『奇跡のお酒』が雄町と朝日の二本立てに!

木村式自然栽培米で醸したお酒で人気の『奇跡のお酒』シリーズ。
この『奇跡のお酒』の原料米が、「雄町米」と「朝日米」の二本立てで販売されることが決定しました!

昨年12月に原料米を酒米である「雄町」に切り替えたところ、「朝日の奇跡のお酒も欲しい!」というご要望が続いたため、醸造元の菊池酒造株式会社さんより、「雄町」に加え、引き続き「朝日」でも造っていただけることになりました!

 

--------ここでチョットお勉強 『飯米』と『酒米』って違うの?---------

 

『飯米』・・・いわゆる“ ご飯 ” として食べられているお米

『酒米』・・・お酒の原料として最適なお米 正式には「酒造好適米」という

お酒を醸造する際は、お米を削ってお米の中心にある「心白」と呼ばれる部分を出します。お米は、表面に脂質やタンパク質が多く、中心へいくほどデンプン質が多く含まれています。お酒は麹菌をデンプンへ付着させることで糖に変え発酵させていきますので、心白の部分が大きいお米は麹菌が活動しやすく、お酒を造るのに最適なんです。ちなみに、脂質やタンパク質が多いと、お酒に雑味が出てしまいます。このため酒米は、粒が大きく、脂質やタンパク質の含有量は少なめ、そして削ったときに砕けないだけの粘りがあることが求められます。

「朝日」・・・通常は飯米/粒が大きいので酒米としても使えます

「雄町」・・・通常は酒米/飯米として食べられない訳ではありませんが冷めるとポソポソする
 ※「雄町」も岡山県に保護されている在来種なんです。だから自然栽培との相性は抜群!

 

--------お勉強終わり---------


現在、『奇跡のお酒』は国内はもとより、海外へも進出しています。
昨年のアメリカ(ニューヨーク)を皮切りに、オーストラリアへも輸出が始まりました。海外は今、和食ブームに 乗って日本酒が注目されています。特に『奇跡のお酒』は海外のインポーターからも「フルーティーで華やかな香り。まるでワインのようだ」と評価が高く、出荷制限をしなくてはならないほどの人気ぶりを見せているとのこと。醸造元の菊池酒造株式会社さんからご報告いただきました。

テレビ東京「未来世紀ジパング」2015.3.9放送時の1コマ左が酒サムライ:ビショップ氏
テレビ東京「未来世紀ジパング」2015.3.9放送時の1コマ左が酒サムライ:ビショップ氏

----ここでチョット小ネタ情報-----


2015年3月9日(月)放送のテレビ東京
「未来世紀ジパング」に

『奇跡のお酒』が一瞬だけど登場!



番組の中で、オーストラリアでは今、日本酒人気が沸騰していると紹介されていました。オーストラリアの日本酒輸入量はこの5年で2倍の伸び!

日本酒人気の仕掛け人で、「酒サムライ」の称号を与えられているアンドレ・ビショップさんは、メルボルンに日本酒バーを開店したほどの日本酒通。 ビショップさんは日本酒を広めるために、日本酒のセミナーを開いたり、レストランを回って日本酒を紹介したりしているとか。このビショップさんが放送中に手にしていたお酒がナント、『奇跡のお酒』なんです!!


番組の中では、お酒の名前は紹介されることもなく、ほんの数秒チラっと見えただけだったようですが、これを見逃さなかった視聴者さんっているものなんですね。早速、番組後にご注文が入りました!

 --------小ネタ情報終わり---------

 
というわけで、『奇跡のお酒』雄町も朝日も、どちらもぜひご愛飲くださいませ
もうすぐ父の日ですので、プレゼントにいかがでしょう(^^)/
▼『奇跡のお酒』ラインナップはこちらのページ
http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/002/O/

自然栽培の焼酎『木村物語』で梅しごと♪

6月、そろそろ梅雨入りの声が聞こえてきましたね。スーパーでは梅が出回り始め、保存食づくりの季節がやってまいりました。

梅が収穫されたら、今年はぜひともやってみたい!と密かに楽しみにしていたのが、奇跡の焼酎『木村物語』を使った梅酒づくりです!!


酒税法により、お酒を造る場合には届け出が必要ですが、例外として家庭で楽しむための個人で造ることが許可されている果実酒があります。造ってもよい果実酒とは・・・

*漬け込むお酒のアルコール度数が20度以上であること

これなら、焼酎でもウィスキーでもウォッカでもいいそうです。

 

宮下酒造さんの焼酎『木村物語』は、当会認証の木村式自然栽培「雄町」で醸した焼酎で、アルコール度数は30度。焼酎の中でも高めの度数です。(通常は25度のものが多い)ちなみに梅酒によく使われるホワイトリカーは35度だそうです。

 

焼酎『木村物語』は自然栽培米が原料なだけに、「焼酎にしては上品」「臭みがなくてで飲みやすい」との評判をいただいているのですが、これで梅を漬けたらきっと上品で芳醇な梅酒になりそう~!と、準備してみました。

 

写真の梅は放置状態の木に自然に生ったものなんです。ですから肥料や農薬は使っていないとはいえ、剪定や土のお世話をしていないので「自然栽培」とは言い難く、「放置栽培?」の梅なのですが(笑)、これを漬けてみました。自然栽培の梅があればぜひ探してみてくださいね。

 

ついでにこんなものも仕込んでみました。

ドクダミの花を焼酎に漬け込んだものです。虫刺されによいといわれている、昔からのおばあちゃんの知恵袋的なチンキです。

 

清潔な瓶にドクダミの花を入れ、焼酎をトプトプと注ぐだけ。1ヶ月くらいして花が茶色になってきたら、濾して出来上がりです。

 

ドクダミのほかにも、ヘビイチゴを漬けるご家庭もあるようです。ドクダミもヘビイチゴも、一度根づくとはびこるので雑草扱いですが、虫の多くなる季節に合わせるように出現するなんて、自然の摂理とは本当によくできていると思いませんか。

奇跡の焼酎『木村物語』は、今年初めて造られたこともあり、限定300本での販売となっています。そろそろ少なくなってきているようですので、たくさん果実酒をつくりたい方はお早目にどうそ(^^)/

 

▼奇跡の焼酎『木村物語』購入サイトはこちら

http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000031/ct14/page1/order/


▼宮下酒造さんの『木村物語』シリーズ

http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/ct14/


▼菊池酒造さんの『奇跡のお酒』シリーズ

http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/002/O/


合わせてどうぞ~(^^)/

お田植え祭 今年も盛会!

梅雨の真っ只中にも関わらず、お田植え祭は晴れの一日。さすが「晴れの国おかやま」!

今年も本当に大勢の皆様にお集まりいただきました。多すぎて道にはみ出してしまうほど。もしかすると、来場者数を更新したかも知れません…!

当会 理事長の高橋より、ご来場のお礼とご挨拶。

 

▼そして、今年は素敵なサプライズゲストが・・・

衆議院議員のあいさわ一郎氏です!岡山選出のあいさわ議員は、かねてより自然栽培の取組みへ関心を寄せてくださっており、当会設立の頃から応援していただいています。このたびご縁がつながり、お田植え祭へお越しくださいました。

じつは先日も、生産者さんを招いての懇談会と圃場の視察へご案内したばかり。生産者さんの声を直に聞き、田んぼまでお出でくださる方はそういません。

あいさわ議員の奥に見える御髭の方は、美術作家の高橋 秀先生!
あいさわ議員の奥に見える御髭の方は、美術作家の高橋 秀先生!

 

「来賓とご紹介いただきましたが、私は地元岡山でこのような取組みが広がっていることを応援したいと思う、皆様と同じ仲間です。いい意味で政治家として何か応援できることがあればと思っています。」とのエールを送ってくださいました。

 

私たちは日頃から、「自然栽培」が農林水産省が推奨している環境保全型農業の範疇に入るのではないかとの思いで、普及活動に取組んでいます。生物多様性を保全し、自然の恩恵を将来にわたって受け続けるためには、市民、ビジネス、行政などの主体があらゆる意思決定の場面で、これらの価値を反映していくこ とが必至です。いろいろな立場の方に関心を寄せていただけることはありがたいこと。ここでまた心強いお仲間が増えました!

あいさわ議員が、ご自身の公式Twitter にも応援メッセージをUPしてくださいました。

(アカウントをお持ちの方、よろしければリツィートやお気に入りをぜひ^^)

祝詞は岡山パールライスの長瀬社長に。当会のお田植え祭は宗教色はまったくありません。いつも仲間の誰かが、こうして役割分担し、皆で豊作祈願をしています^^

当会副理事長菊池が、田んぼの神様にご挨拶の言葉を。皆も唱和しました。

そして、今年はお手植えをしました!設立初年度以来、久し振りのお手植えです。じつは当日の朝に、お手植えをすることが決まりました(笑) にも関わらず、「やりたーい!」「私もー!」とたくさんの方が裸足になって田んぼに入る入る!

生産者の皆さんはお手のモノ!
生産者の皆さんはお手のモノ!
菊池社長も~!
菊池社長も~!
老若男女、たくさんの人たちがワイワイと苗を植えました。もちろん、木村式の苗は1本植え!
老若男女、たくさんの人たちがワイワイと苗を植えました。もちろん、木村式の苗は1本植え!

お田植え祭のあとは、お待ちかねの早苗饗(サナブリ)です。サノボリともいいます。田植え終了後のお祝いのことを言います。「サ」には田の神様の意味が込められているんですよ。

詳しくは当会の過去のBlog をご覧ください。 ★農耕と桜(click!)

すし遊館 謹製、当会認証の木村式自然栽培米「朝日」のバラ寿司です。具に岡山名産のママカリやサワラが入っています。このほかにも瀬戸内の海の幸がたくさん!

宴では、お一人ずつ自己紹介も。▲こちらの方は、老舗百貨店、高島屋のバイヤーさんです。「ずっと、皆さんのお米を販売させていただきたいと思っていたので今日はとても嬉しいです!」とこれまた嬉しいメッセージ。今年、当会のお米は高島屋さん専用の商品ラインを作り、販売される予定です!こちらもどうぞお楽しみに(^^)/

岡山県内はもちろん、大阪、高知、愛媛など、県外からもたくさんの皆さんがお越しくださいました。消費者、生産者、流通業者が一堂に会し、美味しい自然栽培のものを飲んで食べて、和気藹々とした楽しい宴が繰り広げられました。きっと田んぼの神様も喜んでくださっていることでしょう(^^)

 

平成27年度は、ついに登録農家100戸を突破し、 約70haの圃場でスタートします!

皆様からのご支援、今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

ジャンボタニシ対策、どうしてますか?

ジャンボタニシの卵。有毒なので注意!
ジャンボタニシの卵。有毒なので注意!

夏至も過ぎ、ほとんどの圃場で田植えが完了した頃でしょうか。ホッとするのも束の間、いよいよ草と暑さとの闘いの火蓋が切って落とされました…!

生産者の皆さん、お疲れ出ませんように (-人-)

 

さて、毎年のように西日本を中心に発生しているジャンボタニシの食害。岡山県南でも、今年もジャンボタニシが登場しています。

 

ジャンボタニシはスクミリンゴガイとも呼ばれている外来生物。食用として国内に持ち込まれましたが、需要が伸びずに廃棄処分されたものが定着してしまいました。

 

通常は薬で駆除しますが、もちろん自然栽培ではご法度!対策の一部をご紹介します。


【まずジャンボタニシを知ろう!】

日本在来のタニシの一つに、ヒメタニシがいます。外来のジャンボタニシと、在来のヒメタニシで比較してみましょう。(本来はジャンボタニシはタニシ科には分類されていないのですが、同じ水田にいる巻貝として、双方を比較します。)


ジャンボタニシは・・・

 1)えら呼吸と肺呼吸の双方ができる。(ヒメタニシはえら呼吸のみ)

 2)ほふく運動と遊泳ができる。(ヒメタニシはほふく運動のみ)

 3)水中と陸上で活動できる。(ヒメタニシは水中のみ)

 4)ジャンボタニシは柔らかい有機質のものを好んで食べる傾向がある。

 5)摂食方法はジャンボタニシは刈り取り食のみ。(ヒメタニシは刈り取り食・堆積物食・濾過食の3通り) ⇒ヒメタニシは1箇所にとどまっていても複数の食料確保が出来るわけですが、ジャンボタニシは刈取っては次へ次へと移動するため、高い活動性を備えたんですね。

 

【予防線を張れ!】

ジャンボタニシは耐寒性がないので、冬越しさせないよう、冬のあいだに用水路の水を切っておきましょう。水を引く時にも、水口に網などを仕掛けて、田んぼへの侵入を防ぎます。
田土の中で越冬するものもいるので、 耕起して掘り返し、寒さに充てる人もいるようです。(ただし、木村式では頻繁な耕起は奨励していないので、ご自身の圃場の性質や都合をよく考えてみてください)

 

また、ジャンボタニシの卵は水中では孵化できません。そこで、卵のうちに水の中へ落としてしまいます。

 

【ジャンボタニシが活動し始めたら…】

2)から考えられる工夫

●遊泳ができるので、深水にするとジャンボタニシが活動しやすくなります。かといって浅水にすると、ほかの草が光合成をして繁茂してしまう。…この矛盾をいかに上手にかわして水の管理をするか。このさじ加減が、生産者の腕の見せ所です!

 

●田んぼが凸凹になっていると、深いところでジャンボタニシが活動します。つまり、代掻きのときに丁寧にならしておかないといけないということですね。(当会の生産者さんには、JA説明会で既にお話しています。皆さーん、大丈夫ですか~?)

 

4)から考えられる工夫

●初めからしっかりと育った苗(大苗)を植える。

●苗に行かないよう、おとり(?)になるやわらかいエサで誘引する。

⇒野菜くずや段ボールなどを隅に置いておくと、ジャンボタニシはそちらへ食いつきます!

食害されて苗がなくなってしまった所
食害されて苗がなくなってしまった所
段ボールも食べちゃうんです!
段ボールも食べちゃうんです!

【共存共栄の道もある】

ある程度苗が生長して固くなると、ジャンボタニシは苗には目もくれず、周囲に生えているやわらかい草ばかりを食べるようになります。こうなると、ジャンボタニシは恰好の除草隊に!上手につきあえば、農家のよき相棒となってくれるんです。ここから、ジャンボタニシのことを「稲守貝」と呼ぶ地域もあるそうです。実際当会には、ジャンボタニシをうまく利用して、一度もチェーン除草をしたことがない生産者さんもいます


そもそも、なぜチェーン除草をしなくてはいけないのでしょう?

苗が育ちやすくなるように、手助けしてあげる必要があるからなんですね。言い換えれば、その必要がなければ、チェーン除草はしなくてもいいんです。コナギやヒエが生えても、稲の方に力があると判断し、除草しない人もいます。チェーン除草は必ずしなくてはいけないわけではないんですね

 

かといって、「自然栽培だから自然のまま、そのままに…」というのも自然栽培的ではありません。それが「放置」となっていないかを見定める必要があります。木村さんはかつて、「“子どもは自然に育つ” からといって、生まれたての赤ちゃんを放っておく親はいないでしょう?」と仰っています。

 

「自然という無為」と「栽培という有為」の対峙関係をどのようにバランスするかが、木村式自然栽培のキモとなります。(※1)

 

木村さんが伝えているノウハウや当会が登録生産者さんに配布している手引きは、その通りにしなくてはいけない農法≒規律なのではなく、あくまでもガイドラインだということをいつも念頭において、田んぼや苗、そして周辺のさまざまな環境と対話をしてみてください(^^)

 

※1 このことから、私たちは「自然農法」ではなく「自然栽培」と呼んでいます。

※2 「除草してくれるなら!」と、ジャンボタニシを持ち込むのは絶対NGです!

生態系を壊し、近隣の田んぼに迷惑がかかりますので、やめてください。
ジャンボタニシは
環境省の要注意外来生物リストにも入っています。