圃場巡回レポート2

自然栽培の恩恵の一つとして、レンゲが自生したことは多くの皆さんの関心を集めたようです。

こちらの圃場も満開のレンゲ!でも… 実はこちらは人為的に種を蒔いてしまったレンゲなんです。

 

圃場内をじっくり観察してみると、黒いアブラムシがレンゲの茎を覆っている様子が散見されました。

 

窒素過多になっている圃場に、さらに種を蒔くことによって咲いたレンゲ。この圃場とここへ生えている植物は、窒素が飽和状態になっていることが想像され、この窒素から生成される栄養分を求めて、このアブラムシのように虫が集まっていると考えられます。

この条件でこれから米づくりを始めるとすると、どのようなことが起きるでしょうか?

 

ここから先は、生産者がじっくり観察と考察を重ね、実践することを私たちは期待しています。最初からメリットとリスクをお伝えすることは積極的にはしていません。その代わり、即 認証外として梯子を外すようなこともいたしません。(場合によっては即 外されることもあります)

自然栽培の農家になるとは、トライ&エラーを繰り返すこと。そうした彼らの受け皿になれるNPOでありたいと、私たちは認証活動や生産者育成の方向性について、木村興農社からアドバイスをもらいながら今も学び続けています。

 

こちらは自然栽培に切り替えて2年目の圃場です。こちらはレンゲは全く生えていません。スズメノテッポウがびっしり生えています。

 

こちらは自然栽培3年目の圃場。草はほんの少しだけ。かなり乾いており、土も固めです。

***

このように、「自然栽培の朝日米」といっても圃場一つ一つに個性があり、そこで稔るお米の味も微妙にバラつきがあります。細かくいえば、一箇所の田んぼの中ですら、日当たりのよい部分とそうでない部分、湿っぽい部分とよく乾いている部分とで、その稲株から収穫されるお米の味は違います。

 

甘いお米、甘くないお米、硬質のお米、軟質のお米、粒が大きい・小さい 等々…このため、当会がご提供するお米は、いつも一定の味をご提供するために、すべての生産者のお米を集めてブレンドし、均一に調整してもらっています。岡山パールライスの厳しい衛生管理の下、長年のノウハウで確立された精米技術が、奥深い味わいを実現しています。「餅は餅屋」とはよく言ったもので、岡山パールライスさんの技術力、設備力は圧倒的なので、安心してお米を託すことが出来ます。自然栽培のお米がほかのお米と混ざらないよう、完璧な管理を引き受けてくださっている岡山パールライスさんにはいつも感謝しています^^

 

「日本の農業をダメにしたのはJA」とまでいわれてきたJAさんと農家の人が、仲良く田んぼ談義に花を咲かせ、そこへNPOと木村興農社がいる光景です。


売る人、買う人、作る人。自立した者同士が、相手の領域を侵すことなく、適材適所で自分の得意分野を発揮し、ミッションが終わればそれぞれの持ち場へ帰る。もう一度、農業をやり直そうとしている人たちの姿。名も無き人たちが、自らの名を挙げることもせず、誰の目に留まることもなく、偉業となり得ることをしようとしています。

 

理事長の高橋は言います。「近江商人の言葉を知っていますか。『売り手よし、買い手よし、世間よし』…売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手が喜び、さらに商いを通じて地域社会に貢献し世間に喜んでいただく。売り手と買い手だけじゃダメなんです。2~3の会社が潤うことは簡単なんです。でも、この取り組みはもっと大きなスケールで広がらないといけない。

 

そのためには、自分だけがノウハウを持ち出して一人勝ちしようとしたり、牽制し合ったり、買い叩きしたりせず、然るべき仕事をした人へは、然るべき経費・手数料を支払う。農家の方へ適正な金額で買取りを行う。農家の方にきちんとお米を拠出して頂くのも同じです。最初は少し窮屈かも知れませんが、そうやって皆が一緒に成長するんです。農業から再出発して、日本の経済全体が健全になっていかなくちゃいけない。

 

「自然栽培のものは体によさそうだし、すごく美味しいというのはわかったんだけど、特別に揃えている専門店まで買いに行くのは大変。ネットで買うのにも抵抗がある。その辺のスーパーで簡単に買えるようになってくれないかな…」

こうした世間の多くの要望に応えるためにも、まず生産量を増やさなくてはなりません。生産量が増えたとしても、それを引き受ける流通が充実していなくては売れ残ります。(木村さんはここにご苦労されました。)私たちは、広く流通に乗ることを願い、JAさんにも参画をお願いし、たくさんの企業にもお声がけしています。生産者さんたちが安心して栽培だけに専念でき、消費者の方々が安心して食材を買うことができ、そこへ関わる企業が社会貢献をしつつ利益を生む。その利益が個人へと再び還元されていく・・・

 

圃場巡回をしていると、いろいろなことを考えさせられ、これからの社会をよくしようと自分の出来ることで挑戦している方々との出逢いがあり、いつも充実した気持ちをいただきます。この仕組みには、既存の古いものを見直し新しい価値を見出すという、自然栽培の考え方そのものが宿っているように思います。皆さんもこの仕組み作りに参加し、応援してくださいませんか(^^)/

命のバトンタッチ

 

ここ岡山でも、そろそろ初夏の雰囲気が漂ってきました。春を謳歌していた植物たちも終焉を迎え、種子を作り始めています。春に美しい花を咲かせていた桃や梅も、ふっくらとした果実を膨らませていますよね♪ 自然界は、春から夏へとバトンタッチを始めたようです。

 

田んぼの畦に生えている野草たちも観察してみました。この真っ黒なもの、何でしょう?

カラスノエンドウの種子です。刈らずにそのままにしておくと、マメ科の植物らしく、ちゃんとサヤエンドウのような小さな豆になります。これを干してお茶にしたり、炒めておかずの一品にして食べる人もいます。このまま畑へ返すことで肥料にもなります。

 

豆になった後、黒く熟して鞘になります。しかもよーくご覧ください。鞘がねじれています!ねじれにねじれて、最後にはパーンッ☆って弾けて種が飛ぶしくみになっているんです。少しでも遠く、子孫を残そうとする植物たちの健気な作戦!

 


左はまだ種を飛ばすまで、あともうひといき!といったところでしょうか。右はすでに弾けたあとのようです。ねじれて鞘が真っ二つに割れています。面白いことに、しばらく経つとこのねじれはまっすぐに戻るそうですよ。余計なエネルギーは使わないのでしょうか。植物って本当に賢い!

鞘のねじれも、右巻きと左巻きがあるのでしょうか。皆さんの周りにあるカラスノエンドウの鞘は、どちら巻きでしょう?Facebookのアカウントをお持ちの方、Facebookにも同じものをエントリーしていますので、よろしければコメント情報お待ちしております(^^)/

アメリカフウロソウ(帰化植物)の鞘
アメリカフウロソウ(帰化植物)の鞘
ナガミヒナゲシ(外来種)の鞘
ナガミヒナゲシ(外来種)の鞘

ほかにもこんな植物たちを見つけました。

アメリカフウロソウ(左)は鞘の下から裂けていき、裂片を巻き上げた時に種子を弾き飛ばします。春にオレンジ色の小さなポピーのような花を咲かせるナガミヒナゲシ(右)は、花を終えると芥子坊主といわれる姿に変わり、機が熟すと種が出てくる窓を開きます。(黄色い矢印の部分)

どの植物の戦略も、本当によく出来ていますね。

 

こちらはおなじみ、モミジの種。プロペラ状になっています。竹とんぼみたいに遊んだよ!という方もいらっしゃるのではないでしょうか^^ 

 

少しでも滞空時間を長くするために、プロペラの下面と上面に生ずる気流の圧力差を作って小さな空気の渦(翼端渦を作ります。この力を「揚力」といいます。揚力を使ってくるくる回転しながら、モミジの種は風にのって旅します。パラグライダーも同様の原理を利用しているんですって。このプロペラ、虫眼鏡でよーく見てみると、トンボの羽根にそっくりなんですよ。

 

こうして見てみると、植物は人間の気づかないうちに、したたかな戦略で命のバトンをつなげていますね。除草剤を撒いていなければ、こうした植物たちの営みを見届けることができます。この週末はお散歩がてら、植物たちの健気なバトンタッチの様子を観察してみてはいかがでしょうか(^^)/

「奇跡の味噌」と「奇跡の甘酒」ができる場所へ

汗ばむ季節となってきましたね。これからジトジトと体調を崩しやすくなる時期に入ってきますが、「食養生」でしっかり体づくりをしておきたいものです。

・・・ということで、今回は総社市は美袋という所へ行ってまいりました!

岡山県総社市の美袋(みなぎ)は、吉備の山懐に抱かれた静かな町。鳥取県境から流れる清流高梁川は、この美袋を経て、岡山県西部高梁川流域を広く潤しています。美袋は備中松山(現 高梁市)への水路陸路の拠点として栄えてきました。

 

JR伯備線 美袋駅から徒歩1分のところに、まるみ麹本店さんがあります。まるみ麹本店さんは、当会の認証品「奇跡の味噌」を作っている会社です。最近、健康志向の高い方たちのあいだで、「『奇跡の味噌』がすごい!」という噂が広がっているそうなんです。カリスマブロガーさんにも紹介していただきました^^ 

月20万人が講読しているというカリスマブロガームラキテルミさんのブログ記事はこちら⇒★(click!)

 

まるみ麹本店さんが工場見学を開催するというお知らせをいただき、先日おじゃましてきました。

 

おじゃました日は、ちょうど若い2組のご家族もいらしていました。一組はパパさん+ママさん+赤ちゃん。もう一組は小学生の女の子+ママさん。2組とも関東からの移住者とのこと。「安全な食」に対するアンテナがとても高くて、見学途中で質問する内容がキレッキレ!

山辺社長直々のレクチャーをいただきながら、スライドを見たり、資料を見せていただいたりしました。植物が土に根を生やして生長するように、麹はお米を土壌にして生長します。その土壌であるお米の質が低下するにつれ、良い麹が作れなくなってしまった… それは、昭和の高度経済成長までさかのぼります。岡山ではちょうど水島コンビナートの建設が進んだ頃。多くの人がコンビナートへ仕事を求めて出て行くようになり、農家が専業から兼業へと変わっていった頃と重なります。

 

週末農家のために、効率よく栽培できる肥料、農薬、除草剤が重宝されるようになるのに合わせ、だんだん土壌や作物が酸化していったと考えられます。

 

麹がなかなか育たないことを危惧したまるみ麹本店さんは、試行錯誤を重ね、酸化したお米を元の自然な状態へ還元するために、味噌蔵の床下・壁・天井のすべてに備長炭を敷き詰め、マイナスイオンの発生装置をめぐらした環境で、麹と味噌を作るようになりました。

マイナスイオンと備長炭で有害物質が除去され、本来の生命力に戻された大豆や米。余計なものがデトックスされているというわけなんですね!何かを「足し算」するのではなく、「引き算」する考え方は、自然栽培により近いのではないでしょうか。うまく行かないときには人間はとかく「何をすればいいんだろう?」と考えがちですが、「何をしないのがいいんだろう?」という考え方がすぐに浮かぶ人はあまりいないのではないでしょうか。

昭和の時代からすでにこのような考え方で環境を標準化なさっていたなんで、まるみ麹本店さんのこだわりと覚悟はタダモノではありません!まるみスタンダード、凄いです!


フィルターの交換日を几帳面に記録してあります。工場内も整理整頓されていて、5S活動(整理・整頓・掃除・清潔・躾)が行き届いていました。

 


お味噌が熟成されている蔵です。この蔵も床下、壁、天井ぐるりと備長炭が厚く敷かれているそうです。生産者の皆さーん!ちょっとココ見てください!木村式自然栽培のお米で作った「奇跡の味噌」はここで眠っていましたよ~。当会のお米の味噌がこんなにも大切にされているなんて、幸せな木村式自然栽培のお米たちを思うと、嬉しくて涙が出そうでした…(T_T)

「奇跡の味噌」お買い物ページへGO!

 

このお味噌、これだけ手間隙がかかっているので当然なのですが、主婦としては「うっ」と一瞬躊躇してしまいそうになるお値段。でも、チョット冷静になって考えてみると、下手な化粧品をペタペタつけてアンチエイジングに走るよりも(笑)、良いものを食べて、体の中から美しく健康になるほうがずっと良いと思いませんか?高級美容液に比べたらお安いです!w

 

いつも買うのは大変でも、時々自分へのご褒美に、ちょっとしたお土産に、こういうお買い物の仕方ってオススメです。

「奇跡の甘酒」お買い物ページへGO!

そして、まるみ麹さんの商品から新たな認証品が誕生です!

 

奇跡の甘酒/です!!

 

当会認証の木村式自然栽培米「朝日」100パーセント使用。玄米タイプと白米タイプの2種類が登場☆実店舗やイベントなどで試験的に販売して、消費者の方からの反響を長くリサーチしてまいりましたが、ここで晴れて、当会の認証品としてご紹介できることになりましたーーーー\(^〇^)/

 

甘酒は腸内環境を整え、美白効果があり、頭皮にも良いとされ、豊富なビタミン群やブドウ糖が含まれているので「飲む点滴」といわれています。甘酒といっても、お米を麹で発酵させたものでノンアルコールなので、お子様にも安心して召し上がっていただけます。

旧暦では季節はすでに「仲夏」― 昔は冷やしたものを暑気払いに飲む習慣があったという甘酒。俳句の世界では「甘酒」は夏の季語となっています。これからの季節にぴったりですね。甘酒を使った手作りスィーツも美味しいですよ!ぜひ一度お試しください。

 

▼お求めは木村ワールドのオンラインショップへどうぞ(^^)/

http://www.kimura-world.co.jp/

 

▼奇跡の味噌のページはこちら

http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/003000000001/003/O/page1/order/

 

▼奇跡の甘酒のページはこちら

http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/ct11/

「触れる地球」

今日は、TEDxKids@Chiyoda様から許可をいただき、興味深い動画をご紹介。21分ほどおつき合いください。「触れる地球」です。

京都造形芸術大学教授の竹村真一教授が発案した、世界初のデジタル地球儀。ウェザーニュースやJAXAなどの専門家から送られたデータベースを、この地球儀の内側のプロジェクターへ投影させ、地球を”見える化” しています。

この動画を拝見していると、私たちの住む地球が ”生きている” ことがあらためてわかります。自然栽培の界隈で微生物の存在が重要視されてきていますが、私たち人間自身も宇宙の大きな視点からみれば、微生物のような存在であることが感じられます。

木村秋則さんの著書には、UFOや宇宙人のお話が出てきて、ときに「眉唾モノ」と捉えられてしまう場面を見ることがありますが、それでも木村さんが宇宙の お話をし続けるのはなぜか?竹村教授のお話を聞いていると、何となくわかるような気がしてきます。そして、どこかやさしい気持ちになってきます。


▼TEDxKids@Chiyoda
http://tedxkidschiyoda.com/

▼NPO法人Earth Literacy Program
http://www.elp.or.jp/

▼触れる地球
http://www.tangible-earth.com/