実行委員会の活動Blog

過去のBlogは、アーカイヴよりご覧ください。


味噌づくりWS&工場見学 楽しみました!

大人気まるみ麹本店さんの手作り味噌のワークショップが無事終わりました。

大豆も麹も自然栽培をご提供くださいました
大豆も麹も自然栽培をご提供くださいました

 

使う材料はすべて、あの「奇跡の味噌」で使う自然栽培のものばかりなのが、このワークショップのオススメポイント②

 

①のポイントは何かって?

 

それは、備長炭で敷き詰められたマイナスイオンいっぱいのこの場所で作れる!という点です(^^)

 

これってかなり贅沢ですよね。

「この中にいると、イヤなニオイもなくて気持ちがいいわぁ」とおっしゃっている参加者の方もいましたよ。

ちょうど出荷前の自然栽培の米麹ちゃん達が出番を待っていました。原料が限られているため、予約制で販売している希少な生麹なんです。発酵の力が強いので、お味噌も甘酒も、塩麹も美味しく作れる!と毎年楽しみにしていただいています。

次回第3回目のご予約をもって今年の製造・販売は終了予定ですので、ご入用のかたは木村ワールドのショップをこまめにチェックしていてくださいね。
▼ご予約ページはコチラ
http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000028/ct13/page1/order/

まるみ麹本店の山辺啓三社長。自然の力を借りて、少しでも多くの人に健康な暮らしをと奔走されていて、やさしく楽しいお人柄にファンが増えています。社長の説明を聞きながら、お味噌づくりがスタートしました!

煮た大豆をつぶします 真剣!
煮た大豆をつぶします 真剣!
わいわい楽しくつぶします^^
わいわい楽しくつぶします^^
笑いが止まりません 楽しい~!
笑いが止まりません 楽しい~!
つぶした大豆に塩と麹を混ぜます
つぶした大豆に塩と麹を混ぜます
ご夫婦で仲睦まじく♡ 素敵ですネ
ご夫婦で仲睦まじく♡ 素敵ですネ

混ぜ合わせたらボール状にして、容器へ入れていきます
混ぜ合わせたらボール状にして、容器へ入れていきます

 

吉野杉樽の容器もご用意いただきました。今では作れる職人さんが少なくなっている杉樽。

 

購入し使ってくださる人がいらっしゃるおかげで、職人さんを支えることが出来ます。

まるみ麹本店さんでは、そのような意識からも、「奇跡の味噌」は大きな杉樽を特注して、毎年少しずつ数を増やされているとか。

 

自然のもの、人の手を介された丁寧なものを使ってお味噌を作っておられる姿勢には、頭が下がります。

隙間なく容器へ入れて、重石をすれば完了です!あとは麹と時間が勝手にお味噌にしてくれます。お味噌を発明(発見?)した人はスゴイですね。これぞ、“奇跡” といえそう^^

 

WSでは、どうしてもカビが出てしまうことへの防止方法や、カビが出てしまった時の対処方法、甘い味噌にしたいとき、旨味のある味噌にしたいとき 等々、様々な質問が出ていました。


工場の中も見学させていただきました。すべてのものを完璧な材料で作ることは難しくても、今ある材料の酸化を防ぎ還元させることで、本来の生命力を取り戻すことは可能…という考えで、まるみ麹本店さんでは様々な工夫をしていらっしゃいます。

 

その地道な取り組みが美味しい商品製造へとつながり、多くのお客様から支持されているのがわかります。


見学から戻ると、スタッフさんが甘酒を作って待っていてくださいました。スタッフの皆さんもどの方もにこやかに接してくださり、一方お仕事は無駄なく手際よく進めていらっしゃいました。少し肌寒かったこの日、あったか~い甘酒は五臓六腑に染みわたりましたよ~♡

 

というわけで、お味噌は夏を越して秋頃には出来上がっているのではと思います。参加者の皆様、どうか美味しいお味噌になりますように!

 

*****

当会では今年度、まるみ麹本店さんのWS&工場見学を皮切りに、同じく認証店として自然栽培を支援くださっている菊池酒造さんや宮下酒造さん、すし遊館さんへおじゃましての酒蔵見学&お買い物、お食事ツアーも計画したいと思っています。ぜひNPO会員になって楽しく・美味しく、自然栽培を応援してみませんか。お申込み、お待ちしております\(^o^)/

 

▼会員お申込みはコチラ

https://www.oka-kimurashiki.jp/会員募集/

 

成果報告会のご報告(2)

成果報告会の後半は、農福連携でおなじみの佐伯康人さんのお話から。

画像が悪くてスミマセン;;
画像が悪くてスミマセン;;

最近の農福連携の様子をお話くださいました。現在、農福連携は厚生労働省の目に留まり、そこから派生して農林水産省からも注目されています。その結果、昨年は厚労省と農水省の合同協力を得て、省内にてマルシェの開催が実現しました。佐伯さんは、厚生省の塩崎大臣だけでなく、安倍首相とも面談され、今後の展開について希望や提案を出されています。

さらには、自然栽培パーティーでは、2020年のオリンピック&パラリンピックで、選手村で使われる食材に採用してもらうための、国際認証グローバルGAP取得へ向けて動いていますが、組織委員会の「持続可能な調達ワーキンググループ(WG)」内において、以下の見解が発表されました。

GAPの要件に加え、

(1)有機農業

(2)障害者が主体的に携わって生産

(3)世界農業遺産や日本農業遺産への認定など伝統的な農業を営む地域で生産

――の農産物を推奨する。

 

これは完全に、自然栽培パーティーの皆さんへの追い風となっていますね。ひいてはすべての自然栽培農家や有機栽培農家への追い風になるのかもしれません。(そのためのハードルはいくつもありますが)

 

▼2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会における

食材調達に関する組織委員会の検討状況について

(農林水産省生産局農業環境対策課 平成28年4月発表資料)

http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/g_kaigi/280428/pdf/3.pdf

佐伯さんは、興陽高校の生徒さんのほうを見て「キミ達の作るお米も、ぜひ一緒にオリンピックに出そう!」と呼び掛けていました(^^)

そのまま続けてのトークセッション。

岡山県障害福祉課 八木慶市主幹による、岡山県内の農福連携の概要をご紹介いただきました。今岡山県では、「岡山スマイルーシブ★農福連携プロジェクト」という活動が始まっています。施設利用者の皆さんによって栽培された農産物を、岡山駅前でマルシェを開催して販売。今後は、ブランディングも進め、付加価値の高い農産物を作っていきたいと発表されました。

 

当会はお米しか取扱いがないため、直接の参加は現状では難しいのですが、佐伯さんからの提案で、ジャンボタニシの捕獲を施設利用者の皆さんに手伝ってもらうプロジェクトが検討されました。農繁期の雇用など、当会生産者内に希望があればお繋ぎできるかも知れません。(現に、当会の生産者さんの中には、20年も施設利用者さんを雇用している農福連携実践者がいらっしゃるんですよ^^ )これなら、当会も農福連携に参加できますね。

 

もしくは、農福連携に参加する施設・団体の方が、当会へ参画してくださるなら、木村式自然栽培米として認証・買取りも可能です。

 

このあたりの住み分けをしつつお互いに協力体制を作っていくことは、とてもわくわくする連携の広がりになっていくように思います。まだ一度も県のご担当者さんや農福連携関係者の方に当会の関係者が集まる会議へお越しいただいていないので、県の事業プランの説明を伺いながら、この農閑期のあいだに少しでも実現へ向けての協議ができればと思います。

 

 

最後に、事務局から登録に際しての注意事項などが説明された後、今年度はいよいよ、自然栽培の圃場に生物多様性がどのくらい担保されているのかを調べるためのアクションへ移っていくことが発表されました。

調査対象として、県南から2圃場、県北から1圃場、自然栽培 経過年数1年目と7年目の圃場比較など、いくつかの設定を設けていくことにしています。

今年は生きもの調査会の開催も予定していますので、興味をお持ちの方はぜひぜひ、当会のWebサイトをこまめにチェックしていてくださいね!

 

***
かくして、今回も盛りだくさんの話題を限られた時間で発表する…という流れになってしまいました。本当は、どれも一つ一つ、時間をかけて深く話し合いたい内容ですよね。「もっと話を聞きたかった」「そこからの続きが大事なんだよ!」と消化不良を起こした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかしまさに、これらのことを持ち帰り、今年度に落とし込んで消化させていくことこそが、当会の事業目標となります。成果報告会は過去の振り返りではなく、次なる課題を見つける場でもあります。

今年度は、作付面積110ha、収量240t を目指す予定です!

ぜひ今年もご支援、応援、よろしくお願いいたします。

▼作って応援してくださる方はコチラ

生産者募集(募集〆切 2月末まで)

https://www.oka-kimurashiki.jp/生産者募集/

 

▼食べて応援してくださる方はコチラ

NPO会員募集

https://www.oka-kimurashiki.jp/会員募集/

 

成果報告会のご報告(1)

ご報告が遅くなりましたが、1月29日開催の野口勲氏講演会と、平成28年度成果報告会はおかげさまで無事、盛会に終えることができました。

 

翌日には、さっそく山陽新聞へも掲載していただきました。

お田植祭、収穫祭、そして成果報告会…ことあるごとに山陽新聞社さんには取材にお越しいただき、応援していただいています。いつもありがとうございます。

 

記事をクリックしていただくと、大きくしてご覧になれますので、ぜひお読みください。


午前中の野口勲さんの講演会は、遠方からもたくさんの方がお越しになっていました。また農業関係者の姿も多く見られ、種の扱い=人々の食を司る、その影響の大きさはどれほどになるか、今の現状とこれからの対策についてお話くださいました。

 

3時間という長丁場だったにも関わらず、途中退席する人は誰もおらず、熱心に聞き入っていらっしゃる姿が印象的でした。また野口さんも体調がすぐれない中、情熱的なご講演をしていただき、ありがとうございます。

お昼をはさんで午後からは成果報告会。こちらも恒例行事となりましたね。

今回はご来賓として、JA岡山中央会より総合対策部長 嘉原様にお越しいただきました。農協改革について議論されている昨今。農協の事業目的に「農業所得の増大に最大限の配慮をしなければならない」ことが明記されることになりましたが、「ここでなら、営農することができるかもしれない」との思いで当会へ参加される農家が増えていることに、JAさんも注目してくださっているのは、嬉しいことですね。

生産者の体験発表。トップバッターは、ほぼ常連となってくださっている、岡山県立興陽高等学校農業科の生徒の皆さん。

 

「この子たちの成長ぶりを見るのが楽しみで来ました」

「今年も興陽高校は出るんじゃろ?」

「大人顔負けじゃなぁ」

「将来が楽しみじゃなぁ」

 

と、ファンが増えている興陽高校さんです。先輩から後輩へと課題は受け継がれ、その努力や成果が認められ、平成28年度は酒米である雄町を栽培することにも許可が出ました。すごい!やりましたね!!今年も大変熱心な栽培と研究結果を発表してくださいました。彼らの発表のまとめは、自然栽培研究の第一人者 弘前大学の杉山修一先生へも提出予定です。

 

続いては、今岡山県内の自然栽培本拠地となりつつあるJA岡山管内の方からの発表。自然栽培の取組みとしてはまだ2年目の新人さんとなるわけですが、長年の農業経験・知識をベースに、ものすごい勢いで自然栽培を習得されています。発表ではジャンボタニシの苦労も披露されていましたが、終始ニコニコして解決の糸口はつかんでいらっしゃる様子です。

 

さらには「こんな素晴らしい農業を自分だけしているのは勿体ない」と、たくさんの仲間を誘って輪を広げてくださっています。「初年度は試しに1反だけしたけど、来年からは4町やるけんな!」と本気エンジンがかかっている仲間もいるとか(笑)

 

そして今、こちらのエリアでは自然栽培部会を立ち上げる話が浮上。JAとの話し合いが始まっています。生産部会が立ち上がるというのは、一定の基準をクリアしないと実現できないことで、これってすごいことなんですよ。ここまで生産者さんたちが主体的に成長してくださっていることに感謝し、私たちNPOはこれからもお世話役をがんばりたいと思います。

弘前大学人文学部教授の黄 孝春先生がまとめた、当会生産者対象のアンケート調査結果も発表されました。

支援ユーザー企業からは、大人気まるみ麹本店の山辺啓三社長。発酵ブームは一過性の流行に終わらず、今後も健康増進に寄与するコンテンツとして定着していくようです。そこへ自然栽培が絡むと、どうやら麹菌が喜んでくれるみたいですよ(^_^)/

NPO法人大阪府木村式自然栽培実行委員会 副理事長の杉本哲也さん。

豊かな国とされているこの日本国内で、今子ども達の「食の貧困」が心配されています。杉本さんのお話では、育児放棄をする保護者の増加で、学校給食でしか食事をとることのできない子どもが急増しているそうです。杉本さんは、このような子ども達のための炊き出し活動を行っていて、ゆくゆくは自然栽培の食材を子ども達のために提供し、心身ともに健全な成長を支援していきたいとの願いをお持ちになっています。

このような大阪での活動にいち早く賛同したのが、清風学園さん。

長年の教師生活の中で子ども達の異変に気付かれた平岡副校長先生は、食べ物の異変に注目されました。アレルギー、発達障害の急増。これらは複雑な要因が絡んでいますが、「食」に解決の糸口を見出そうとされています。

これと並行して、清風学園さんはオリンピック選手を多く輩出している学校としても有名です。「ぜひ自然栽培の食材を食べさせて、オリンピックで活躍する生徒を送り出したい!」ととても頼もしい宣言をしてくださいました。

岡山も責任重大ですね!今年もがんばります!!

 

(つづく

 

成果報告会、いよいよ今週末!

1月29日(日)の成果報告会がいよいよ今週末に迫ってきました。

まだ受け付けは可能です。締め切りは1月26日(木)になりますので、迷われている方は26日までにお申し込みください。

 

▼お申込みはコチラ

https://www.oka-kimurashiki.jp/home/講演会-成果報告会/

 

お席に余裕が出た場合のみ、当日券(昼食なし)の販売をいたします。当日券の販売が決定した場合は、前日~当日のあいだに当Webサイトのトップページにて告知しますので、ご覧ください。


さて、成果報告会の気になるゲストは…

またまたお呼びしちゃいました!一般社団法人 農福連携自然栽培パーティ全国協議会 代表の佐伯康人さんです。現在弊会は、佐伯さんの仲介もあり、岡山県障害福祉課で進められている農福連携の取り組み「岡山スマイルーシブ★農福連携プロジェクト」への協賛を検討しています。これまでの経緯、今後の進め方などについて、佐伯さんから提案していただこうと思います。

 

また岡山県障害福祉課より八木慶市主幹もお招きし、佐伯さんや弊会理事長の高橋、顧問の鎌谷らによるトークセッションも行います。

 

また大阪からは、NPO法人大阪府木村式自然栽培実行委員会 副理事長の杉本哲也さん、清風学園副校長の平岡弘章先生も駆けつけてくださいます。大阪での自然栽培の広がりについてお話いただける予定です。

 

自然栽培で作られたお米が、どのように流通されどんなふうに皆様のテーブルへ上っているのか、消費者・企業の反応やご意見、ご提案は生産者の学びにつながります。ぜひご参考になさってみてください。

 

この方たちも登壇です!

岡山県立興陽高等学校 農業科の生徒の皆さん。

 

昨年度、「素晴らしい!」「農学部の大学生の卒論テーマにもなりそうなクォリティ!」と絶賛された体験発表は、木村秋則さんのリンゴ圃場を研究されている弘前大学の杉山教授にも提出され、応援のコメントが届いたという秀逸な内容でした。



先輩から後輩へと引き継がれ、取り組み5年目を迎える興陽高校さん。

 

一番最初は、「自然栽培をやってみたい」というたった4人の生徒さんから始まりました。彼らの田んぼへ初めて視察へやって来た時の木村さんの嬉しそうな様子ったらありませんでした。最初困惑されていた先生方も、今では自然栽培を様々な栽培法の一つとして公平に捉えてくださり、生徒さんたちの意欲的な学びを後押しされています。平成28年度は新たに酒米である雄町米の栽培にも挑戦されました。

 

いろいろな条件を試しながら、自然栽培を深めている次世代の後継者たちの発表も、ぜひお楽しみに!

 

木村さん、『ダライ・ラマ法王に自然栽培を食べさせた男』になる!?

皆様 あけましておめでとうございます。
本年も自然栽培への応援、弊会へのご支援、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて年明け一番は情報解禁になりましたので超BIGな嬉しいニュースから☆彡

画像:農業ルネサンス『自然栽培』編集部より
画像:農業ルネサンス『自然栽培』編集部より

木村秋則さんがダライ・ラマ法王14世に謁見されました。タイトな来日スケジュールの中、法王が木村さんとお会いになったのは奇跡的なことだそうです。木村さん、『ダライ・ラマ法王に自然栽培リンゴを食べさせた男』になった!?このときの対話の全文が、季刊誌『自然栽培』のサイトで掲載されています。必見です!
 

「人の健康と地球環境を回復させたい。」
https://www.ak-sizensaibai.com/木村秋則さん近況/
 

ありがたいことに、弊会の木村式自然栽培米「朝日」も法王に召し上がっていただくという栄誉をいただきました。「美味しい、美味しい」と言っておかわりまでしてくださったそうです。なんだか夢みたいです。このような素晴らしい機会を設けてくださった清風学園さん、NPO法人大阪府木村式自然栽培実行委員会さん、ありがとうございます。
 
生産者の皆さん、襟を正して、今年もさらにより良いお米づくりをしてまいりましょう!

 

【追記】

対談のあとに掲載されている注釈(*1)(*2)と、参考としている3つのサイトも是非お読みください。「無農薬」と「無肥料」は一緒くたにされることが多いので、自然栽培ではそこを分けて考えていることを知っていただきたいと思います。
 

▼ナショナルジオグラフィック日本版
化学肥料で“肥沃” になった地球の未来
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20130419/348186/
ー豊かな恵みをもたらす化学肥料は、同時に環境汚染を引き起こす。70億人を養う方法はほかにあるのか。
 

▼二酸化炭素を吸収する海の仕組み
https://www.jamstec.go.jp/frcgc/jp/sympo/2004/murata.html
村田 昌彦/地球環境観測研究センター、海洋大循環観測研究プログラム
研究員
 

▼日経サイエンス
もうひとつの地球環境問題 活性窒素
http://www.nikkei-science.com/…/magazi…/1005/201005_098.html

 

▼僭越ながら、こちらもあらためて…<(_ _)>
https://www.oka-kimurashiki.jp/自然栽培とは/自然栽培のプロセス2/