「奇跡のお酒」が金賞を受賞!!

皆さま こんにちは。嬉しいニュースです!

「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸原酒」が

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2013』で

金賞を受賞しました!!
http://www.finesakeawards.jp/2013/awards2013_2.html#gold01

 

菊池酒造の6代目さんから届いたメッセージです。

「同品評会はワイングラスによって日本酒を飲むと言う

 新しいスタイルを通じて、

 日本酒の持つ美味しい味わいばかりでなく、

 "香りの良さ"や、微妙な色つきによる見た目の美しさ・

 粘性などの"見る楽しさ"を提案し、

 それに秀でた日本酒を選出するコンテストです。」

「フルーティーで飲みやすい」という奇跡のお酒の特徴にぴったりのコンテストですね。

受賞した「奇跡のお酒 純米大吟醸原酒」の原料米は、このお酒のために、

朝日米ではなく、雄町米を木村式自然栽培で作付けしました。

 

雄町米は、日本酒醸造用として作られる品種で、なんとこちらも岡山で生まれた品種!

栽培シェアも9割が岡山なんですよ。酒造メーカーとの契約栽培が主流となっています。

岡山県は朝日米といい、雄町米といい、お米の神様から祝福された品種が揃っています♪

岡山の土地で生まれた品種を、岡山の気候に合わせ自然栽培で作付けしたのですから、

これはもう、美味しくないはずがありません。「奇跡のお酒」は生粋の岡山のお酒ですね。

 

販売は今年6月頃の予定です。もちろん、木村ワールドのオンラインショップでも

ご紹介しますので、6月をどうぞお楽しみに♪

 

 

「奇跡のお酒」が立て続けの快挙!

皆さま こんにちは。「奇跡のお酒」がまたまた快挙です!

 

当会公式Facebook では先に速報でお伝えしていますが、

東京ビッグサイト東展示棟第13回グルメ&ダイニングスタイルショー春2013
「第11回日本全国美酒鑑評会 冷酒部門」にて、
「木村式奇跡のお酒 純米吟醸」が第1位大賞に輝きました!!

 

このコンテストは、"流通の流通による消費者のための清酒コンテスト"として開催され、

1.8Lで3000円前後となる純米吟醸酒を中心とするお酒が出品され、

実際に消費者に接する流通・サービス業に従事する酒販関係者等が利き酒し、

「売れると思う」「自分の好きな」日本酒を選出し、集計して順位が決まります。

冷酒部門には全国のお酒21酒が出品されています。

 

http://www.gourmetdiningstyleshow.com/14gds/pdf/11vintagereport.pdf

 

もう「奇跡のお酒」の勢いが止まりません(*⌒∇⌒*)

こちらは現在、当会認証品の専門店(株)木村ワールドにて販売中です。

オンライン・ショップのページはこちら↓

  http://www.kimura-world.co.jp/ (click!)

 

「ネットには慣れてない」「オンラインの買い物は不安」という方は、

お電話やFAXにも対応しますので、遠慮なくお問い合わせくださいね。

 

   スタッフが作業や会議などで不在の場合、留守番電話になっていることがあります。

   メッセージを入れておいてくだされば、折り返しご連絡いたします。

   スタッフは日頃、少数でいくつもの実務を兼務しながら進めておりますので、

   ご理解いただけると幸いです。


JA別生産者説明会を開催しました

3月7日から8日にかけて、各JA別生産者説明会を開催しました。

この会は、生産・出荷意思の表明をしてくださった生産者の方に、あらためてJA管内別に

ご参集いただき、生産者同士の顔合わせ、JA担当者との顔合わせをしつつ、木村式自然栽培の

稲作の進め方や、認証活動の概要などを具体的にご説明する、という趣旨のものです。

 

事前準備の段階で、今回は特に、お互いの顔を見ながらできるだけ近い距離感をもった交流を

したいということで、席の並べ方やタイムスケジュールなど、これまでとは違った形にしました。

一人ずつ自己紹介をし、木村式自然栽培に取り組もうと思ったきっかけや、始めてみて

楽しんでいること、逆に困っていることなど、ざっくばらんにお話いただきました。

今回、生産者の皆さんからの質問で一番多かったのが、間近に控えている耕起のこと。

木村式自然栽培では、根の動きや好気性菌を生かすために、出来るだけ土を乾燥させた

状態で、浅く荒く耕すことを奨励しています。

ですが、春は「一雨ごとに暖かく…」の言葉に形容されるように、たびたび雨が降ります。

なかなか晴れた日の耕起作業のタイミングがとれない、また深く耕さなくていいのか?などと

いった質問がどの会場でも出ました。これについては熊田主任研究員から詳しい説明があり、

「それを念頭に、まずはやってみることが一番!」と山田理事からの激励の声が出ました。

 

このほかにも、頭では分かっているつもりだったのに、実際に目の前で起こってみると

どのように対処していいのか分からなくなってしまった…といった、ちょっと禅問答に

陥ってしまうような疑問・悩みが、会場から次々と出ていました。

 

実は木村式に取り組んでいると、このような現象がよくあります。

そのたびに、自分の栽培に対する考え方と対峙することになります。

木村式が「実践者に自立が求められる栽培法」といわれる所以なのでしょう。


農薬や肥料を使えばどれも簡単に解決するのですが、木村式自然栽培はそれに頼りません。

ここで匙を投げず、辛抱強く続けることが、自然栽培生産者への道となります。

 (消費者の皆さん、どうぞこうした生産者さんのご苦労を知ってくださいね)

 

「私はこうしとるよ」「ほぉ~じゃあウチでもやってみよう」

このように生産者同士で智恵を出し合い、いろいろな考えをシェアすることが、

自然栽培への理解を深め、輪が広がっていくことになります。

当会では今後、もっともっとざっくばらんに、生産者さん同士が気軽に集まれるような会を

企画していきたいと思っています。(只今、スケジュールとにらめっこ中)

最後にステキな場面を。左の写真は、

とある会場の会が終わった後の光景。

JAの担当者さんと生産者さんとが

自発的に対面でお話されていました。

 

肥料・農薬を売る立場のJAの方々が、

「木村式自然栽培をやりたい」という

生産者(=JA組合員)の志を受け止め、

前向きに動き始めてくださっているのが

伝わってくる光景でした(感涙…)

未来は明るくなってきています!!

(TPPになんか負けないぞ~w)

新商品の試作が進行中

昨年あたりから試作を重ねてきた新しい認証商品を、

やっと皆さまへご紹介できる日がやってきそうです♪

 

当会認証の木村式自然栽培米「朝日」から採れる

    米ぬかと、米粉です!

以前からかなり多くの方からのリクエストがあり、

当会でもずっと検討を進めておりました。

 

認証米100%ですから、品質は間違いないのですが、

製粉の段階で、商品としてのクォリティが木村式に

ふさわしいものになっているかどうかで

慎重に話を進めていました。

 

このたび「これなら大丈夫!」というものが完成しました!

キメの細かいとってもキレイな米ぬかと米粉になりましたよ♪

米ぬかなんて、そのまま食べられるくらいの精製度なんです!

 

パッケージデザインも進行中で、次回実行委員会の認証に提出予定です。

諸手続きが完了次第、(株)木村ワールドで販売予定です。発表をどうぞお楽しみに!

 

 

 

自然栽培のパイオニア、来たる

熱く語る「椿き家」社長の折笠廣司さん
熱く語る「椿き家」社長の折笠廣司さん

 

皆さま こんにちは!

春分が過ぎ、日に日に春めいてきましたね。

新しい季節へ向けて、植物や虫たちはすでに

行動開始!先日はモンキチョウが飛んでいましたよ。

さぁ、私たちもうかうかしていられません。

***

…と思っていたところ、すでに行動開始している人が

広島県から当会へいらっしゃいました。

じつはこの方、自然栽培のパイオニア、北海道にある

折笠農場」の3代目折笠秀勝さんの弟さんで、

広島県三原市に本社を持つ、無添加豆腐の製造で有名な

椿き家」社長の折笠廣司さんです。

折笠さんファミリーのことを少しご紹介しますと、折笠廣司さんのお兄様で、

北海道にある「折笠農場」3代目 秀勝さんは、ビート(てんさい)の栽培で反当たり収量で

2年連続全道1位に輝いたこともある豪農。

しかし、除草剤のために土が痩せていくことに危機感を覚えるようになり、

昭和40年代には すでに緑肥を取り入 れた減農薬農法に転換されます。

 

そして、「農地を開拓時代の豊かな土に戻す」「持続可能な農法を探る」という目標の中で、

後継者の4代目 健(ますらお)さんが、木村秋則さんに出会います。

すでに農薬に頼らない農法で素地を持っていた折笠さんたちは、木村さんと共に自然栽培の

パイオニアとして歩き始めます。現在では、70haもの広大な土地の1/3で、自然栽培の

じゃがいも、大豆、小豆などを作っていらっしゃいます。

 

そんな北海道の兄弟たちを後方支援しているのが、こちらの写真の廣司さんです。

特に大豆に着目し、無添加の豆腐をはじめ、おからや豆乳などの商品開発を行い、

製造から販売までを一貫して行う会社「椿き家」を創業されました。

現在はアレルギー疾患に悩む人のために、抗アレルギー生活を提案する「まざーずはーと」を

設立。専門医師、研究者、管理栄養士、メーカーらと自然栽培の作物や加工品の科学的検証を

進めていらっしゃいます。

当会が自然栽培に取り組むずっと以前から、文字通り「足を使って」自然栽培の可能性を

世に広め、ご苦労されてきたお一人なのです。

 

「自然栽培で出来た作物は、どんな人にも公平に買ってもらえるものにしなくちゃいけない。
 富裕層だけに高い値段をつけたり、ビジネスにして必要以上に儲けようなんて思ったり

 しちゃいけない。 俺たちはそんなことのために頑張ってきたんじゃないんです」

 

そうおっしゃる折笠さんの言葉には、木村さんと同じ、積年の重みがありました。

私財を投じてまで、懸命に努力してこられた折笠さんたちのご苦労話を伺うにつけ、
こうした人々の努力のおかげで、自然栽培の灯火が消えることなく現在に至っていることに

感謝し、彼らの努力を踏み台にしてはいけない、と当会は背筋を正しています。

 

桜と農耕

皆さま こんにちは。全国各地で桜の開花情報が聞こえてくるようになりましたね。

ここ岡山県倉敷市の桜は、ご覧のとおりまだこれから…といった感じです。

 

タネツケバナが咲き始めたここ数日は、生産者の方たちもそろそろ種籾の準備を

始めている頃でしょうか。ツツジが咲く頃は苗代づくり… いにしえの人々は、花を暦として、お米づくりを進めていたといわれています。

 

特に、桜と農耕には、深いつながりがあるのをご存知でしょうか?

 

「サクラ」…元々、「サ」は田の神様、「クラ」は田の神様の御座する処、とされていました。

 

また、日本の神話には、山の神様の娘に「木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)」という美しい花の神様がいて、この姫神様は、農耕の神様「瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)」と結婚した、というお話もあります。なんだかロマンがありますね。

 

ちなみに、ここでいう「サクラ」は、山に咲く山桜を指します。

 

森の中で小さな植物たちが芽吹き、やがて山の生命力があふれ出し、人里へ舞い降りてくる。それが田へも訪れ、田の神様となって稲穂に宿る…と昔の人々は考えました。人々は桜が咲くと、木の周りに集まって歌い、踊り、山と田の神様をお祝いしたのです。

 

これが「花見」の起源といわれています。

 

いろいろな木に花が咲くのに、桜が咲いたときにだけ「花見」をする日本人の慣習に納得ですね。

ところで、桜の開花予想に使われているソメイヨシノは、江戸末期に、染井村に住む植木職人が作った交配種。

 

ヨシノザクラ(吉野桜)と区別するために、染井を冠して、ソメイヨシノと名づけられました。

 

ソメイヨシノは自家受粉ができず(=子孫を残せない)数十年で枯れてしまう宿命を背負っており、このため、すべて挿し木で殖やしています。

 

挿し木とは、昔からよくある無性生殖法の1つで、

親株から枝を切り取り、土に指して発根させる方法。親の遺伝子を、そっくりそのままコピーしているんです。つまり、国内にあるソメイヨシノは全てクローンなんです。

 

というわけで、全国のソメイヨシノはすべて同一条件なので、気象台や観測所の標本として、開花予想の判断に採用されているんですね。

桜に関するこぼれ話、いかがでしたか?

 

これからお花見に出かける方は、こんなこぼれ話を思い出しながら楽しんでみてください。

 

桜の咲く時季は、花時雨(はなしぐれ)が降り、花疾風(はなはやて)が吹いて寒い日も。どうぞ花冷えなどなさいませんように。