客様にお買い上げいただきましたことを心よりお礼申し上げます。

 

またご予約できなかったお客様につきましてはお詫び申し上げます。

より多くの皆様に自然栽培の桃をお手に取っていただけるよう、なんば桃園の難波さんには技術の確立へ向けて栽培を継続していただき、いずれ後進の指導に当たれるような立場になってもらいたいと思っています。当会も引き続き難波さんを支援してまいります。

 

ご予約のお客様には、商品がお届けできるまで、今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

\岡山の美味しいものを食べて応援しよう/ にご協力を

岡山県内の被災地域も、復興へ向けて日ごとに新たなフェーズへ移行しています。当会も通常業務で元気にがんばっています!

悲しいことに、今回の水害による自粛モードの影響が少しずつ出てまいりました。「注文してもきっと今は大変だろう」「きっと農産物もダメージ受けてるんだろうな」‥このようなイメージが、じわじわとある意味、2次・3次災害へとなり得る可能性が出ています。

 

現在市場に流通している岡山県産の農産物について、まったくご心配に及びません!ぜひ岡山の美味しいものを皆さんに召し上がっていただきたいです。

インスタ映えもバッチリ!?
インスタ映えもバッチリ!?
大切に、大切に、お姫様のように梱包
大切に、大切に、お姫様のように梱包

なんば桃園さんの自然栽培の桃も元気です(^_^)/

桃は、昔から邪気を払う「仙人の果実」ともいわれ、「古事記」や「日本書紀」にも登場する果物。

ペクチンやカリウム、カテキン、鉄分、マグネシウムなどがバランスよく含まれており、整腸効果、抗酸化作用、貧血予防によいとされています。

この過酷な夏の暑さで体力を消耗している方に、お見舞いに、桃はぴったり!

 

岡山の白桃はその名の通り、袋がけで栽培するので色が白い桃として有名です。そして、「少し触るだけでも指の跡がつく」と言われるほどデリケート。大切に、大切に、育てられているので、大切な方へ贈りたいとして贈答用にも人気があります。

 

ぜひお試しください(^o^)丿

 

▼購入ページはコチラ
(NPO会員様でなくてもどなたでもご購入できます)
http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/007/O/

 

 

\平成30年産/岡山県産 木村式自然栽培桃 一般予約開始!/

お待たせしました!、今年もこの季節がやってまいりました!

NPO会員の方の先行予約が落ち着き、今年も一般の皆さまのご提供分が確定しました。なんば桃園さんの自然栽培の桃の受注開始です(^_^)/

画像をclick or tap すると、購入ページへジャンプします☆彡
画像をclick or tap すると、購入ページへジャンプします☆彡

一昨年のモモチョキリゾウムシによる壊滅的な状況を、木村秋則さん直伝の解決方法と自身の試行錯誤で立て直し、少しずつ桃の樹が回復してきているとのご報告がありました。

 

一度食べたら忘れられない喉越し。自然栽培ならではの上品な甘みと奥ゆかしい味わいは、年に一度のお楽しみです。

 

最近では、「まずは子どもや孫に」「病床でふさぎ込んでいるあの人に」…と、特別な方へのご贈答も増えています。それだけ、この桃を特別に、大切に、思っていただけていることを嬉しく思います。

 

自然のエネルギーをいっぱいに受けて育ち、なんば桃園の皆さんの愛情がたくさん込められた、木村式自然栽培の桃。今年も多くの方へお届けできますように。

 

▼ご予約はコチラ

http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/007/O/

 

 

 

「発芽玄米ごはん」を「こども宅食」さんへ

玄米の効能がこのところ、きちんとしたエビデンスと共に明らかになってきました。

そんな中、こんな記事が紹介されました。

https://www.landerblue.co.jp/blog/?p=40593

More Access! More Fun!    永江一石のITマーケティング日記 より
More Access! More Fun! 永江一石のITマーケティング日記 より

こちらの記事を書かれたのは、ITビジネスコンサルタントで、ネットの論客としても有名な永江一石さん。きちんとしたエビデンス(科学的根拠)をもとに、さまざまな社会問題や経済問題について、Blog やメールマガジン、SNSで発信されています。

 

今回、永江さんのような視点をお持ちの方に、「発芽玄米ごはん」を高く評価していただけたことを光栄に思います。また「自然栽培だから」ということを甘えにせず、できるだけ多くの方に認めていただける商品づくりを辛抱強く進めてきてよかったと思います。

 

私どもは常々、自然栽培を普及するにあたり、広く社会に受け入れていただけることを念頭に活動してきました。

 

このため、フードファディズム(※)に偏らないことを、広報の方針の一つとして決めています。スピリチュアルや観念に偏り過ぎているものについても、一定の距離を置くことにしています。「これを食べたら癌が治る」「これを食べたら病気が治る」という発信はしませんし、優良誤認と捉えられかねない腐敗実験もフェアではないのでいたしません。

 

自然栽培の仕組みや効果については、大学や研究機関の中でも研究が進められており、私たちがその領域を侵すべきではなく、実績をご提供しながら、研究の成果を待つ立場だと考えています。

 

(※)フードファディズムとは

食べものや栄養が健康と病気に与える影響を、熱狂的、あるいは過大に信じること、科学が立証したことに関係なく食べものや栄養が与える影響を過大に評価すること(Wikipedia より)

 

そして、さらに!!

永江さんからのご提案に賛同し、新発売記念ということもあり、この「発芽玄米ごはん」を「こども宅食」さんへ寄付させていただきました。

▼こども宅食

http://kodomo-takushoku.jp/

『こども宅食では、生活の厳しい子どもの家に、定期的に食品を届けます。

そして、食品のお届けをきっかけにつながりをつくり、見守りながら、食品以外の様々な支援にもつなぎます。まずは、文京区で6つの団体がモデルをつくり、全国に広げ、「子どもの貧困」をなくしていきます。』(こども宅食 ウェブサイトより)

「こども宅食」さんについては、こちらの記事もご覧ください。

 

▼文京区の貧困家庭支援「こども宅食」 「恥ずかしい」をなくす気配りも
https://dot.asahi.com/aera/2018013100012.html?page=1

 

▼「困っている」と言えない現実
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55513?page=2

 

 

「未来の子どもたちのために」という理念を掲げている私たちにとって、このご提案は非常に嬉しいことで、経費的には厳しいながらもなんとか実現したい!と、関係者の方々にご協力をお願いしたところ、皆さんにもご快諾をいただくことができました。

 

現在、私たちの活動を支持してくださる層というのは、「食」や「オーガニック」、「環境」「生物多様性」というキーワードに関心を強くお持ちの方がほとんど。

 

ですが、広く社会で見てみると、それは「ごく一部の熱心な人たちの嗜好にすぎない」という見方が大半を占めています。

 

「本当は我が子によいものを食べさせたいけれど、その余裕がない」というご家庭もあると思います。

 

私たちは、そのような環境にいらっしゃる方たちにまで幅広く、この自然栽培をお届けできるようにしたいと考えています。「誰もがごく普通に、スーパーで自然栽培の食材もほかの栽培方法の食材と同じように手に取っていただけるように」と願い、JA・全農の方々、県内企業の皆様にもご参画いただいているのは、このためです。

 

まだまだ課題はあるものの、今回の「こども宅食」さんへの寄付によって、私たちの目標に一歩大きく近づけたことが嬉しいです。

 

組織だからこそできること に、ようやくたどり着けてきました!

 

「誰一人取り残さない-No one will be left behind」――SDGs(持続可能な開発目標)を、皆さんと共に進めていきたいと思います。

 

ぜひ当会の活動にご参加ください。

NPO会員として入会する、イベントに参加する、自然栽培の商品を購入する生産者として参加する支援企業としてユーザー申請する…いろいろな窓口をご用意してお待ちしております!