ただいま 朝日は穂づくり中

しばらく更新が止まってしまい、ご心配をおかけしました<(_ _)>

心配といえば、このところの大雨や台風の影響、田んぼの様子はいかがだったでしょうか。

被害に遭われた方へ、まずは心よりお見舞い申し上げます。

当会の生産者さんの田んぼのことも気になり、県内各地の皆さんへ様子を伺ったところ、

「隣の田んぼは稲が倒れているけれど、ウチのは全く問題なしです」

「ウチの稲だけ倒れていないんで、近所の人が見に来たんですよ!」

というお返事。ありがたいことだなぁと胸をなでおろしました。夏の一番暑い頃に熱中症で倒れてしまわれるのではないか…と心配になるほど、汗びっしょりになって草取りをしている姿を見ているだけに、轟々と鳴る風と雨の音を聞くたび、田んぼはどうだったかな、水路を見に行って事故に遭った生産者さんはいないだろうか…と、胸がキリキリ。最早 他人事のようには思えなくなっているスタッフです。

 

さて、そろそろ地域によっては稲刈りが始まりましたね。

この時期に刈り取られる稲は早生の品種がほとんどです。

コシヒカリが代表的でしょうか。

 

これに対し、当会の推奨している朝日米は晩生なので、まだやっと穂が出揃った感じです。朝日はすごいなぁと思うのは、温暖な岡山では田植えが少々遅くても構わないので、梅雨の季節に大陸から梅雨前線に乗ってやってくるウンカに産卵される時期を避けて、田植えが出来ること。そして、この9月の台風の時期にも、まだ「頭を垂れる稲穂かな」の姿になっていないので、倒伏のリスクが避けられること。

播種から収穫までの期間が長い晩生種の朝日は、田植えと稲刈りという米作りの二大作業が、自然が猛威を振るう時期を避けて行えるんです。

ホント、焦らないってステキ(*´艸`*)

自然栽培×朝日の生来の特性×温暖な気候&災害の少ない岡山というトリプルの組み合わせの技の妙は、ちょっとほかにはないかも知れません!(と、自画自賛^^;)

とにかく、田んぼの神様に感謝しきれないほど、朝日米は条件に恵まれたお米なんですね。しかも味までバッチリというのだから、本当に夢のような品種だと思います。

晩生種に限らず、自然栽培の作物は、肥料を与えられていない分背丈が低く、土の中では下へ横へとしっかり根を張りますので、早生品種であっても倒伏の心配がほとんどありません。

県外の自然栽培団体の仲間の皆さんからも、今回の台風18号の影響を受けず「無事に稲刈りを始めたよ~!」という声が入ってきています。

当会が設立された2010年にコシヒカリを植えた方の台風通過後の様子がレポートされたBlogもありますので、台風にも負けなかった稲の様子を比較画像を交えてご覧ください。

http://d.hatena.ne.jp/lippia/20100914/p1

 

というわけで、岡山の朝日は稲刈りは来月下旬の予定で、只今、最後の圃場巡回で大忙しの毎日です。

上の画像ではスズメノヒエがたくさーん!

でもあまり躍起になって取ろうとしなくても大丈夫。(全く取らないのもNGなのですが)

一説には、スズメはヒエやアワなど、お米よりも小粒の穀物の方が好きなのだそうです。昔は、わざわざスズメ避けのために、畦にヒエやアワを植える農家もいたとか。

 

「お!この美人、誰じゃ!?」と思われたそこの貴方!モデルさんを連れてきて撮影したわけではありません。この方も生産者さんです。若いママさんです。(結婚していると知って残念がってない?笑)

 

新規で登録された方で、農業はまったくの素人。機械も何もなく、「まずは手で植えて、手で刈って、ハザ掛けでがんばります!」と宣言した頼もしい生産者さんです。出来ない理由をアレコレ並べず、まずはやってみる!という精神に拍手を送りたいですね。誰かに依存することなく、草だらけになっても、この笑顔で「きっとなんとかなります~!」と挑戦し続けていらっしゃいます。なんだか勇気をもらえますね。

 

今年は収量はあまり出ないかも知れませんし、草だらけですが、当会はそんな生産者さんも応援し、お米もきちんと買い取りますので、安心して次へとつなげてくださいね!

真っ黒に日焼けした手に、現場を大切にしているJAさんの姿勢が見えるようです
真っ黒に日焼けした手に、現場を大切にしているJAさんの姿勢が見えるようです

「僕ぁ、あの田んぼを見ると胃が痛くなりそう」「ホンマに大丈夫なんかなぁ?」とハラハラしているJA担当者さん(笑) でも「あの細い道さえ通れたら、機械を持ってきてあげられるんじゃけどなぁ」「また見に行ってあげんといけんなぁ」と、本当はすごく心配しているのがわかります^^ 巡回の途中で立ち寄ったコンビニで、長靴についた泥を水溜りで落とし、入り口のマットで何度も何度も靴底をぬぐってから入店された様子に、このJAさんがいつも相手の立場を考えて行動されるお人柄がうかがえます。

生産者さんの圃場1件1件を、独自で作られたフォーマットに記録していらっしゃいました。

 

「肥料も農薬もやらんのじゃから、こちらから何かを指導するってことはないんだけれども、様子はどんなですか?って覗いてあげるだけでも “ 今日は農協さんが来てくれた ” と言って、やっぱり農家の人は安心してくれますからね

「自然栽培がブームになってくるのかも知れませんが、そんなことは関係なく、我々がいつも忘れてはいけないのは、消費者の人と生産者さんを大切にすること。地道にコツコツ、一緒にがんばりましょう

と励ましてくださっています。

巷では、JAは農家のためのJAではなくなった…という声も多いですが、そんな人ばかりではありません。自然栽培の普及に力を貸してくださる方は、農業のプロとしての誇りを持たれています。そしてこれからは、どこの所属や団体か、どんな肩書きかという十把一絡げの視点ではなく、その人個人がどうであるかが、より一層明確に評価される時代になってくるのかも知れませんね。NPOスタッフも、日々プロに学びながらがんばっています(^^)/

ここで油断は禁物!秋ウンカが登場…

日中はまだ暑さがあるものの、朝晩は気持ちのよい爽風が吹き、秋らしくなってきました。

寒暖の差も出てまいりましたので、季節の変わり目、着るものにも気をつけたい時期ですね。

田んぼの稲たちも、そんな季節のわずかな変化にもバッチリ対応しているようです。

ヒガンバナが咲き誇っている、とある生産者さんの圃場。

ヒガンバナはご存知のとおり、アルカロイドという有毒物質を持っており、誤食すると死に至る場合もあります。これを利用して、昔から田んぼの畦などに植え、モグラやイノシシなどの獣害避けとされてきました。昨今では有効性は見られないともいわれていますが、そもそも動物たちのエサとなるミミズが嫌って土に生息しないこともあり、結果的に獣害対策になっている場合があるようです。

ヒガンバナも除草剤のために失われている地域が増え、こうした光景が見られなくなっていますね…。

こちらは、昨年までは雑草に悩まされていた田んぼ。取り組み3年目です。元々、慣行栽培の頃から草が生えやすく、除草剤の効きが悪かったという性格の圃場だそうです。今年はこれまでの失敗から逆算して、いろいろと工夫してみたとのこと。その結果、ご覧ください!草がほとんどありません!

JAさん「わぁ!Mさん、ようがんばったなぁ!全然草がなくなったなぁ!」

Mさん 「ハイ、そりゃもう、がんばりましたもーん♪」

 

とっても嬉しそうなMさん。この笑顔♪ そう、この田んぼはこちらの女性が手がけた田んぼなんです!育苗からすべて、トラクターや田植え機、コンバインなど機械も乗りこなすんです。すごいでしょう?耕起、代掻きのときに工夫を入れてみたところ、好結果につながったとのこと。

よかったなぁ、ホントによかったですねぇ~ ともう、みんなニコニコ顔でした。

「私一人でもちゃんと出来ましたから、自然栽培は怖くないですよ」と、春の生産者説明会でお話されていた姿が今でも印象に残っているMさん。「こんなに草が大変なのなら、もう辞める!」と言わずに続けてくださったことに、心から感謝です。今から収穫が楽しみですね^^

 

わ、この装置。なんだかすごい。なんでしょう?

めちゃくちゃ新鮮なお水が、田んぼに供給されています。自然栽培田にうってつけではありませんか!

これ、「パイプライン」というもので、国のかんがい排水事業の一環として、県内随一の穀倉地帯といわれる岡山市藤田地区に広く敷設されたものなんです。構想から着工までに30年という長い年月がかかり、ようやくお目見えしたシステム。そのお目見えした頃と合わせるように、自然栽培を始めたTさん。偶然とはいえ、すごいタイミングですね。田んぼが呼んだのかな?^^

もちろん、稲は順調です。生き生きとしています。

Tさんの奥様が「いつも2階の部屋から眺めてるんですよ。もう気持ちがいいのなんのって!」

そう言われて田んぼに佇んでみると、サワサワと気持ちのよい風が吹いてきて稲穂がそよいできました。まるで「いらっしゃい。よく来てくれましたね」って稲穂が歓迎してくれたような錯覚が。思わず、稲穂を「こんにちは~」ってナデナデしてしまいました^^

「男の人はね、データや根拠がないと納得しないけど、女性は感覚で受け止めるから、植物への感度も高いんよ~!これからは女性が地球をよくするんよ!」とTさん奥さん。なるほど!

「私ね、木村さんがこれから地球や宇宙のために何をしようと思ってるか、わかってるの!私らぁ、がんばらんといけんのよ!」とバンッと背中を押されたニコ。いつもTさんに元気を分けてもらっています。しかも、Tさんは全然パワーが目減りしない方なんです。男性陣はクラクラしてましたw

***

圃場巡回中、車を走らせながら「うーん… こりゃやっぱり、来てしもうたなぁ。こりゃいかん」

と田んぼを見渡すJAさん。何か異変を察知している様子・・・

JAさん「ニコさん。ちょっとこれ。見てごらん」そう促されて、株元を見てみました。

ニコ 「これって・・・」

JAさん「秋ウンカ。トビイロウンカ。これが出だしたら危ない」

ニコ 「えっ・・・」

JAさん「しかも、木村式の田んぼにだけ、なぜか出ていない

ニコ 「えっ・・・!」

慣行栽培の田んぼです… がんばって欲しい…!稲君、がんばれ!!
慣行栽培の田んぼです… がんばって欲しい…!稲君、がんばれ!!

トビイロウンカ…別名:秋ウンカと呼ばれる、収穫間際に見られ、農家の人から恐れられている虫です。梅雨前線に乗って中国大陸から飛んでくるウンカは、世代交代をしながら繁殖します。稲で生まれたものは羽が短く、飛ばずに株元で育ち、稲の汁を吸います。こうなると、上の写真のように田んぼの一部がミステリーサークルのように枯れ始め、一気に広がっていきます。これを「坪枯れ」といいます。こうなると収穫が絶望的となります。

 

今回の圃場巡回では、なぜか自然栽培の田んぼにはその予兆が見られませんでした。

坪枯れになっている田んぼに両脇挟まれている自然栽培田もありましたが、何ともありません。

(比較写真を撮ろうかと思ったのですが、被害に遭われている農家の方の気持ちを思うと、これ以上は軽々しくシャッターを押せませんでした… ご無事を祈ります!)

自然栽培の稲君たちもがんばれー!
自然栽培の稲君たちもがんばれー!

「おかしいなぁ。ホンマに木村式のだけ、出てないなぁ」

今年、当会の担当も兼任してくださっているJAさんは、当たり前ですが、慣行栽培や有機栽培も手がけていらっしゃるベテラン。このたびは、自然栽培田の巡回でしたが、慣行の田んぼのことも心配していらっしゃるのが伝わってきました。

 

これはまだ憶測の域を超えていませんが、今回、自然栽培田での被害が見られなかったことについて、JAさんと以下のような考察をしてみました。

・田植えの時期が遅めなので、中国大陸からウンカが飛来してくる梅雨の時期を避けられた

・疎植にしていることで風通しがよく、ウンカが産卵しにくかった

・天敵であるクモなどの益虫が多い

・茎や葉が固く、クチクラ層も厚いため、ウンカが汁を吸いにくい

・まだ登熟期のため、稲に水をよく吸わせている

 → 水分がある分、少ない茎だけで汁を充分吸えるため、ウンカが広がらないのでは

 

しかし、自然栽培の田んぼも、この後ウンカの被害がないとは限りません。油断禁物です。

自然の大いなる力には、人間は及びません。生き物たちが教えてくれるメッセージに、五感をしっかり働かせてみたいところですね。

圃場巡回の様子、もう少し皆さんのご参考になれば…と思いますので、この後また続きます。

(つづく)