桃の節句にやさい寿司はいかが?

1月は行く、2月は逃げる、あっという間に3月になりましたね。巷では、そろそろ春野菜も出回り始めました。

 

そんな春の野菜で、お雛祭りに「やさい寿司」はいかがでしょうか。朝採れの春シイタケや菜の花、アスパラガスなど、旬の野菜を 甘辛く煮たり、甘酢に漬けたりして下味をつけたあと(素材の味を生かすために薄味がオススメ☆)、酢飯で握ります。忙しいときにはお漬物をそのままネタにしてもOK。低カロリーで、サラダ感覚の爽やかなお寿司になりますよ。

 

「春の皿には苦味を盛れ」といわれますが、春野菜の「苦味」には植物性アルカロイドという成分が入っています。植物性アルカロイドには、冬の間に溜 めこまれた脂肪や老廃物を体の外に排出してくれる解毒作用や、新陳代謝の促進作用があり、肝機能の働きを助けます。

冷たく凍った大地から元気よく伸び始め た小さな芽たち。そんな春の植物のパワーを体に取り込み、余分なものはデトックスし、季節のリズムに上手に乗っていきたいですね(^^)/


酢飯にはぜひ、自然の恵みがいっぱいに詰まった木村式自然栽培『朝日』を!(宣伝w)

朝日米は、コシヒカリやササニシキ、あきたこまちなどの有名どころの祖先でもあり、国内唯一の旭系在来種。もち米が交配されていないためモチモチした食感とは違い、上品スッキリとした甘みと、奥ゆかしい旨味があります。冷めても味が落ちないことから、お寿司やお弁当にもぴったり。寿司職人や高級料亭の料理人が指名する逸品として知られています。

なんといっても、当会の理事長はお寿司屋さんですので^^ その理事長が心血を注いで自然栽培の朝日を推奨しており、「これを食べ始めたら離れられない」と申しております。お米の話を始めると止まりません。(これについてはいつかまたご紹介しますね♪)


3月12日に木村さんのお膝元弘前市で開催される「自然栽培 夢のディナー」でも、当会の朝日米を持ち込み、理事長の高橋が経営する「すし遊館」の寿司職人が腕を振るいます!どうぞお楽しみに!

▼「自然栽培 夢のディナー」申し込みスタート!
http://www.8dori.org/event/

 

 

第15回グルメ&ダイニングショー『奇跡のお酒』大賞受賞


新聞記事の画像はクリックすると、大きくしてご覧いただけます。

ご報告が遅くなりました。
東京ビッグサイトで開催された第15回グルメ&ダイニングショー ビバレッジ部門にて、当会の認証品 菊池酒造さんの『奇跡のお酒 純米大吟醸』が大賞を受賞しました!!
http://www.gourmetdiningstyleshow.com/15gdsinvitation/contest.htm#02

「売り場のプロ」ともいうべき来場バイヤーに投票して頂き、その結果をもとに審査員(学識経験者、著名フードコーディネーター、 有力食品小売・外食産業・サービス業バイヤー)が下記審査基準に沿った最終審査を行う、という厳しい審査を見事クリア。

当会副理事長で、菊池酒造株式会社の菊池 東(きくち とう)代表は、「木村さんや自然栽培という背景もさることながら、このお酒自身の旨みがハッキリわかるほど本当に美味しいので、試飲していただいた方から高く評価していただけたのだと思う」とのこと。

最近では「モノを売るにはストーリーが大切」という見方がありますが、ストーリーばかりが先行し過大評価になっていくのではなく、ストーリーと中身との両輪がきちんとつながっていることが大切なのかも知れませんね。

 

今年も農家の皆さんにいいお米を作っていただき、誠実な企業の皆様に大切にお米を使っていただけるよう、感謝とやりがいの交換をおつなぎし、品質の向上に磨きをかけていきたいと思います。

▼受賞した『奇跡のお酒 純米大吟醸』のお求めはこちら
http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/002000000004/002/O/page1/order/

▼その他の『奇跡のお酒』シリーズはこちら
http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/002/O/

▼新商品 宮下酒造さんのにごり酒『木村物語』も好評です!
http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/ct10/

第1回ワインプロジェクト ミーティング

一雨ごとに春が近づいてきましたね。庭先ではスイセンが咲き始め、山ではウグイスの初鳴きも。ニコは3月12日に、木村さんのお膝元弘前で開催された「自然栽培 夢のディナー」の取材に行ってまいりましたよ。とっても素晴らしい宴が繰り広げられました。このときのレポートはまた近日中に♪ その前に、第1回ワインプロジェクト ミーティングのご報告をさせてください。

初対面のメンバー。一人ずつ自己紹介
初対面のメンバー。一人ずつ自己紹介

岡山県は『果物大国』としても知られ、特に桃とブドウの産地として有名です。

私たちは、NPO設立当初からブドウにも着手したいという目標を掲げていました。お米と桃に確かな手応えが掴めたので、満を持して今年度から木村式自然栽培のブドウ作りをスタートさせることとなりました。

 

昨年から水面下でいろいろとリサーチした結果、栽培候補地として、ブドウ栽培に力を入れている瀬戸内市に絞られました。

 

プロジェクトメンバーには、このほか岡山県北 蒜山でワイナリーを経営していらっしゃる、山ぶどうワインで有名な ひるぜんワインさん、ワインの醸造を手がける予定の宮下酒造さん、桃の難波さん、そしてここでも、JA岡山全農に参画していただきます。私たちは単体で収益を上げるのではなく、生産者はもちろんのこと、県や農政、企業、あらゆる立場の人が協力し合い、地域の産業として成り立っていける "しくみ作り" が必要との思いで、まずはJAさんを通じて流通に乗せることを方針としています。

当会理事長 高橋啓一
当会理事長 高橋啓一

第1回のミーティングでは、品種の選定や木村さんからリクエストされている独自の栽培方法について話し合われ、まずは課題は何か?優先順位は?などといったゼロベースからのスタートとなりました。

 

私たちが着手する木村式自然栽培のブドウは、既成のブドウ棚を自然栽培に転換するのではなく、苗木からのスタートとなります。せっかく真っ白なキャンバスからのスタートが切れるので、木村さんが構想を持たれている方法で栽培が行われることになっています。
木の植え方、仕立て方、剪定方法など、すべてが独特。国内ではまだ前例がなく、なかなかイメージがわかない中での話し合いとなったため、木村さんをはじめ、熊田研究員にもご指導をいただきながら、丁寧な取り組みを進めていきましょう、と話し合いました。

 

ひとまず品種が決まり、苗木の注文がされました。中心になる品種は、昔からよくある マスカット・ベリーA、キャンベル。種なしブドウが人気となって以来、栽培する人が少なくなっていた品種ですが、生食にもワインにも利用できる良品種です。ほどよい酸味があり糖度も抜群。これらを、種なしの薬品処理することなく、自然栽培らしく種アリで栽培することに。このほかにも試験的にいくつかの品種を試していく予定です。

自慢の山ぶどうワインを進呈し、木村さんとワイン談義をする「ひるぜんワイン」の植木社長
自慢の山ぶどうワインを進呈し、木村さんとワイン談義をする「ひるぜんワイン」の植木社長

木村さん「すんごーい 美味しいワインになるよ」

高橋  「木村さんは自然栽培のワインを飲んだことがあるんですか?」

木村さん「うん、あるよ!」

高橋  「美味しいんですか?」

木村さん「ああ、すんごーく美味しかったよ~^^」

 

わぁ~ 想像しただけでもワクワクしてきますね!どんなブドウが出来るのでしょうか!?

ワインだけでなく、子どもも飲めるようブドウジュースも作って欲しいとお願いしておきました(^^)b

初搾りのワインやブドウはもちろん、ご支援いただくNPO会員の皆様に優先的にご提供の予定です。数年先ではありますが、楽しみにしていてくださいね☆

「今から楽しみだね~♪」
「今から楽しみだね~♪」

JA別生産者説明会スタート!

各エリアでJA別生産者説明会がスタートしました!

一番最初に開催されたJA岡山管内の説明会をレポートします。

JA岡山は、各地区の中でも特に活発に生産や活動を進めているエリア。生産者人数、圃場面積共に年々増えており、取り組む農家の方々も大変意欲的&協力的。木村式自然栽培米の拠出量は県内一です。取り組みのモデル地区となりつつあります。

 

収量が一旦落ちてしまうといわれている”木村曲線” の3年目の峠を越し、4年目を迎えた生産者さん達が、ご自身の失敗例や成功例を発表することで新規生産者さんの不安に応えておられました。JA担当者さんも「4年目の人達に自信がついて、リーダーの風格が出てきましたね^^」とニコニコされているのが印象的でした。


説明会では、質疑応答の時間も取り、いろいろな個別の疑問にもお答えしました。この時期、一番多く寄せられる質問は”育苗”について。木村式自然栽培では、籾蒔き(種蒔き)の時点から農薬はもちろん肥料も使わずに苗を育てることが条件となっているため、どのようにすれば大きな苗に生長するのかが最大・最初の難関となります。JA担当者さんは営農指導歴30年のベテラン。これまでの知識と経験のベースに、指導に当たってくださっています。そこへ先輩農家さん達の実践談が加わり、新規生産者さん達の不安をどんどん払拭していきます。

会の終了後、ちょっと面白い企画をしました。

「ご飯の食べ比べ会」です^^

慣行栽培の朝日米と、当会認証の朝日米とを、ブラインド(目隠し)テスト。

つけあわせの白ウリの奈良漬は理事の山田自家製。もちろん完全自然栽培!ご飯もお漬物もお代わり続出w
つけあわせの白ウリの奈良漬は理事の山田自家製。もちろん完全自然栽培!ご飯もお漬物もお代わり続出w
ブラインドテスト A:木村式 B:慣行 食べた後でどちらがどちらなのか、公表されました
ブラインドテスト A:木村式 B:慣行 食べた後でどちらがどちらなのか、公表されました

結果はご覧のとおり。

 

 A 木村式自然栽培の朝日米 18票

 B 慣行栽培の朝日米    8票

 どちらともいえない    4票

 どちらも悪い       0票

 

木村式自然栽培に軍配が上がりましたv(^^)v  ヨカッタ~w

ニコもAに投票したものの、「木村式のスタッフで、家でも毎日木村式の朝日を食べているのに、もし違っていたらどうしよう…(しかも主婦なのにー)」とドキドキものでした^^;

でも、どう考えてみてもAの方がほんのりと甘味と深みがあり、Bも美味しかったのですがサラッとしすぎて物足りない気がしたのです。当たってホッとしました(笑)

 

開票のあと、理事長の高橋による即興「美味しいご飯の炊き方講座」がw

これがまた、ものすごい数値分析による炊飯器での上手なご飯の炊き方の説明なのでびっくり。炊飯が終わった直後の蒸らし方や時間のことまで言及する高橋に、「さすがはお寿司屋さん!」と皆が唸りました。

***

というわけで、以上楽しい生産者説明会@JA岡山のレポートでした。このあとにも、各エリアでJA別生産者説明会が開催されます。生産者のお申し込み・もしくは継続をされている方を対象に、最寄りのJAから案内が届いていることと思います。まだ申し込みをされていない方と、当会に参画していないJAエリアにお住まいの方へは、後日NPOもしくは最寄りのJAから直接申請書類や栽培資料一式をお渡しいたします。(4月初旬に郵送予定) 

正式に生産者申し込みをしているにも関わらず一式が届いていないという方は、お手数ですが当会までお問い合わせください

 

平成26年度生産者のお申し込みは3月31日まで。あと1週間となりました。まだ間に合いますので、自然環境にやさしいお米作りを通じて得られる新しい世界へ、ぜひどうぞ(^^)/