自然を感じることのできる絵本と「自然栽培vol.5」

 

12月、師走になりました。巷ではクリスマスや年末年始の準備が始まってきましたね。お子様、あるいはお孫さんたちへのプレゼント、「何かないかな?」と探していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。そんな時、絵本はいかがでしょう?

 

今回は、いつもの活動報告とは趣向を変えて、自然栽培ファンの皆様に、広報担当:ニコのオススメ絵本をご紹介。

 

以下、絵本の画像をクリックするとAmazonのリンクへ飛びます。(アフィリエイトにしていないのでご安心ください・笑)


「じめんのうえとじめんのした」

アーマ E.ウェバー (著, イラスト), 藤枝 澪子 (翻訳)

福音館書店 ¥1,080

 

動物や植物が、地面の上と下をうまくつかいわけて生活している様子を描いています。興味深いのは、植物の種(しゅ)によって、地下の根っこがどのような形状で、どのような伸び方をしているのかが描かれています。

植物があるおかげで、私たち人間を含めた動物が生きていられることを示唆してくれる、シンプルで力強い絵本。


14ひきのぴくにっく

いわむら かずお 著  童心社 ¥1,296

 

子どもたちの間で長年大人気の14ひきシリーズ。

中でもこの「14ひきのぴくにっく」は、家族で森へピクニックへ行く様子が描かれています。

野に咲くレンゲやスミレ、たんぽぽ、ミツバツチグリにヘビイチゴ。自然栽培の圃場にならどこにでもありそうな小さな草花が、緻密に描かれています。名前も紹介されているので、「この花ってこんな名前だったのか」という発見も。

ぜひ、自分もねずみ一家の一員になった気分で里山を散歩してみてください。ミクロな視点が持てますよ。


ふしぎな たね

安野 光雅 著  童話屋 ¥1,566

 

むかしむかし人間は、そのふしぎなタネを蒔くことを覚えました。肥料をやり、害虫や害鳥から農作物を守り、たいせつな雨を降らせてもらうために、神に祈ることもしました。そして、農作物が余るほどとれるようになったとき、「商業」がうまれ、例えば「計算」という文明も発達し、人間どうしが戦うことさえもはじめたのです。(安野氏あとがきより)

子どもと算数との出会いにもなる楽しい本でありながら、大人が読んでもなかなか考えさせられる絵本です。


旅の絵本Ⅷ

安野 光雅 著  福音館書店 ¥1,512

 

繊細なタッチのやさしい絵を描く安野さんの旅の絵本シリーズ。8巻目は、お花見や田植え、お祭りに紅葉と、季節の移り変わりとともに、電気が普及する前の懐かしい日本の風景が描かれています。所々に昔話や映画の一場面が隠れていてクスッと笑えます。特に里山での農風景は、自然栽培的にぜひご覧いただきたいページ。

3.11 後にこの本を作った氏の想いも込められています。


子どもだけでなく、大人が今読んでも、案外「おもしろいな…!」と思っていただけそうな、良質な絵本なので、ぜひお手に取ってみてください。


あっ!それから・・・・

自然栽培vol.5 」 木村 秋則 監修

東邦出版 ¥1,296


こちらも新刊が出ました!

IT系、営業マン、福祉職、カバン職人、食品メーカー勤務、自動車の部品生産、ラーメン店従業員…から、農業へ。

肥料と農薬を使わない「自然栽培」は、自分のやったことがそのまま畑や田んぼに表われます。もちろん農作物にも表われます。どうやっても、個性が出てしまう。


「農業始めても離農する人が多いと言われますが、私がこの5年間出会った人で、自然栽培を始めて辞めた人がいません。」とは、編集長 温野 まき さん。


これは早く本屋さんへ行かなくては!

まもなく、当会でも平成28年度の生産者募集を開始しますので、当ホームページの更新まで、応募をお考えの方は、ぜひこちらの「自然栽培vol.5 」で研究してみてください。(^_^)/

木村式自然栽培の米麹、ご予約開始です!

昨年初登場であっという間に完売してしまった『奇跡の麹』 。
マイナスイオンたっぷりの炭蔵の環境の中で、ていねいに作られた上質の米麹です。良質な味噌づくりに定評のある「まるみ麹本店」さんに、特別に製造していただいています。

今年も新しい原料米の準備が整い、製造を再開していただけることになりました。全国的にも大変珍しい木村式自然栽培米が原料の麹。今回もご予約数量分を製造しますので、これからお味噌や甘酒、塩麹を手作りしたいとお考えの方、ぜひご予約ください。
-----------------
▼ご予約期間
平成27年12月4日~平成28年1月15日まで
▼商品発送
平成28年1月28日より、蔵元から順次直接発送
▼ご予約ページ
http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000028
-----------------

このほか、焼酎「木村物語」も、新しく仕込んだものの熟成が終わり、販売を再開しています。(耳寄り情報:カビ防止に…と、手作り味噌の容器にこの焼酎を吹き付けておいたら、ものっすごーーーーく芳醇な香りになったんですよ!by 広報ニコ^^ )


当会が認証した木村式自然栽培米を原料にした様々な商品、ぜひお楽しみください。
▼SHOPはこちら
http://www.kimura-world.co.jp/

平成28年度自然栽培コメ生産者募集開始!

 

今年度は102名・栽培面積約70haにて、農家の皆さんにご参加いただきました。
すでに新年度へ向けてお問合せをいただいております、平成28年度の木村式自然栽培コメ生産者の募集を開始いたします!

 

「作ってくれてありがとう」×「食べてくれてありがとう」の互酬の輪で成り立つ当会のしくみをご理解くださる、誠意と志のある生産者さんをお待ちしております。

 

詳しくは、生産者募集ページをよくお読みの上、我こそは!という方はお申込みください。

私たちは “ 仲間 ” をお待ちしています!

 

こやま食堂×自然栽培 12月のレポート

今回もこやま食堂さんの料理教室、楽しい会となりました♪

12月のメニューは、お正月を意識して、お煮しめのオードブル風や伊達巻。

さらに、しめ鯖の大根サンドや白菜の甘酢漬け(ラーパーツァイ)も追加されました。

前回からのリピーターさんもいらっしゃれば、はるばる県外からお越しくださった方も! なんだか大きな会になっていきそうな勢いです。ベテラン主婦から若い方まで、いろんな層の方が集まってくださいました。



ほっかほか!

木村式自然栽培米「朝日」の玄米ごはんが炊けましたー。

 

 

さらに焼きおにぎりにすると、陽性になるのだそうです。

「フランスパンみたいに、外はこんがりカリッと焼いて、中はふんわりね☆」と小山先生(^^)

お醤油ダレをジュッと漬けて焼きます。

うわー  香ばしくていい匂い!

コレ、ご家庭で作っていたら、きっと子ども達が「わぁ~!いいにおいー!」って、キッチンに集まってきますよ。

 

見た目はごく普通に見えますが、良質な食材や調味料を使っているので、とにかく調理の段階から素材の香りがすごくいいんです!



お煮しめのオードブル風の完成~☆ いつものお煮しめがこんなにオシャレに!

お煮しめって、いつも最後まで残っちゃいませんか?こんな風に盛り付けると「わぁっ♪」って皆さんに喜ばれそうです。しかも、重ね煮で作るので簡単!「コレ、絶対今年のお正月に作ろ!」という声があちこちで聞こえていましたよ。

一人分ずつ、こうしてお膳にしつらえるのも素敵ですね。大皿に盛りつけると、中には遠慮してなかなかお箸が前に出ない…なんて人もいますから、こういうのもいいかも知れませんね♪

今回もどれも胃にもたれず、でも食べ応えたっぷりの満足なメニューが揃いました。「美味しいね~」「いつも私が作るのとは違って、こういうのもいいわぁ」と、皆さん満足そうでした。レシピブックでは、当会のお米の中でも特に玄米がオススメな理由や、普通の白米とはちょっと違う精米技術の差、お正月の迎え方など、ちょっとした雑学をご紹介しました。

この料理教室で、皆さんの食卓がワンランクアップしていただけると嬉しいです(^^)/


このあとも、まだまだ美味しいごはんをご紹介してまいります!

 

【現在確定している日程】

平成28年1月24日(日)/ 平成28年2月17日(水)/ 平成28年3月13日(日)

 

いずれも、くらしき健康福祉プラザで、12:30 受付 13:00 スタートです。

レッスン時間は約3時間強くらいを見ておいていただければと思います。
情報も随時更新しますので、ホームページやFacebookでチェックしてくださいね。

詳しいページはコチラ⇒ http://www.oka-kimurashiki.jp/home/料理教室のご案内/

自然栽培のもので、ワンランクUPの食卓を♪

年末年始、忘年会にクリスマス、新年会…何かと楽しい集まりが開かれる季節ですね。
最近は、家に集まってのホームパーティ、家呑みが増えているようです。

こうしたお招きの場にちょっと話題性のある手土産を…と思われる方の間で、当会認証品の「奇跡のお酒」や「木村物語」のお酒が好まれていて、今月に入ってから続々とご注文が入っているようです。

こちらの宮下酒造さんのにごり酒「木村物語」は、ご覧の通り、淡雪のようなお酒です。

グラスに注いでも雰囲気があるので、女子会で大人気!元々、搾りたての日本酒は白く濁っているってご存知でしたか?この白い濁り部分には、タンパク質や酵母が含まれているのだそうです。

自然栽培を原料にしたものの特徴として、「やさしい」「上品」というキーワードが共通していることが多いので、とても飲みやすく、フルーツ系のジュースやドリンクタイプのヨーグルトと割るなど、カクテルのようにしても美味しくいただけます。「日本酒は苦手…」という方も「これなら飲めるわぁ~」「飲みやすい!」と大変喜ばれています。

 

「年末年始は忙しくてお料理する暇がないのに、お客様が来る!どうしよう~」という方には、すし遊館でお寿司のお持ち帰りはいかがでしょうか。^^

すべて自然栽培オンリーの食卓なら、ワンランクUPすること間違いなし♪

お求めは、認証品を専門に販売しているこちらのショップへどうぞ♪


▼自然栽培の朝日米 木村ワールド ONLINE SHOP

http://www.kimura-world.co.jp/

 

▼ご紹介のにごり酒は「木村物語」シリーズのページへ☆

http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/ct14/

 

▼ニューヨークでヒット中!「奇跡のお酒」シリーズはこちら

http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/002/O/

 


以上、本日はチョットした宣伝でした<(_ _)>

今年もご支援、ありがとうございました!

当会の今年度の活動も本日で最後となりました。
当NPO並びに販売店木村ワールドは、1/29(火)~1/4(月)まで、お休みをいただきます。

年明け1月1日からは、平成28年度のNPO会員の更新、新規ご入会も開始いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。休業中にいただいたお申込み、お問合せ等は、1/5(火)より順次返信してまいります。

 

今年度は、「自然栽培」が地方創生のカギを握るのではとの考えで、当会へ視察へ来られる方々が多い一年でした。「自然栽培」が偏った自己解釈によってどんどん煩雑な方向へ走りかねない懸念の中で、そろそろ自然栽培の定義を含めた法整備が必要ではないか?という声がたくさん寄せられています。まだ詳しいことは申し上げられませんが、木村秋則さんもそのような要請を深く受け止めていらっ しゃり、有識者の方々と連絡を取り合いながら既に次のステージへ入られています。

 

これから「自然栽培」がどのように社会へ受け入れられ、地域に根付いていくのか、私たちはその歴史の1ページに立ち会っていくわけですが、自然の摂理に沿って誠実に進んでいけば、自ずと導かれていくと思います。もしも間違っていれば、淘汰されるでしょう。自然界がそのようになっていますから。

 

今年の冬は暖かい日が続いており、いつもなら岡山では見ることのない日本スイセンがもう開花しています。まだ眠っているはずの新芽も膨らんでいます。こう も暖かすぎると、地球は大丈夫だろうか…と心配になってきますが、自然栽培を通じて、土づくり>地域づくり>街づくり>国づくり> そして地球づくりへ―― ミクロからマクロへと広がっていくことをイメージしながら、着実な歩みを続けていきたいと思います。

 

今年も一年、多くの皆様に寛大な心でご支援いただきましたことに、感謝申し上げます。ありがとうございます。どうぞ佳いお年をお迎えください。