木村秋則氏×杉山修一教授 シンポジウムお知らせ

 

気づけばもう7月。

一年の半分が過ぎ、折り返し点となりました。

 

生産者さん達の田植えも終わり、いよいよ夏へ向けて

田んぼでは水の管理や除草など、

次の課題へと移行し始めています。

 

当会でも、岡山県内に点在する田んぼの圃場巡回や、

これから迎える、自然栽培 桃の収穫へ向けて、

相変わらず目まぐるしい日々を送っています。

 

そして…この夏一番の目玉はこちら!

8月に、木村秋則さんと、弘前大学教授杉山修一先生の

お二人をお招きしてのシンポジウムを開催いたします。

シンポジウムの詳細ページはこちら↓

http://www.oka-kimurashiki.jp/home/自然栽培を科学する-シンポジウム/

 

お申し込み方法、お申し込みのページはこちら↓

http://www.oka-kimurashiki.jp/home/シンポジウム申込み/

天体と光と自然

※イメージ画像です
※イメージ画像です

昨日は7月7日、七夕。地域によっては「織姫も彦星も、天の川も見えなかった…」とお嘆きの方もいらしたかも知れません。あるいは「すっかり忘れてたー!」とか。

 

でも大丈夫。

伝統的な七夕は、現在採用されている太陽暦ではなく、太陽と月の動きを基にした太陽太陰暦…いわゆる旧暦に合わせられています。農業の世界でも、どちらかというとこの旧暦に沿って農作業日を決める農家も多く、旧暦はとても大切にされているんですよ。

 

今年の伝統的七夕は、8月13日頃。すっかり梅雨も明けた8月に、上弦の月の明かりや、織姫星と彦星の輝きを楽しめるかも知れません。ですので、今回見逃したー!と思われた方は、8月13日まで楽しみが伸びた!と思い、昨日ご覧になった方は、もう1回楽しみが増えた!と思ってみてくださいね♪

 

国立天文台が提唱している伝統的七夕のこの日、明かりを消して星空を眺めようという、こんなキャンペーンもあるんですよ。


「伝統的七夕ライトダウン2013キャンペーン」

  http://7min.darksky.jp/

 

皆さんご存知のとおり、植物は、日中光合成をしている時に二酸化炭素を吸い、酸素を吐き出しいるわけですが、同時に、24時間ずっと呼吸もしています。わずかながら、酸素を吸い、二酸化炭素を吐き出してもいるんです。

 

日中太陽が出ているときには、植物は葉をいっぱいに広げて光合成をして、栄養分を取り込んでいますが、夜になると、葉を閉じて呼吸をしながら休んでいます。特に、イネ(水稲)は短日植物(※)なので、夜間照明などがあると、花芽の形成にも影響を及ぼしてしまい、出穂遅延を招く場合もあります。

(※短日植物…日照時間が短くなったのを察知して花芽を形成する植物

 

私たちが、煌々と電気がついた部屋では深い睡眠がとれないのと同じように、植物にも夜の暗闇が必要なんですね。電気を消すって、節電効果だけじゃなくて、地球や宇宙にもいいことばかり☆

明かりを消して、植物にもやさしくしてあげながら、星空を眺めてみることにしませんか?

シンポジウム 送迎バス増便のお知らせほか

詳細ページへ(clcik!)
シンポジウム 申込7/27(土)まで
詳細ページへ(click!)
”KISEKI”スペシャルディナー 完売御礼

告知初日から、たくさんのお申し込みをいただきありがとうございます。

岡山県内はもとより、北海道から九州まで全国からお申し込みいただき、中には

バス1台に乗り合わせてお越しくださるとの連絡まで!本当にありがとうございます。

随時、受付完了メールとチケットを発送しておりますので、よろしくお願いします。

 

本日付で、以下のとおり追加情報のお知らせをいたします。


◆岡山駅ー岡山国際ホテル間の送迎バス 増便決定!

 岡山国際ホテルさんのご厚意で、シンポジウムの開始時間・終了時間に合わせて、

 岡山駅からの送迎バスの増便が決定しました。

 ●岡山駅発<行き>            ●ホテル発<帰り>

  11:00(既存便)            17:00(既存便)

  11:30(増便)             17:30(増便)

  12:00(既存便)            18:00(既存便)

  12:30(増便)

 

 ↓無料送迎バス乗降口など、詳細ページはこちら。

 http://www.okayamakokusaihotel.jp/access/freemeet.html


◆シンポジウム後の食事会"KISEKIスペシャル・ディナー" 増席決定!

 岡山国際ホテルさんのサイトUP準備の段階からすでに予約が殺到しているとのこと!

 ようやく詳細ページがUPされました。

 

 ↓”KISEKIスペシャルディナー” 岡山国際ホテルのページ

 http://www.okayamakokusaihotel.jp/fair/kiseki.html

 

 同時に、限定数の席が40席から50席へ増席が決定しましたので、迷っていらっしゃる方は

 お早めにどうぞ(^^)/ →おかげさまで、完売しました<(_ _)>

 

 

木村式自然栽培の桃 会員限定予約開始!

検査に出された早生の品種「白鳳」ほんのりピンクが愛らしい桃です
検査に出された早生の品種「白鳳」ほんのりピンクが愛らしい桃です

シンポジウムと同時進行で、こちらも進んでおります!

今年もやってまいりました、待望の岡山県産の『木村式自然栽培の桃』の収穫です!

 

「一度食べたら忘れられない!」と、昨年 大絶賛された桃。

「少々キズがあってもいい!」「少しくらい虫がいても買う!」と、通常の桃の市場ではあり得ない条件でも、それでもいいから購入したい!というお客様がいらしたほど、大きな反響をいただきました。ここひと月は お問い合わせはもちろん、アクセスログでも「奇跡の桃」「自然栽培の桃」「木村式 桃」「なんば 桃」…などの検索ワードが続出(笑)難波さんちの自然栽培の桃、まだかなー?と楽しみにしてくださる方がたくさんでした。

 

今年も、木村秋則さん、熊田浩生さんのご指導の下、JA岡山西さんのご協力も得て、生産者 難波朋裕さんとスタッフの皆さんは、忠実且つ誠実に取り組んでくださいました。木や土と向かい合い、虫は一つ一つ手で取り除き、病気になっていないか…と毎日見回っては声をかけてあげる日々。春先の低温期、長雨、…お天気ともいつも相談です。

 

今も、収穫直前を狙うカラスの食害のために、あともう少しで収穫できる!という時になって穴を空けられて…という毎日の中で、カラスと競争するように収穫してくださっています。(自然栽培の木にだけカラスが集中して来るんですって!鳥もわかっているんですね☆)

 

そんなたくさんの手と心がこめられた素晴らしい桃の先行予約販売が、ご支援くださっている会員の方限定にてスタートしました。現在、会員の皆さまの元へ専用の注文用紙が届いた頃で、すでにご注文が続々と入っています。

 

シンポジウムのお申込みと、桃の予約注文とで、

FAXが休む間もありません~~~!ヾ(*≧∀≦)ノ゙

 

ご予約をお考えの方で、申込みがまだの方はお早めにどうぞ。

 

【桃をご予約の会員の方へお願い】

上記のように、現在カラスとの競争で収穫を進めていただいているため、ギリギリまで出荷数が確定できない可能性がございます。ご注文にお応えできない場合がありますので、その際は先着順となり、お応えできなかった方へは、個別にご連絡申し上げます。皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

 

【会員以外の方へ】

会員先行販売の後、在庫がある場合のみ一般販売をする予定ですが、収穫数に限りがあり、先行予約の反響が大きいため、一般販売日は現在未定となっております。ご了承ください。

雨と植物と土

 

暑い日が続いています。
晴れて暑くなると、午後には大気の状態が不安定になり、突然の局地的な雷雨や、ゲリラ豪雨になることもあるので、どうぞご注意くださいね。

写真は、雨に濡れた樹木の葉っぱです。木の足元には、昨秋落葉した枯れ葉が敷き詰められています。

空から落ちた雨のしずくは、まず、木や木の足元にある小さな植物たちが受け止め、葉や枝をつたって滴り落ちます。


次に、地面に広がる落ち葉が雨水を受け止め静かにやさしく、下の土へと流していきます。
地面に染み込んだ雨水は、土の中をゆっくりと流れ、土の隙間を流れていくあいだに不純物が

ろ過され、さらに小さな不純物は、粘土や有機物に吸収され、だんだん澄んだ水へと浄化されていきます。

一方、吸収された不純物は、微生物によって分解され、やがてこれ以上小さくならない状態と

なって気体になり蒸発し、空へと戻っていきます。

雨水は本来、木や植物、そして土、土の下にいる小さな生き物たちのおかげで自然の摂理の中で、ゆったりと時間をかけて循環しています。この水の循環が、スピードも、量も偏り始め、極端になってきたのは、一体いつの頃からでしょうか。私たちの生活を脅かすほどに…
自然栽培で、草を除草剤で枯らしたり、根こそぎ抜いたりしない理由の一つ、もうお分かりいただけたでしょうか。

雨による土砂災害に遭われた方へお見舞い申し上げ、皆さまのご安全をお祈りいたします。

 

収穫直前の自然栽培の桃を見てきました♪

 

皆さま こんにちは。子ども達の夏休みが始まりましたね。

暦では昨日「大暑」を迎え、一年のうちで一番暑い季節です。

体調の崩れはもちろん、こういう時には事故も起こりやすいので、安全にも気をつけてお過ごしください。

 

さて、アツイ選挙も終わり、日本のTPP参加が正式に承認されたとのニュースもありました。刻々と変わりゆくこの状況の中で、自分や家族のこと、これからの未来のことなど、希望を持つ人もいれば、不安に駆られる人、それぞれがいろんな考えを巡らしたことと思います。

 

それでも、どんなときもこの母なる大地は変わりなく、いつも私たちを包んでくれています。そのことを忘れず、今日も粛々と自然や田畑に向き合っていきたいものです。

 

木村秋則×杉山修一『自然栽培を科学する』シンポジウムもあと少し。

シンポジウムでは、木村さんや杉山教授から、農業のことだけではなく、これからの私たちの”生き方” へのヒントになるお話も聞けるといいですね。今週末27日はお申込みの締め切り日です。予定にされている方はどうぞお急ぎください。


さぁ、人間が右往左往している間にも、自然界は逞しく生命の輝きを放っていますよ!

先日は、収穫期を迎えているなんば桃園さんへおじゃましてきました。オレンジ色は、桃の実にかけている袋。たわわに実った桃がたくさんです!

 

伺ったのは早朝6時頃。

難波さんはすでに汗びっしょり!随分早くから桃園にいらしたようです。夏場の農作業は、涼しい朝のうちが勝負。

 

手にしている棒は、枝を支える支柱です。樹姿を自然の形へ整え直している最中の木は、

たわわに実る桃のために枝がしなってしまうので、まだ支柱が必要なんです。

 

ところで生産者さん達は、どんなに暑くても長袖・長ズボン、動きやすく丈夫な靴に帽子といういでたち。自然栽培の圃場は、特に草をそのままにするので、草むらの中でかぶれたりしないよう、安全な服装で臨むことが大切です。

 

 

岡山県では、県下2例目のマダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に感染した女性患者さん(80歳)のニュースがあったばかり。この女性も畑作業をよくなさっていたそうです。皆さまも、農作業や野外でのレジャーでは服装にもお気をつけくださいね。

 

きゃー!可愛いお尻みたいな桃のお顔が見えます♪

大切に、大切に育てられていますね。可愛いなぁ!

 

ですが、これが無事収穫できるまでにはまだまだ安心できないんです。じつは、カラスの食害がとても酷いのです(><)

 

難波さん曰く、カラスは並行して作っている慣行栽培の桃には目もくれず、自然栽培の桃ばかり狙ってくるのだそうです。薬がかかっていないのをカラスはちゃーんとわかっているのでしょうね。しかも、通常はつついて少しだけ穴を空ける程度の食害なのに、果肉すべてを食べつくしてしまい、枝に種だけがぶらさがっていた、というケースもあったのだとか。どんだけ美味しいんよ(笑)

「どうぜ、会員しか食べられない桃だし…」とお嘆きの貴方、 もう悲しまないでいいですヨ(笑)このたび難波さんのご厚意で、当初の予定よりも多く当会へ出荷をしていただけることが決まりました。現在、一般販売へ向けて準備をしております。(難波さん、ありがとうございます!)

すでに収穫が始まっていますので、早急に詳細を発表したいと思います。

サイトチェックしていてくださいねー(^^)/

申込み延長と、シンポジウムのパネリスト紹介

スタッフ
「りじちょー!期限を過ぎても申し込んでいいですか?って
 メールやFAXが来てるんですが、いいですよね?」
理事長
「こんないいシンポジウム、もうありませんよ。
 そりゃぁ来て頂かないと!どんどんお受けしてください!」

 

スタッフ

「も、もう、ギリギリですが、チケット発送間に合いますかね(汗)」

理事長

これからの未来のために、そんな悠長なことは言ってられません。

 ぜひともたくさんの方に木村さんと杉山先生のお話を聞いて頂かないと!

 チケットは当日会場でご用意すればいいんだから、お受けしてください!


…と相成りました。 ええい、こうなったらギリギリまで受け付けちゃうぞー/(^o^)\

お申し込みもう少し受付致します。お急ぎください!!

   click!
   click!

シンポジウム後半のパネルディスカッションのパネリストもようやく揃い、どんな話題が出るか、期待度満点です。

自然栽培の圃場では、植物や微生物、昆虫、動物、土壌…ありとあらゆる生き物たちがどのように関係性を持ち、どのように相互に共存し合っているのか?

 

自然界にあるものだけで、豊かで循環可能にする生態系は、どのようにして生み出されているのか?
こうした小さな生き物たち、植物たちの驚くような生き貫く知恵は、今の混沌とした現代にいる
私たちに “生きるヒント” を与えてくれるのではないでしょうか。

農業に限らず、教育関係者の方々、自分の人生を考えたい方、わが子や孫たちの未来を守りたい親や祖父母の皆さま、幅広い方からのご来場をお待ちしております(^^)/

 

シンポジウムは 8月4日(日)今度の日曜日、開催です!

シンポジウム申込みフォームは、リンゴの画像をクリックしてお入りください★

 

自然栽培の桃 一般予約販売が決定!

画像をクリックすると、ショップへ☆

 

自然栽培の桃の会員先行予約が始まり、おかげさまで、開始日から約10日ほどであっという間に予定数に達しました。たくさんのご注文、どうもありがとうございます。

「この日を待ってました!」というリピートでご購入の会員さんがたくさん!お中元や残暑お見舞いなど、贈答としてのご注文もたくさんいただきました。現在収穫が始まっており、産地から随時発送してまいりますので楽しみにお待ちください\(^〇^)/

 

「自然栽培の桃、食べたいなぁ…。会員になっておけばよかったなぁ…」

お嘆きだった、非会員の皆さま!

難波さんのご好意で、会員の予定数よりも多く当会へ提供してくださることになり、一般のお客様の予約販売が決定しましたーーー\(^〇^)/当会の認証品を専門に扱う「木村ワールド」のオンラインショップのほか、以下の認証店でもお取り扱いがスタートしていますので、ぜひこのチャンスをお見逃しなく。


果物は自然相手の特性上、お申込みいただいても出荷を見合わせることがあり、残念ながらお断りをしなくてはならない場合もありますのでご了承の上、ご検討くださいませ。
今年も糖度の高い美味しい桃になったそうですよーーー☆

 

★木村ワールドオンラインショップ

 http://www.kimura-world.co.jp/

 

★倉敷本舗

 http://www.kurashikihonpo.com/ippins/kimura/

 

★こんなの堂おかやま本舗(現在準備中。近日公開)

 http://okayama.konnanodo.com/shop/kimura/

 

★自然派食品とハンドメイドの店 Happy Natural

 (当会認証店申請中の素敵なショップです)

 http://www.happynatural.jp/shopdetail/001008000050/