嬉しいニュース!

元気をいただく嬉しいニュースが飛び込んでまいりました!

当NPOの先輩でもある、自然栽培を推進しているJAはくいと羽咋市が、自然栽培推進へ向けて「農業振興に関する協定」を結ばれたそうです。

自然栽培実践塾@はくい様 公式Facebookより
自然栽培実践塾@はくい様 公式Facebookより

協定に盛り込まれている内容は、現場の声としてかねてより当会へもリクエストされているものもあり、日頃から各方面へ協力の依頼を続けています。当会も、面的な広がりは進んでいますが、今後その中身の充実、細やかなケアを怠ることのないよう、課題としています。

先日も、関係団体の方に「多様性のある農業の選択肢の一つになり得るか、自然栽培のこれからが注目されている」と激励されたばかりなんです。先日の収穫祭でいただいた県知事からのご祝電の中にも、「多くの方たちに実感できる体制になることをお願いしたい」という表現がありました。これまで順調に進んでいるからといって、私たちはその実績に胡坐をかいていてはいけないということでもある…と背筋を正しました。

記事のような動きが岡山でも加速されることを願ってやみません。稲刈りも終わりに近づき、当NPOも次年度へ向けてすでに動き始めています!全国で広がっている点と点がつながっていくのも、そう遠いことではなさそうですね。遅れをとらないよう岡山もがんばります(^_^)/

陰陽のお料理「重ね煮」と新米でレッスン♪

平成27年度産「朝日」の新米が、続々とJAへ出荷されています!

今年も生産者の皆様のおかげでピカピカのお米が集まっています。

JAへ集まったお米は、検査員の方による検査を経て、木村式自然栽培米としての認証 が付与され、めでたく袋詰めとなります。現在、JA・全農・パールライスさん×NPOの連携で、スタッフは目が回るほどの忙しさ!

今月下旬には流通の目処が立ち、まずは一年間ご支援いただきましたNPO会員の皆様を皮切りに、ユーザー企業様、一般のお客様・・と順次オープンしてまいります。NPO会員の方には、そろそろ年間予約の注文用紙がお手元に届いている頃かと思います。オープンまであと少しですので、楽しみにしていてくださいね!

「もっと早く食べたい!」という方・・ 1つだけよい方法がございます。(ここから宣伝・笑)

※やさい食堂こやまさんより 画像使用の許可をいただきました♪
※やさい食堂こやまさんより 画像使用の許可をいただきました♪

やさい食堂こやま の小山津希枝先生による料理教室、いよいよ11月21日(土)まで1週間ほどとなりました。この日のレッスンでは、新米をご用意できることになっております!一日も早く「朝日」の新米が食べたい~という方は、11月21日(土)に召し上がれますヨ\(^ ^)/

やさい食堂こやまさんのお料理といえば、「重ね煮」が有名です。
重ね煮とは、野菜の旨味を最大限に引き出す調理法で、東洋では、すべてのものを「陰」と「陽」にわけると考えられていますが、食材にも「陰」と「陽」があるとされ、食材を陰陽順に並べて少量の水と塩を入れて煮ると、鍋の中に対流が生じ、陰陽のバランスがとれた美味しい料理ができるといわれています。


例えば、根菜は下に向かって生長し 体を引きしめ暖める「陽性」、葉菜は上に向かって生長し体をゆるめ冷やす「陰性」とされています。これらの食材が一つのお鍋の中でお互いに影響し合って、甘味や旨味を引き出すことができるのだそうです。お鍋の中で食材が調和するんですね。自然界のあらゆるものが調和したときに完成する自然栽培の考え方と合うと思いませんか?


第1回目のレッスンでは、この重ね煮で豆腐ハンバーグを作り、新米の「朝日」を美味しく炊く方法も教えていただきます。ほかにもまるみ麹本店さん謹製「奇跡の味噌」のお味噌汁も!

忙しくて目が回ると言いましたが、こちらも美味しくて目が回るに違いない!!(うまい!笑)


このほか、別の月のレッスンでも楽しみなメニューが待っています。広報担当のニコがひそかに楽しみにしているのが、1月のレッスン「干し柿と山芋のけしの実揚げ」。来客時に、こんな粋なお茶請けをお出しできたら素敵だと思いませんか?(好感度UP間違いなし!)

…というわけで、今からでもレッスンにお入りいただけますので、ぜひお友達とお誘いあわせの上、いらしてください。

大切な人のこころとからだを健やかに、あったか~~~くしてみませんか?(^_^)/


▼お申込みはこちらのページへ

http://www.oka-kimurashiki.jp/home/料理教室のご案内/

木村式自然栽培米 新米のご提供開始!

只今 当会はお米の出荷ラッシュ!農家の皆さんが、どんどんJAの倉庫へ運んでくださっています。

多くの皆様のご理解のおかげをもちまして、つい先日、1700余俵の平成26年度産の朝日米をすべて完売し(!) 平成27年産の新米へのご提供へと、スムーズな切り替えが完了しました。需給調整、無事ピッタリになりました!

 

\本日より、木村式自然栽培米「朝日」の新米、ご提供開始です! /

新米スタートの記念すべき日に、弊会 理事長の高橋が代表を務めます「すし遊館」でも木村式自然栽培米を掲げたTVコマーシャルの放映が始まりました。木村秋則さん(+うちの生産者さん達もチラリ☆)ご出演です!

 

▼すし遊館のWebサイトでは、このほかの木村式シリーズのCMもご覧になれます

 http://sushiyoukan.com/


 

【御礼】

今年度、増収の見込みのため、NPO会員様、認証企業様、一般のお客様への一斉提供が可能となりました。これまで6年間、多くの皆様にお米が行き渡るま で、「増収できるまで待ちますよ」「私よりも必要としている人へ先にどうぞ」…と辛抱強くお待ちくださった方々。「待ってくれているお客さんのために、面積増やします」「今年はよう採れたけん、全部出荷したよ」と言ってくださった農家の皆さん。

 

これまでには、「うちの米なんだから、どこへ売ってもこっちの自由じゃ」と、ノウハウを得た収穫期になって、契約栽培の規定を無視した農家さんもいます。そんな時には、アレルギーで何も食べられず、当会のお米なら食べられるかも…と心待ちにして決して安くはない支援金を納めてくださったNPO会員さんや、真夏に汗びっしょりになって巡回してくださったJAさんの姿、徹夜で資料やガイドラインを作っていたメンバーの姿が目に浮かび、私たちは涙することが度々ありました。

 

そのたびに、「木村さんが『自然栽培にはまず心が大事』と言われていたのは、このことだったんだね」 「誠実に応援してくださる会員さんと生産者さんのために地道にやるしかないね 」 といって励まし合ってきました。私たちは本来、策定している規定やペナルティを使うことなく、善意の輪でこの仕組みを成り立たせることに挑戦したいのです。

 

今、JAの倉庫に集まっているお米はまぎれもなく、たくさんの善意が集まったお米です。

肥料・農薬をやらなければ即、「自然栽培」と名乗ってよいのではありません。

やっとやっと、ここまでこぎ着けました。

ご支援くださったすべての皆様に、心よりお礼申し上げます。

 

じつは次々いただくオファー数にはまだ辿り着けておらず、企業の皆様には引き続き需給調整にご協力いただいています。今後も生産者数・栽培面積拡大へ向けて、普及活動に邁進してまいります。

こやま食堂×自然栽培 料理教室 11月のレポート

三連休、いかがお過ごしでしょうか。本日11月23日は勤労感謝の日。この日は元々、新米を収穫できたことを神様に感謝する『新嘗祭』が全国各地で行われている日です。「新」は新しい穀物を、「嘗」はご馳走を、意味しています。この日宮中では、天皇陛下が感謝をこめて新穀を神々に奉り、御自らもお召し上がりになります。昔の人はこれにならい、新嘗祭が終わってから新米をいただくようにしていたのだとか。

先日もボジョレー・ヌーボーが解禁されましたが、新米も本日が解禁日ということになるのかも知れませんね。^^


さて、11月21日(土)には 当会初企画、こやま食堂の小山津希枝先生をお招きしての料理教室を楽しく開催しました。


レッスンでは毎回、このようなレシピミニブックをお渡しする予定です。お料理のことだけでなく、陰陽論に基づいたマクロビオティック系のお話や、旧暦の暮らしの知恵などの雑学なども少しずつご紹介してまいります。12冊集めると、一年間の季節折々の重ね煮レシピ集に♪

こちらが小山 津希枝 先生です。

【小山先生プロフィール】

30年前、夫の大病を克服するために穀物菜食を中心とした食養料理に開眼する。故・小川法慶氏が考案した重ね煮料理の後継者・船越康弘氏に薫陶を受け、食べ物を変えると人生が変わる事を実感。自然食を単なる健康志向ではなく、幸せと感謝の生き方へと昇華させた。現在、岡山市内で「野菜食堂こやま」を経営しながら、各地で料理教室、講演会、新聞の連載等を行っている。:

レッスンではまず、包丁の切り方から始まりました。食材の繊維を潰さず、食材のもつエネルギーを壊さないための包丁の握り方、姿勢。参加者の皆さんは、ベテラン主婦も多かったのですが、「うわぁ~ この切り方だと疲れないわぁ!」と、いきなり目からウロコ!


皆さん、上手!笑顔なのがいいですね~
皆さん、上手!笑顔なのがいいですね~
材料をお鍋に入れて、「おいしくなぁれ~」って気を入れている図。楽しそう~!
材料をお鍋に入れて、「おいしくなぁれ~」って気を入れている図。楽しそう~!

食材も調味料も、小山先生厳選のこだわりのものばかり

この日に間に合いました!木村式自然栽培米「朝日」の新米 玄米×小豆で炊きました
この日に間に合いました!木村式自然栽培米「朝日」の新米 玄米×小豆で炊きました

この日黒一点でハーレム状態だった男性受講生さん(笑)素敵な料理男子!

 

重ね煮のお鍋からは、それぞれの食材の匂いがしてきて、次にそれらが混ざり合った美味しそうな匂いに変わってくるのに気づきます。「小匙○○g 」「○○℃ になったら××して」というのではお料理は面白くない・続かない!五感をフルに使うのが小山流。美味しそうな匂いがしてくると、皆さん自然とニコニコ笑顔になっているんです。そういえば、美味しそうな匂いがして不機嫌になる人っていませんよね。

「おいしくなぁれ~」 念を入れてます(?)笑
「おいしくなぁれ~」 念を入れてます(?)笑
フタを開けると、ふわぁ~~~んといい匂い!野菜たちがピカピカ!これを基にレシピを広げると・・・
フタを開けると、ふわぁ~~~んといい匂い!野菜たちがピカピカ!これを基にレシピを広げると・・・
じゃじゃーーん!豆腐ハンバーグ&醤油ソースがけの出来上がり☆
じゃじゃーーん!豆腐ハンバーグ&醤油ソースがけの出来上がり☆
キレイ~ 美味しそう~ 早く食べたい~
キレイ~ 美味しそう~ 早く食べたい~
お味噌汁はもちろん、まるみ麹本店さんの「奇跡の味噌」!贅沢過ぎる♪
お味噌汁はもちろん、まるみ麹本店さんの「奇跡の味噌」!贅沢過ぎる♪

木村式自然栽培の玄米ご飯も炊けましたよ!あらっ お茶碗の位置が逆ですね(これは亡くなった方のお供えの位置ですね…^^;) あとはもう少しふんわりよそえばヨカッタかな?

みんなスマホで撮影大会 このあと「いただきます」をして食べました
みんなスマホで撮影大会 このあと「いただきます」をして食べました

肉も魚も使わず、植物性のものだけでこんなにボリュームたっぷりのメニューが作れるなんて!と、ヘルシーで美味しいお料理に皆さん満足そうでした。食材の持つ旨味や甘味だけで、まったく物足りなさを感じません。

お食事をいただきながら、小山先生からのお話も。皆さんにもご紹介。

 

グラスにいっぱいの赤ワイン。ここへ、グラスに手を触れずに白ワインに入れ替えるとしたら、どうすればいいでしょう?という問題。

 

…答えは、上から白ワインを注ぎ続けます。赤ワインはこぼれ出し、やがてグラスの中は白ワインで満たされます。

 

つまり、これまでいい加減な食事で済ませて身体の中にはどんなものが蓄積されているかわからない…という人でも、気づいたその日から出来るだけよい食事を採り続けることで、やがて身体の中身は変わるのだ、と。体質が改善される最初の目安は3ヶ月10日程度なのだそうですよ。

 

・・・というわけで、初レッスンはアットホームな雰囲気の中で楽しく開催されました。

ただお料理を習うだけでなく、体質が変わることで性格や生き方にまで影響を与えるという気づきまで得られて、「これはすごい!」と皆さん喜んでくださいました。ご参加いただいた皆さん、どうもありがとうございます。早速、ご自宅でご家族のためにお作りになってくださいね!

 

*****

12月は、お節料理にぴったりのお煮しめやだて巻きを教わります。もちろん、普通の作り方ではなく重ね煮の調理方法です。お申込みは随時受け付けておりますので、お友達とお誘いあわせの上、ぜひいらしてください。食べる人もですが、作る人も幸せになれますよ~!

 

▼詳細・お申込みページ

http://www.oka-kimurashiki.jp/home/料理教室のご案内/