あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
いよいよ2014年が始まりましたね。今年はどんな一年になるでしょうか。

本年もNPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会(長い・笑)をどうぞよろしくお願いいたします(^^)/

新年度を迎え、NPOにご支援くださっている皆様に大切なお知らせもUPしていますので、そちらのページもご覧ください。

 ↓↓↓

NPO賛助会員、生産者の皆様へ大切なお知らせ(click!)


今年の岡山のお正月は、お日様が燦々と降り注ぎ、春のように穏やかで暖かな日が続いています。私たちスタッフも、しばし充電期間をいただいています。

先日、実行委員会メンバーでもある『まるみ麹本店』の山辺社長から、創業60周年を記念した素敵な本をいただきました。戦後、焼け野原で何もなかった時代に、岡山県総社市で麹屋を始められた、先代の回想録です。

昭和30年代に水島コンビナートが建設されるのと入れ替わるように、岡山県内の農業が様変わりしました。兼業農家が増え、“週末農家” に農薬・除草剤・化学肥料が重宝されます。撒かれた田畑は酸性化が進み、先代はよい麹が作れなくなってしまいます。

本では、よりよい麹を作るために様々な工夫を凝らしてこられた先代のご苦労が綴られています。現代の私たちが原点からかなり遠いところまで来てしまった経緯がよくわかり、考えさせられる本でした。

昨年、ユネスコの無形文化遺産に登録された「和食」。その味を決める「味噌」「醤油」「みりん」「酒」…これらはすべて、麹がなくては出来ません。


日本麹カビ=アスペルギルス・オリゼ

今から千年ほど前、日本人は、自然界に漂う何億種類のカビの中から、A・オリゼを抽出する方法を世界で初めて編み出しました。麹は蒸したお米を土壌にして育ちます。

1月4日、このA・オリゼが繁殖していくミクロの様を初めて実写で映像化することに成功した番組がNHKで再放送されます。サイエンスとヒストリーの両面 から迫った番組、ぜひご覧になってみてください。日本人の繊細な感性が「文化遺産」として認められた理由の一端を見ることが出来ると思います。

【NHKスペシャル 和食 千年の味のミステリー】
再放送:<総合> 1月4日(土)午後2:00~2:49
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/1215/

岡山県自然栽培 成果報告会のお知らせ

トップページでもご案内しておりますが、新年度の企画第一弾として、2月1日(土)に「岡山県自然栽培 成果報告会」を開催いたします。再び、木村秋則さんと杉山修一教授にお越しいただけることが決定いたしました!

 

「これまで、東北や関東地方の自然栽培圃場はたくさん見てきましたが、西日本は初めての視察で楽しみにしていたんです。いやぁ、岡山がこんなに自然栽培に好条件を満たした地方なのにはびっくりしました!出来過ぎです!」

「講演前に圃場視察を済ませていたら、もしかするともっと別の講演内容にしていたかも知れません」

 

昨年8月に開催したシンポジウム「自然栽培を科学する」にお越しいただいた、弘前大学教授の杉山修一先生がお帰りになる際に残されたコメントです。温暖な瀬戸内海式気候と、日本一降水量の少ないといわれる「晴れの国おかやま」の日照条件がもたらす、自然栽培との相性の良さについてもお話いただけると思います。

このほか、昨年度好評だった生産者の皆さんの体験発表をはじめ、当会に参加いただいている企業の皆さんにも加工、流通面からの自然栽培の可能性についてもお話いただきます。

新年度からスタート予定の新プロジェクトなども発表いたします。

岡山の自然栽培最前線についてご興味のある方は、どうぞ皆様お誘いあわせのうえご来場くださいませ。

 

専用ページはこちら⇒ ★☆★(click!)

新登場!奇跡のにごり酒「木村物語」

「岡山県自然栽培 成果報告会」へ、たくさんのお申し込みをいただきありがとうございます。

只今、登壇者の皆さんにお話いただくテーマ詰めなど、いろいろと内容を練っています。

もう皆さんにお伝えしたいことが山ほどあるので時間が足りず、タイムテーブルを何回も書き直している始末^^; これから当日まで少しずつ、登壇者の方々をご紹介していけたらと思っています。

どうぞお楽しみに☆

(参加者も募集中!自然栽培に関心のある方、「食」の安全を求めている方、ご来場お待ちしています)


 

さて、新年の投稿の際に「あれ?」とお気づきの方もいらっしゃったのではないでしょうか。

皆様にご好評をいただいている「奇跡のお酒」(画像:右側)の横にある、もう一つのお酒。

 

当会の認証品からまた一つ、新しい仲間が加わりました。

新登場です!

 

(*゚▽゚)/゚・:*奇跡のにごり酒「木村物語」*:・゚\(゚▽゚*)

 

昨年より、実行委員会メンバーに新しく参画された宮下酒造株式会社さん。地ビール「独歩」や、岡山大学で作られたお米から醸造したお酒「おお岡大」など、いろいろな種類のお酒を造っていらっしゃる研究熱心な会社です。

奇跡のにごり酒「木村物語」は、こちらの宮下酒造さんが醸造されました。

こちらの原料米は、「雄町」という酒米。なんと、飯米の「朝日」同様、在来品種であり、岡山県の奨励品種で、全国シェアの9割が岡山県産なんです! 酒米の中でも最高品種と謳われ、「山田錦」や「五百万石」といった有名酒米種のルーツにもなっています。(岡山って、お米の神様に祝福されているんですね!)毎年「雄町サミット」が開かれているくらい、県をあげて力を入れている酒米です。


「雄町」は「朝日」よりもさらに背丈が高く、倒伏に遭いやすいため栽培が難しいとされています。この「雄町」の栽培に、生産者リーダーの山田が試験的に挑戦。昨年の相次ぐ台風をものともせず、無事に宮下酒造の杜氏さんへ託すことができました。じつは菊池酒造株式会社さんの「奇跡のお酒」も雄町米にバージョンUPが始まっています。

 

白い淡雪のような乳白色の色、上品さとほのかな甘さが魅力の「木村物語」。飲みやすさは原料の自然栽培米ならではです。ぜひお試しください。

 

 奇跡のにごり酒「木村物語」720ml  2,100円(税込み)
 品名:清酒 

 原材料:米(岡山県産)、米こうじ(岡山県産米) 

 原料米の品種名:木村式自然栽培雄町米(岡山県産)100% 

 精米歩合:60% 

 容量:720ml 

 アルコール度数:14~15度

 

お買い求めは、株式会社木村ワールド オンラインショップにてどうぞ!

◎木村ワールド オンライン・ショップ

 http://www.kimura-world.co.jp/

◎奇跡のにごり酒「木村物語」のページ

 http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000019/

生産者募集ポスター『今年は、あなたの番です。』

今年度の生産者募集のポスターが出来上がりました!

 

『今年はあなたの番です。』

いままで悩んでいた方、二の足を踏んでいた方、ご安心ください。木村式自然栽培は、3年越すと生育が安定し始め、農薬・肥料を使わなくても美味しいお米を作ることができます。

5年目を迎えた今年は買い取り価格をUP、収穫量をさらに拡大していきます。安全・安心な食の供給を目指し「作って喜び」×「食べて喜ばれる」米づくりに参加しませんか。

5年目の木村式自然栽培は本気です。


米価が下がっている中で、すでにお知らせしている通り、当会では米の買取価格を1,000円上げ、生産者の皆さんの努力と誠意が報われる支援体制と、昨今の食材偽装等の問題で疑心暗鬼になりかねない消費者の皆様へ、安心して安定的にお米を供給できる仕組みづくり の双方を実現できるよう、需給調整やトレサビリティー、品質管理等の体制づくりに日々奔走しています。

 

この仕組みづくりの輪に賛同していただける農家の方々を募集しております。

2月1日の成果報告会で岡山県内の自然栽培の米づくりと流通体制の現状をご覧いただき、「これならできそうだ!」とご納得いただいた上で、ぜひ自然と生き物にやさしいお米づくりにご参加いただければと思います。お申し込み締め切りは、平成26年3月末までです。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

 

◎生産者募集のページはこちら ⇒ ★(click!)

◎よくある質問Q&A(新しくページを開設しました) ⇒ ★(click!)

 

 

岡山県自然栽培 成果報告会のプログラムの中身

とうとう当日を迎える前に満席となってしまった、成果報告会。本当にたくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございます。キャンセル待ちとなっている皆様には大変心苦しく、申し訳ありません。ギリギリまで調整にがんばっております。

ご来場者層は、生産関係者の方が多いことを予想していましたが、思いのほか消費者の立場にいらっしゃる方も多く、「食」への関心の高さがうかがえます。


さて、当日のプログラム内容をチョットだけご紹介。


会の前半は、昨年大変ご好評いただいた生産者の体験発表です。今回は次のようなテーマから、登壇いただく方を選ばせていただいています。皆さん「緊張しますが、お役に立てるなら!」とご快諾くださいました。

 ●女性生産者/草を制した

 ●農業経験ゼロからのスタート/まずは農地探しから

 ●ベテラン農家、慣行栽培から自然栽培へ転換しての手応え

 ●地域とのつながり

 ●反収5俵で成り立つ質のよい米をつくる決意  ・・・ほか

 

どのテーマも、自然栽培で農業をやっていくにあたり、皆さんが一番関心のある内容なのではと思います。このほかにも、桃の難波さん、そして、全国(世界!?)で初めて、県立高校農業科で自然栽培に挑戦したあの岡山県立興陽高等学校の生徒の皆さんにもお話いただきます!

そして、来賓にはナント!岡山県より木幡副知事が駆けつけてくださる予定です!!

昨年の来賓はJA岡山中央会の堀川前会長でしたし、今回もJA関係者の方々がたくさんお越しになります。岡山県の農業、一体どんなことになっていくのでしょうか!?

いろいろな立場の人が一堂に会し、これからの農業について考えるよい機会になることを願っています。(わくわく!!)

成果報告会、内容てんこ盛り(笑)

成果報告会は、ほかにも内容盛りだくさん!

我らが木村秋則さんからは、新たなステージへと向かいつつある木村さんの現在の想い、これからの展望などをお話いただける予定です。杉山教授からは、最近の東北地方の自然栽培圃場の状況や、昨夏サンプルとしてお持ち帰りいただいた岡山県内の圃場の土壌分析などについて、お話いただきます。

 

このほか、

*偶然の縁がつながって木村さんと出会い、木村さんのリンゴ園に養蜂箱を設置、リンゴの花の蜜を採取された養蜂家の方からのお話

 

*「発根促進機 かぶとえびくん」の開発をしている生駒ロボテックさんから、新製品の発表と開発秘話

 

*子ども達の給食に当会の認証米「朝日」を採用された、大阪堺市の幼稚園の園長先生からの子どもと食についてのお話

 

…盛りだくさんを通り越して、てんこ盛りですね^^;

自然栽培にたずさわっていると、なんだか皆さん、やる気満々&元気になるのでしょうか(笑)いろいろな方のお話を聞いて、ご来場の皆さんにも元気になっていただけると嬉しいです(^^)/