お待たせしました\ 奇跡の桃 / 一般予約開始です!

なんば桃園の「清水白桃」(昨年度収穫時)
なんば桃園の「清水白桃」(昨年度収穫時)
木村式自然栽培の果実は比重があり、水に沈むものも!
木村式自然栽培の果実は比重があり、水に沈むものも!

今年の春、視察に訪れた木村秋則氏
今年の春、視察に訪れた木村秋則氏
草との共生環境の中でたくましく育っている桃の木
草との共生環境の中でたくましく育っている桃の木

今年も木村興農社指導による、なんば桃園さんの木村式自然栽培の桃が順調に生育しております。
「えぐみのないスッキリとした爽やかな甘さ!」
と好評をいただいておりますが、年を追うごとに桃のクォリティが上がってきており、今年度は、桃の状態によって3 種類の商品ラインをご用意しました。

 

◆品種のご説明━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【清水白桃】
我が岡山県が誇る、代表品種。その名の通り、熟しても果皮も果肉も白く、大変美しい桃として知られています。多汁で香りも甘さも秀でています。

 

【おかやま夢白桃】
2005 年に岡山県が発表した新しい品種です。糖度が高く、通常よりも果肉がしっかりしています。病害虫も少なく(前年度実績)、自然栽培に向いた品種として当会も注目しています。


◆商品ラインのご説明━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・・・見た目、大きさによる区分けです。味はいずれも同じです。

 

【プレミアム品】:2kg/6~8玉入(清水白桃、おかやま夢白桃、各限定10 箱まで)

キズやヨゴレなどもなく、大きさ、形ともに申し分のない桃をご用意しました。

木村興農社の木村秋則氏、熊田浩生氏より直々の指導を受け、3年間技術を磨いてきた生産者難波朋裕氏自ら選定した、選りすぐりの桃です。特別な方へのご贈答にぜひどうぞ。

 

【特選品】:2kg/6~8玉入
こちらも美品の桃をご用意しました。キズ、ヨゴレなどは少なく、贈り物としても十分満いただけるものをご用意いたします。夏のご贈答にぜひご利用ください。

 

【ご家庭用】:2kg/6~9玉入
ある程度のキズ、ヨゴレ、小さな虫などが入る場合がありますが、品質に影響があるものではありません。ご家族、お身内の皆様でお楽しみいただける美味しい桃です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NPO会員の皆様への先行予約が完了しましたので、7月2日より一般予約を開始いたします。

お届けは7 月下旬~8 月中旬の予定となります。
ご予約に際しましては、注意事項がございますので、オンラインショップの記載事項をよくご確認のうえお申し込みください。
全国的にも貴重な木村式自然栽培の桃。
年に一度のまたとないこの機会にぜひご検討ください。

▼なんば桃園 岡山県産木村式自然栽培の桃 一般予約のページ
http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/007/O/

木村式自然栽培の桃 ご家庭用サイズ完売のお知らせ

 

たくさんのご予約を頂戴しております、なんば桃園さんの木村式自然栽培の桃。
おかげ様で、ご家庭用シリーズは予定数量に達しましたので、締め切らせていただきます。ご注文くださった皆様、ありがとうございます。商品発送まで、今しばらくお待ちくださいませ。


プレミアム品、特選品につきましては、引き続き受け付けております。

http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/007/O/

 

プレミアム品、特選品、少々お値段が張っておりますが、「贈り物をもらい慣れているあの方に、これなら喜ばれそう!」「お祝いだからちょっと奮発してみよう」「自分へのご褒美に。これを楽しみにお盆までお仕事がんばるぞ!」…このようなケースでご予約いただいております^^ 大切なシーンで木村式自然栽培の桃をご所望頂いていること、とても嬉しく、光栄です!


今年は岡山では台風の影響もなく、桃の木たちが実の充実へ向けてがんばっています。昨年度に比べて実の自然落下も少なく、樹木自身のバランスが取れてきて いるようです。なんば桃園の皆さんが毎日、汗だくで木のお世話を続けてくださっている賜物ですね。難波さんより「水分、糖度、申し分のない順調な生育を見 せてくれています!」との嬉しい報告が入っております。

自然栽培の特徴でしょうか、難波さんの桃には、エグミのない爽やかな甘さがあります。

甘~いものを食べた後、口の中が甘ったるくなってお水やお茶を飲みたくなるとき がありますが、この桃にはそのようなしつこさがありません。つるっと食べられちゃいます♪爽やかさと甘さって共存できるんだ!と、初めて食べた時にはとても新鮮でした^^

 

自然の力×生産者の愛情×皆様からのご支援によって実現している、調和のとれた木村式自然栽培の桃。ぜひ多くの方にこの瑞々しさを味わっていただければと思います(^^)/

まもなく発送!収穫直前のなんば桃園へ

岡山県内のデパートやスーパーでは、すでに所狭しと岡山名産の白桃が販売され始めています。

まだかまだかとお待ちかねの木村式自然栽培の桃は、どうなっているでしょう?

収穫直前のなんば桃園さんへ行ってまいりました^^

ジャジャーン!袋から出して見せていただきました♪ 実の重みで枝が垂れ下がっています!
ジャジャーン!袋から出して見せていただきました♪ 実の重みで枝が垂れ下がっています!

通常の桃と違い、木村式自然栽培はゆっくりじっくり生長しています。難波さん曰く、

「熟すギリギリまで収穫しないようにしています。今はまだ青いので採りません」

 

―早目に採って、追熟させればいいのでは?

難波さん 「木から外してしまったら、実は熟しますけど、糖度が上がらないんです」

 

―ああ!だからカラスの食害に遭う前に早目に採っちゃえば…という考えもNGなんですね!

「そう、熟す直前まで落下しないでしぶとく木に掴まっているのが、木村式の真骨頂なんですよ!」

 

「まだ僕は勉強中だから…」と、ご自身で身に着けた技術や発見を自慢げに披露されない難波さんですが、木村式自然栽培を着実にご自分のモノにしているようです^^

ちなみに、他県では文字通り桃色に色づいた桃が普通なのだそうですね。私たち岡山県人にとって、桃といえば「白桃」…ほんのりピンクがかった白い桃が当たり前なんですよ。上の写真のように、収穫するまでずっと袋をかけて日焼けをしないように育てます。お姫様のように大切に、優しく優しく(〃⌒ー⌒〃)


この日は、当会の認証店でもある地元スーパー、ニシナ百貨店のバイヤーさんが視察に訪れていました。理事長の高橋と難波さんとで、通常の栽培と木村式とはどう違うのか?を実際の木や土を見ながら解説しました。難波さんの桃は今や、あちこちからオファー続出となっています。

 

少しでも多くの方に行き渡れば…と、自然落下のためにダメになってしまう実を救うために、今年は一つ一つにネットをかけてくださっていました。さぞ手間がかかったことでしょうね。なんば桃園の皆さん、ありがとうございます。

木村さん曰く、「あと数年でネットをしなくても落下しなくなるよ」だそうです。木村さんには何でもお見通しなんですね。スゴイ!

ダメになった桃は果汁を搾って⇒
ダメになった桃は果汁を搾って⇒
⇒発酵させて虫のトラップ用にします。木村さん直伝!
⇒発酵させて虫のトラップ用にします。木村さん直伝!

このように病害虫でひどくダメージを受ける桃は少なくありません。通常の桃栽培でも、桃は少しでも乱暴に扱うと表面に傷やシミがつき、商品としては出せなくなります。桃は非常にデリケートな果物なんです。ロスが大変多くリスクが高いため、桃農家さんでも後継者不足が悩みとなっています。ただでさえ大変な桃栽培なのに、農薬も肥料も使わずに育ててくださっているなんて、よくぞ自然栽培を始めてくださいました。ぜひ買い支えで応援してあげたいですね。

少しわかりづらいかも知れませんが…

手前右の木は、かなり年数の経った木を大胆にノコギリを入れて若返りを果たしたもの。太い幹から若く細い枝が伸びているのがわかるでしょうか。今年はその若枝から、少し実が生りました。

奥左の木は、現役バリバリで少しずつハサミの入っている木です。手前の老齢の木に比べて、しっかり実をつけていますね。

 

慣行栽培から自然栽培へ移行させている木とは別に、苗木から自然栽培で育っているチビちゃんたちもすくすくと育っていました^^ 樹姿もバランスよく、叢の中でも元気そうですね。

「普通、こんな草だらけの桃畑なんてあり得ませんよねぇ^^; 」とバイヤーさん達は苦笑い。「いやぁ、ホントにすごい…!」と驚かれていました。

 

木村さんの夏のリンゴ畑を知っている方が、この草だらけの桃畑をご覧になって「この草、あり得ん。でも木村さんのリンゴ畑と一緒だ!」と仰っていました。この画像に写っている草はヨモギです。この時期にふさわしい植物相をこの畑が呼んでいるのでしょうね。

 

 

さて、いよいよ今週からなんば桃園さんの木村式自然栽培の桃の収穫が始まります!ご予約いただいている方、先着順に随時発送してまいります。

天候や病害虫の影響を非常に受けやすい桃は、適期を見逃さないよう、収穫した傍からどんどん箱に詰めて発送しているため、お届け日時のお問い合わせに対応できません。「注文したら翌日○時に届く」というイマドキの人間都合のキッチリ・カッチリした通販とは違い、常に自然と相談しながらなのが自然栽培です。このような販売形態で恐縮ですが、「おとなしく待っててよかったー!」と言っていただけるような美味しい桃をお届けできると思いますので、どうぞお楽しみに!

あ・の・蜂蜜がついに…!

中四国エリアのNHKニュースでも取り上げていただき、難波さんの桃の人気が止まりません!おかげさまで、とうとう「清水白桃」プレミア品も完売いたしました。只今、ご提供できる商品は以下の3点となりました。

 

▼「おかやま夢白桃」プレミアム品

http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000022/007/O/page1/order/

▼「清水白桃」特選品

http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000023/007/O/page1/order/
▼「おかやま夢白桃」特選品

http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000024/007/O/page1/order/

 

こうして多くの皆様に自然栽培の商品を買い支えしていただくことで、初期リスクを負いながらも自然栽培に挑む農家の皆さんが報われ、また彼らに続く後継者が生まれ、自然栽培が着実に普及していきます。ご支援いただき心より御礼申し上げます!

 

*****

さて、桃のHOTなニュースの真っ最中ですが、さらに嬉しいニュースを^^

初めまして。 あ・の・蜂蜜です♪
初めまして。 あ・の・蜂蜜です♪

NPO会員の皆様へ配信しているメールマガジンでも速報でお伝えしていました、あ・の・蜂蜜がついに登場です!あ・の・蜂蜜…そう、あ・の・蜂蜜です!

種も蒔いていないのに、自然栽培の田んぼに自然に咲いたレンゲ。

この認証田で自生したれんげの花から、今年もほんの少しだけ採蜜することができました。

 

この蜂蜜を、NPO会員の方限定で、お分けできることになりました!           

 

エグミのないやさしい甘さ、透明感のある薄い蜂蜜色は、木村式自然栽培ならでは。

取り組みの中で、れんげは土壌バランスが整ったとき初めて自生すること、また田んぼに窒素が行き渡ると咲かなくなることなどが少しずつわかってきました。またれんげは、水はけのよさと共に湿度も同時に適度に保たれ、弱酸性の土壌を好むといわれています。自然界のバランスが絶妙に整った時にのみ出現する自生のれんげ。木村秋則さんはこれを「田んぼがれんげを呼んだんです」と仰いました。まさに奇跡。

天然のビタミン、ミネラル、アミノ酸、有機酸、酵素など、健康にも美容にも有効な成分が豊富で、しかもバランスよく含まれている蜂蜜。

 

養蜂家 奥村 博さんは「どんな高価なサプリメントよりも、この蜂蜜をスプーン1杯飲むだけで充分。この蜂蜜は普通の蜂蜜ではありません。滅多に採れるものじゃないんです。これは自然界からの素晴らしい贈り物です!」と大絶賛。

 

【ご注文について】

ご提供できる本数は69瓶です。数に限りがあるため今回はNPO会員様限定で、なくなり次第終了となりす。今年度の会員手続きを完了したNPO会員の皆様へ詳細なご案内と注文書を郵送いたします。(メールやインターネットからのご注文はお受けしていません。ご了承ください)これから発送準備に入りますので、今年度会員のお手続きがまだの方はぜひお急ぎください

 

自然界からの素晴らしい贈り物、ぜひお試しいただきたいです(^^)/