会員手続きはお済みですか?年間予約開始です!

相次ぐ台風で、農産物への影響が気になる今日この頃…

10月22日には当会も収穫祭を予定していますので、どうか自然災害の影響なく無事収穫を迎えられますようにと願わずにはいられません。自然に寄り添った農業にたずさわっていると、自分主体でいることの傲慢さに気づかされますね。

 

さてそんな中、今年も木村式自然栽培米「朝日」は順調に育ってくれており、美味しいおコメになるようがんばっています。生産者の皆さんも、水の調整やコンバイン、乾燥機の準備に追われ、JAさんでも受け入れ態勢の準備に入られ、(もちろんNPO事務局も・・!)ピリピリムードが漂ってまいりました。(アポなしの田んぼへのご訪問はご遠慮ください。遠くで応援してあげてくださいね!)

 

大変ではありますが、それぞれが自分の持ち場をキッチリ守り、皆で “ 安全・安心な収穫 ” という目標へ向けてひとつになっていく様は、何といいますか…自分たちで言うのはおこがましいことですが、カッコイイなぁというか、何だか感動してしまいます!(仕事をキッチリこなすのは当たり前のことなんですけどね^^; )

 

今年も更にたくさんの方が会員となって朝日米と生産者さん方を応援してくださるようになりました。取扱量が増えてきたため、協議の結果、NPO会員価格でご提供している「年間予約」を例年よりも早く開始することになりました。すでに今年度の新規会員様、更新を済まされた継続会員様へは、予約注文票を郵送しております。

 

活動期間は12月31日までで、まだあと約3ヶ月間は新規お申込みが可能ですが、この時期にお申込みいただくと確実にお米を確保できますし(※)、活動期間終わりギリギリに会費を納めて、年が明けてすぐにまた新年度の更新をするのもチョットお得感が減ってしまうような気もいたしますので(主婦的&小市民的感覚!?^^; )ご検討中の方はぜひこの機会によろしくお願いいたします。

 

(※)平成28年度産の会員価格でのご予約締切は平成29年1月8日までです。

1月8日を過ぎますと、支援ユーザー(認証加工業者、認証販売店、学校・幼稚園の給食)への販売に切り替えますので、ここで売り切れた場合には、認証販売店にて一般価格でご購入いただくか、時期収穫期までお待ちいただくことになります。

 

りんご手伝い農 ー木村さんの動画

BS日テレにて放送されている番組「TOKYO DESIGN WEEK.tv」に木村秋則さんがゲスト出演された様子が、Youtube にUPされていましたので、皆様にもご紹介。一番最新の木村さんがご覧になれます。BSが映らなくて見られない~という方もぜひご覧ください(^_^)/

▼前編(29分52秒)

先日当Blogで話題にふれた「ジャンボタニシは善か?悪か?」でご紹介したハマキムシのことも詳しくお話されていて、大変示唆に富んでいますよ!

▼後編(24分40秒)

木村さんの朗らかな笑顔とお話を伺っていると、俄然やる気が出てきますね!

連休明け、今日からお仕事…という人も多いと思いますが、皆さん今週もがんばってまいりましょう(^o^)丿

 

収穫祭でおにぎりアクション2016(^^)/

こんな楽しそうな企画を見つけました。

おにぎりアクション2016公式サイトへ(click!)
あなたの町やグループも、ぜひ参加しませんか?

『つくろう。食べよう。』おにぎりアクション2016

10月16日の世界食料デ―記念に合わせ、TABLE FOR TWO が「おにぎりアクション2016」を開催します。(TABLE FOR TWO は、世界に存在する食の不均衡を解消することを目的に創設されたNPO団体)

 

個人・団体問わず、誰でも参加可能で無料。おにぎりを作ったり買ったりして食べた様子を写真に撮って、応募サイトへ投稿するか、自分のSNS(Facebookなど)にハッシュタグをつけて投稿するだけ!これだけで、アフリカやアジアの子どもたちに給食が届くしくみになっています。

 

当会も10月22日の収穫祭にて、おにぎり用にご飯や塩を準備することにしました!ご飯はもちろん当会認証の朝日米です。参加者の皆さんでおにぎりを結んで、田んぼで食べましょう。(すぐあとに懇親会ですし遊館さんの美味しいバラ寿司を食べますので、おにぎりは20~30人分くらい、ほんの気持ちご用意する予定です<(_ _)>)

 

当日の様子は、おにぎりアクション2016の公式サイトや当会のFacebook でもUPいたしますので、どうぞお楽しみに&収穫祭へのご来場もお待ちしております (^_^)/(お天気晴れますように…!)

 

『木村式奇跡のお酒 純米雄町80 』誕生(^o^)/

「奇跡のお酒」シリーズに新商品が誕生しました!その名も『木村式奇跡のお酒 純米雄町80 』\(^o^)/

 

これまでの「木村式奇跡のお酒」がフルーティーなタイプのお酒なのに対し、この純米雄町80は、芳醇な雄町の旨みを備え、辛口(平成27酒造年度は日本酒度+8程度)で精米歩合80%ながらキレの良さが冴える、食中酒におすすめの純米酒です。商品名の「80」はこの80%磨き上げたところから来ています。

 

奇跡のお酒シリーズは、国内のリピーターのお客様から絶大な支持がありますが、最近では海外のインポーターからも日本酒のカテゴリで常にご指名いただく逸品に定着しているそうです。ニューヨークやオーストラリアで大人気。最近はついに中国の大手通販会社からオファーが…!先日も、プロモーション動画の撮影に田んぼへ来日されました。

そんな奇跡のお酒、ぜひお試しください(^o^)丿

 

▼1.8L: 2,800円+税
http://www.kimura-world.co.jp/…/00000000…/002/O/page1/order/

 

▼720ml: 1,400円+税
http://www.kimura-world.co.jp/…/00000000…/002/O/page1/order/

 

収穫祭2016 ありがとうございます!

10月22日の収穫祭は、当会設立して以来、初めての小雨となった中、約50余名の方にご参加いただき無事に終えることができました。雨天は「降り込み=振り込み」とも呼ばれ、縁起がよいともされていますので、これはこれでまたよかったのかな!と(^^) ご来場くださいました皆さん、ありがとうございます。

今回は木村さんのあの奇跡のリンゴも祭壇に供えられ、生産者の方が家庭用に作られたという果物も届けられ、皆さんが少しずつ、自然界への畏敬の念や感謝の気持ちを表してくださるようになっていることが嬉しい祭典となりました。

おにぎりアクションの方ですが、雨が降ってしまったので、スタッフでおにぎりを結んでから、その場で皆さんに食べていただきました。お米はもちろん、当会認証の木村式自然栽培米「朝日」。塩は自然塩。海苔はすし遊館で使用している国産の高級クラスをご提供いただきました。

最初は遠慮がちにしていた皆さんも、一人、二人…と手にしてくださり

「冷めても美味しい」と言われる朝日米。初めて食べるという方も結構いらして、「あっ ほんとだ!」「あとからじわじわ来るねぇ~」というご感想も。 じわじわ来る味…その「じわじわ感」が皆さんの表情から伝わるでしょうか。

ん!どれどれ?
ん!どれどれ?
はぁ~ うまいなぁ~ (じわじわ~♡)
はぁ~ うまいなぁ~ (じわじわ~♡)

じつはこの方、石川県で自然栽培米「宇宙米」を作っていらっしゃる農家の林さん。当会の成果報告会へいらして以来、自然栽培の米作りを決意。JA羽咋さんとも連携されていらっしゃる様子。すっごく楽しい方なんですよ。岡山の朝日米にも太鼓判を押していただきました\(^o^)/

 

収穫祭を終えて、懇親会。

生産者さん同志で会話が弾む弾む!
生産者さん同志で会話が弾む弾む!
こちらは農福連携の関係者さんたち。当会もどのように絡めるか協議中。
こちらは農福連携の関係者さんたち。当会もどのように絡めるか協議中。
こちらは自然栽培を勉強してみたい…という高校生さんと生産者さんとが歓談中
こちらは自然栽培を勉強してみたい…という高校生さんと生産者さんとが歓談中
当会のお米を皮切りに、自然栽培の食材を導入することを決めた清風学園さん
当会のお米を皮切りに、自然栽培の食材を導入することを決めた清風学園さん

この日は大阪から、企業の経営者や学識者の方で構成された「食と農の研究会」という団体や、当会のお米を食堂のご飯に導入することを決定された清風学園の先生もご来場され、近畿圏で自然栽培が急速に広がりを見せていることが伝わってきました。NPO法人大阪府自然栽培実行委員会さんの日々の普及活動に、ここで一気に火が点いているようです。

 

会が終わったあとにも、当会へNPO会員のお申込みをいただきました。ありがとうございます<(_ _)>

 

たくさんの方々が自然栽培でがんばる人たちをご支援くださることで、作る人たちがやる気を起こしてくださいます。「食べる人」×「作る人」の輪が広がっていくのが嬉しいです!

 

本格的な朝日米の収穫はこれから。生産者の皆さん、ケガや事故には気をつけて、会員の皆さんが心待ちにしているお米を届けてくださいね。あ~ 私たちも早く皆さんへ新米をお届けしたいです!

 

三角のおにぎりを一口パクリと食べると、ハート型になるんですね♡

そして、この手…

うちの生産者さんの手なんです。田んぼの土がついているの、わかりますか?お百姓さんの手ですね(^^)

 

多方面から注目!?

10月22日の収穫祭の様子は、さっそく翌日23日の山陽新聞 地方経済欄に掲載していただきました(^_^)/

また、新商品「奇跡のお酒80」も(^_^)/

そのおかげか、会員のお申込みが立て続けに入っているほか、「うちの田んぼを委託したいのだが」というお問合せもいただいており、こちらもじわじわと反響が増えております。山陽新聞さん、どうもありがとうございます\(^o^)/

 

このほかにも、某国立大学からのご依頼で、自然栽培米の栽培・流通に関する調査・研究へも協力することになり、先日は生産者の皆さんにアンケート調査にご協力いただきました。

 

生物多様性に関する活動も、ステキなファシリテーターさんに出会うことが出来、来年度より本格的に活動をスタートする予定です。先日チラッと田んぼへご案内したところ、ちょっと網で田んぼの泥水をすくっただけで、岡山県のレッドデータに登録されている水生昆虫がいたそうで、ファシリテーターさん興奮していました。(ネイチャリストの広報ニコも、めっちゃ楽しみにしています&来年は専用ページを作って皆様へもご案内します!)

 

 

自然栽培がしっかりと経済の流れの中に根付き、確かな学識に裏付けされた活動へと着実に近づいています。関わるすべての人たちが少しずつ歩み寄って、力が合わさっていっているのを感じます(^^)

 

まるみ麹本店さんがW受賞\(^o^)/

嬉しいニュースが入ってまいりました\(^o^)/

画像:まるみ麹本店 公式Facebook より
画像:まるみ麹本店 公式Facebook より

当会に参画いただいている支援ユーザー、まるみ麹本店さんが「厚生労働大臣賞」「岡山県IT経営力大賞」をW受賞されました!

 

日頃からいつも謙虚で、仕事に対しては厳しく、そして優しいまるみ麹本店さん。創業者の会長、現社長の山辺社長はもちろんのこと、社員の皆さんに至るまで、いつもにこやかで親切な対応をしてくださいます。いつも働き者の微生物たちとご一緒だからでしょうか(^^)

 

こうした地元企業の皆さんが、自然栽培の普及活動に影となり日向となり応援くださっていることに、あらためて感謝します。素晴らしい会社にお米をお買い上げいただいていると知ったら、生産者の皆さんもきっと誇りに思われますし、もっともっとよいお米作りをしようと励みにしてくださることでしょう。

 

皆の力を合わせて相乗効果となって作られている「奇跡の味噌」「奇跡の甘酒」も、ぜひ多くの皆様に召し上がっていただきたいです。お福分けしてもらえそうな気がしませんか?(^^)

 

(冬にはまた、自然栽培のお味噌教室の企画をお願いしています)

まるみ麹本店さん、おめでとうございます(^o^)/