互助の精神をプロに学ぶ

ほとんどのエリアで収穫が終わりつつある中、ポツンと残っている木村式の当会認証の田んぼ。

ここは、入院を余儀なくされた生産者さんの田んぼです。田植えの後に体調を崩され、通院治療をしながらがんばっておられたのですが、稲刈り直前になって、ドクターストップがかかってしまいました。

 

田んぼはお一人で管理されていて、あとを手伝ってくれるお身内がいらっしゃいません。このため、病床からもずっと稲を気にしておられて、一時帰宅してでも刈り取りたい!とおっしゃっていました。

 

事務局としていてもたってもいられず、近隣の生産者さん達へ声をかけてみました。しかし、やり慣れていない田んぼに入るのは、ベテランでも難しい。農業機械の中でも、コンバインは特に故障しやすいからなんです。湿気のあるゆるい所はどこか、機械をどこで回すかなど、その圃場のクセを熟知していないと、脱輪したり機械にゴミが詰まったりして、厄介なことになるリスクもあるのです。「手伝ってあげたいけど(物理的条件として)厳しいなぁ。ごめんなぁ」と申し訳なさそうに言ってくださる方もいました。

そんな中、一肌脱いでくださった方達が。水管理に走ってくださる方、刈取り~乾燥調整~出荷までを引き受けてくださる方等々。6haほどあるので大変です。

 

圃場巡回をして写真を撮り、圃場地図を持って相談に伺うと、既にすべての田んぼを見て回ったとのこと。

 

「うちは委託も受けとるから大丈夫。任せとき」と、こんなに安くていいの?と思うような作業見積書をその場でパッと書いてくださいました。こんな時は経済的なことが一番に心配になるであろう、そこをキッチリわかってくださっているからこその、見積書でした。

困った時はお互い様じゃ――その仕事の手際のよさ、周到ぶりに感動しました。プロとはこういうものなのか、と。病床にいる彼、きっと喜ぶぞ!とさっそく病院へ報告しに向かう当会の顧問。

 

病に伏してもなお、自然栽培への情熱を持ち続けてくれている生産者さん。そんな彼を受け止めてくださる超ベテランの長老達。こうして自分の務めを日々当たり前のこととしてやっている皆さんを、心から尊敬します。確実に互助の精神が育っています。NPOが一つのチームになっていくようで嬉しいです。

 

病と闘っている生産者さんのご快復と、一日も早く田んぼに戻ってこられることを、ぜひ皆さんも一緒に祈っていてくださいね。

 

新米のご提供日、決定\(^o^)/

お待ちかねの皆様、長らくお待たせしました!

11月17日に、認証委員会にて、今年度 生産者の方々から拠出された木村式自然栽培米「朝日」の検査が済み、認証が下りました。NPO会員様分、支援ユーザー様分の希望数量の確保が完了、同時に、一般販売もOKとなりましたことをご報告いたします\(^o^)/

 

今回も生産者の皆様がたくさん拠出してくださったおかげで供給量が何とか間に合う見通しが立ち、また支援ユーザーの皆様のご協力も得て、売り切れでブランクが発生することもなく、売れ残りもなく、需給調整ぴったりになりました。ご協力くださいました関係者の皆様へ、あらためて御礼申し上げます。

 

一般販売は11月21日からスタートとなります。

年間注文を頂戴しているNPO会員様への発送は、12月上旬のご注文分から新米となりますので、どうぞ楽しみにお待ちになってください。認証品を専門に販売している(株)木村ワールドONLINE SHOP ほか、認証店でも随時、平成28年産の新米に切り替えられますので、ぜひご賞味ください。

 

ハレの国おかやまのお米「朝日」新米 解禁!

岡山県産・平成28年産 木村式自然栽培米「朝日」本日販売開始です!

美味しい炊きたてのご飯に、お味噌汁、お漬物さえあればもう充分幸せ!
美味しい炊きたてのご飯に、お味噌汁、お漬物さえあればもう充分幸せ!

あのコシヒカリやあきたこまちも、ルーツを辿ればこの朝日に辿り着きます。
在来種が今も現役で食卓にのぼる、息の長いお米。
さらに、農薬も肥料も使わずに作った自然栽培米。


栽培期間中はもちろん、収穫後の冬季も田んぼには何も施すことはなく、籾種の段階から肥料・農薬は不使用です。栽培期間中は、NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会によって圃場確認がされ、JAによる米穀検査を経て、認証委員会にて認証の可否が協議されたのち、岡山パールライスによる最新の設備の下、適正・厳正に管理・袋詰めされています。

 

これだけの経緯を一度にクリアしている朝日米はあまりないのではないでしょうか。どうぞ安心してお召し上がりください。

ご家庭用に、お身内、ご親戚、お世話になったあの方に・・・

赤ちゃんのファースト離乳食にプレゼントされる方も増えているとか(^^)

きっと喜んでいただけると思います。ぜひご賞味ください。

【新米】岡山県産・平成28年産 木村式自然栽培米「朝日」

▼ご購入ページはコチラ
http://www.kimura-world.co.jp/shopbrand/001/O/

 

雑草が教えてくれたすてきな世界

本日11月23日は新嘗祭。天皇陛下が天神地祇(天の神様、地の神様、すべての神様)に新穀を献じ、五穀豊穣を感謝します。昔の人は、新嘗祭が終わってから新米を食べるようにしていました。このタイミングに合うように当会の朝日米が解禁になって、なんだかチョット嬉しいです。 

 

さて、そんな本日、興味深い番組が放送されるようです。
85歳の絵本作家 甲斐信枝さんを追うドキュメンタリー。普段誰も見向きもしないような雑草や虫たちを、何時間もかけて観察しながらその生態を絵本に収めています。甲斐さんの絵本は「科学絵本」とも呼ばれています。(じつは広報ニコもお気に入り絵本の一つで、我が子によく見せていました♪ )草花や虫を擬人化した表現に、生き物たちへの愛情が感じられます。 

『雑草のくらし―あき地の五年間』
『雑草のくらし―あき地の五年間』
『稲と日本人』
『稲と日本人』

▲広報ニコもオススメ!甲斐伸枝さんの絵本。画像をクリックすると、Amazonのページへ!

木村秋則さんも、日がな一日、ずーっとリンゴの樹や集まる虫たちを観察していたと仰っていますよね。そして「草が土を作る」ことを非常に大切にされています。 

自然栽培に挑戦しているものの、最近ちょっとスランプに陥っている…という方はもちろん、いろんな方に見ていただきたい番組。どうぞ植物の囁きをキャッチしている甲斐さんをご覧になってみてください。「あっ!そうだったのか!」と言いたくなるような発見があるかも知れませんよ(^^)/
 
【雑草が教えてくれたすてきな世界】
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3035/2345010/index.html?c=top
11月23日(水)午後7時30分放送
NHK 総合
(予定が変更される場合があります)