「コメの明日-岡山からの報告」に掲載!

 

週末、いかがお過ごしでしょうか。東海以西の梅雨入りが発表されましたね。岡山もシトシトと雨の日曜です。

 

ちょっとローカルネタで恐縮ですが… 本日6月5日の山陽新聞朝刊に、当会のことが掲載されました。山陽新聞では、毎週日曜に「コメの明日―岡山からの報告」と題した特集が組まれています。特 集第1部のテーマは「改革」。私どもの挑戦を、県内のメディアも注目してくださっています(^^)/


(山陽新聞:発行部数 朝刊42万5800部、夕刊4万5700部、岡山県内のシェアは約60% )


▲画像をクリックすると、大きくしてご覧いただけます

記事内に「米ぬかを使用する」という内容の記載がありますが、原則、当会では米ぬかを「使用する必要はない」と指導しています。

 

季節は芒種。七十二候では今日から「蟷螂生(かまきりしょうず)」といわれ、先日本当にカマキリの赤ちゃんがたくさん生まれているのを見ました。ということは、カマキリが捕食する虫もたくさん生まれるということですね。これから生物多様性が最も盛んになる季節です。

新月にはあらゆる生命が生まれるといわれています。このタイミングを見計らって、農作物に被害をもたらす虫の卵が孵化しないよう取り除くといいですよ。今 月の新月は6月5日。今でしょ!(古い?w)…でも、生態系が崩れない程度にホドホドに。

 

農薬ですべての生き物を一網打尽にしないのが、自然栽培のいいと ころです。自然栽培的なバランスが整ってくると、生態系の範囲内で上手に牽制し合いながら、共生できる分だけの数の虫しかいない、といった様子に変遷して いきます。その域にまでくれば、自然栽培はとても合理的に楽になります。その手前で苦しんで辞めてしまわれる方は、「自然栽培は難しい」と思ってしまうようです。

 

虫や病気が大発生している田畑は、どこかでバランスが崩れているということ。農業生産は「食」の確保はしなくてなりませんので、あまりにも酷い場合は虫を取り除くという人為を施す必要はありますが、まずなぜその虫が発生してしまったのか?という原因を探すことが大切です。そのことを飛ばしてただ駆除しても、さらにバランスが崩れ、負のスパイラルへはまっていきます。

 

全体を俯瞰しつつ足元を見る…という行為。田畑に対して自分はどのように振る舞えばいいか、よーく考えてみてくださいね。(^^)b

自然栽培の焼酎「木村物語」で梅しごと♪

今年もこの季節がやって来ました♪

木村式自然栽培米「雄町」で醸した焼酎「木村物語」で作る梅酒。昨年ご紹介したところ、「飲みやすい」「ふわっと芳醇な味わいの梅酒になった」と、大変ご好評をいただきました。中には「もうホワイトリカーで作るのはやめて、毎年この焼酎で作ることにしました」「ここまできたら、梅も自然栽培の梅にこだわりたいです!」なんていう声も。^^

当会認証のお米で醸したお酒「木村物語」シリーズは、宮下酒造さんにお願いしています。杜氏は、黄綬褒章を受賞している現代の名工:備中杜氏の中浜昭夫氏(元備中杜氏組合連合会会長)に師事した岡崎達郎氏。岡崎氏は、備中杜氏自醸清酒品評会(備中杜氏組合主催)にて、優等賞第1位杜氏にも選ばれています。

 

当会の定例会へも毎回参加してくださっていますが、誠実、丁寧、控えめな態度の向こうに見えるやさしいお人柄が伝わってくる、とても素敵な杜氏さんです。

もうすぐ父の日。お酒が好きなお父さんに、ちょっとこだわりのお酒を贈ってみてはいかがでしょうか。余分なものが入っていない良質なお酒、妙薬にもなるかも知れませんヨ(^^)/

 

▼ご注文は、コチラまで

焼酎「木村物語」

http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000031/

 

にごり酒「木村物語」

http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000019/

チョット嬉しかったこと

各地で田植えが始まってきましたね。

 

当会の田植えはまだ少し先です。朝日は晩生種なので、の~んびりしています。これは日照条件のよい、温かい地域ならでは。お田植祭を開催する田んぼでは、まだまだ、まーだまだ、苗の朝日ちゃんがじっくり生長しています。育苗状況はバッチリ(^^)v

 

苗代の向こうに見えている土の部分をご覧いただいてもわかる通り、田んぼには水さえ入っておらず、代掻きもしていません(笑)そういえば、先日青森からご来岡された山崎シェフは、岡山の田植えスケジュールの遅さにびっくりされていましたっけ。

あれ…? カラス君!
あれ…? カラス君!
…ん?今日はカモが来た!
…ん?今日はカモが来た!

スマートフォンのカメラで撮影したので、画像があまりよくないのですが…

苗代へ行くと、毎日のようにいろんな鳥が遊びに来ているので楽しみで仕方ありません。

今日はカモが来ていました。そのうち合鴨農法になっちゃったら、自然栽培の看板を下ろさなくちゃいけませんね…どうしましょう/(^o^)\

****

少し前、嬉しいことがありました。7月23日のシンポジウム&夢のディナーへ、当会認証生産者さんからの2名様でのお申込みが、結構たくさん届いているんです。そして、こんな声が聞こえてきました。

 

「俺っちの作った米がちょびっとでも出るんなら…と思ぅて、奮発することにしたんよ」

「うちのカーチャン、連れて行くけぇ (○´ω`○)ゞ

 

夢のディナーは料金が2万円!2名様だと4万円!!

生産者さんたちも、大切に育てた自分のお米が晴れの舞台に上がるのが嬉しいんだわぁ…と広報の私まで嬉しくなりました。そこへ奥様を連れ立って、素敵なテーブルを囲む光景…きっと誇らしいに違いありません。

そして僭越ですが、こんなコメントをくださった方もいらっしゃいます。

 

「NPOが高く (米を)買い取ってくれるけぇ高級ディナーの銭も出せるようになったよ」

 

お米を買い取ったのはNPOではなく、買ってくださる皆さんです。

 

弊会理事長の高橋はとにかく、「農家の人が農業で食べて行けるようにならないと」「農業でちゃんと子どもを大学まで行かせてあげられるくらいにならないと」と言い、そのためにどのように互酬の経済を回せばよいかを常に考えています。(やはりここは企業人のセンスですネ☆)

 

誠実に作ったお米を拠出してくださる生産者さんがいてくださるからこそ、

そのお米に価値を認めて買ってくださる会員さんや消費者さんがいてくださるからこそ、

それを応援してくださる地元企業の方々がいてくださるからこそ、

このような大きなイベントを開催できるまでになりました。

 

みんなが自分の立場だけを主張しないで、少しずつ提供し合う。その利益が次へ還元される。それを受けた人がまた次へ還元する。こうして循環が生まれるのですね。

 

夢のディナーでは、当会自慢の生産者さんたちにもぜひ会いにいらしてください(^^)/

http://www.oka-kimurashiki.jp/home/シンポジウム-夢のディナー/

会員手続きはお済ですか?桃の販売まもなく!

今年もこの季節がやってまいりました。

なんば桃園さんの木村式自然栽培の桃、予約販売がまもなくです!

昨年度はモモチョッキリゾウムシの食害のために壊滅状態となってしまった桃の木。その後、生産者の難波さんと木村秋則さんとで、何度も細かい対処法の検討を重ねて木のお世話をし、弱っていた桃の木が今年は順調に回復しているとのうれしい報告を受けています。

 

こちらの桃は、まず今年一年ご支援いただいている平成28年度NPO会員の皆様への優先予約からスタートとなります。余剰が出た場合、一般の方へも販売をします。(ただし数に達し次第、受付終了。)

 

このほか、木村式自然栽培の圃場に自生したれんげから採取したはちみつの優先販売など、この時期に一番会員特典が有効にご利用になれますので、この機会の新規ご入会、また継続の更新をお待ちしております(^^)/

 

▼NPO会員新規ご入会をご希望の方は、こちらのページをご覧ください。
http://www.oka-kimurashiki.jp/会員募集/

7/23 シンポジウムのゲストご紹介1

そろそろ情報解禁してまいります☆シンポジウムのゲストのご紹介です。

まずはこのかた・・・

もうご説明するまでもありませんね。自然栽培の提唱者、木村秋則さんです。

 

自然系の栽培方法の中でも、「自然栽培」という概念と言葉を最初に構築したのが木村さんです。「自然」と「栽培」という相反する概念をバランスよく調和させることに重きを置いています。(当会では、それぞれ大切にしているこだわりがあると思うので、各栽培方法に敬意を表し、「自然栽培」「自然農法」「自然農」等を混同して呼称しないようにしています。)

 

「自然栽培」というと、これまでの自然を無視した工業的な生産活動の反省からか、極端に「何もしない」ことに重きを置く人が多いのですが、木村さんの提唱する「自然栽培」では、自然を壊さないギリギリの線を見極めつつ、ちゃんと「食の生産」を行うことも奨励しています。

これについては、当会の解釈もお読みください。⇒★(click!)

 

(このギリギリの線を超えてしまうと、ただの肥料・農薬を使わない工業的な生産に偏っていきます。木村さんは、この線の見極め方が絶妙で、人の手を入れる/入れない の判断が他の追随を許さないほどにスゴイのです!)

 

 

人の手の入らないまったくの自然状態で放置された圃場は荒廃し、生物多様性はかえって低下します。それよりもある程度人の手入れが入ったほうが、生態系は豊かに循環します。

生態系を維持しつつ、そこから得られる恵みを活用するとともに、再生産を行い、持続可能な形で循環させながら利用していく。今世界中で、この「循環型社会」の構築を目指して、議論が繰り広げられています。


木村さんの「自然栽培」では、人は自然を壊してきた排除されるべき悪者ではなく、人もこの循環の中に入っているのだから、「これからはもっとよく考えた生産活動をしませんか」と発信しているわけなのです。

 

最近では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに自然栽培の食材も!と発信し始めた木村さん。日本国内、海外からもオファーの絶えない木村さんが今、リンゴの木を通じて何を見ているのか。どんなお話が聞けるか、楽しみです!

 

▼シンポジウムのお申込み・詳細はコチラまで

http://www.oka-kimurashiki.jp/home/シンポジウム-夢のディナー/

 

7/23 シンポジウムのゲストご紹介2

シンポジウムのゲスト、第2弾はこの方。

カルビー株式会社 元社長で、現相談役の松尾雅彦さんです。

NPO 法人「日本で最も美しい村」連合副会長、新品種産業化研究(JATAFF 内)会長、スマート・テロワール協会会長。

 

現在 松尾氏は、「スマート・テロワール」というものを提唱されています。スマート・テロワールとは、美しく強靭な農村自給圏のこと。里山を中心とした農村で小さな自給ユニットを作り、地域ごとに自立した経済を作っていく…というスタイルです。

 

カルビーでは、産地指定による契約栽培でジャガイモを調達しています。契約栽培にしたことで、各地の生産者さんは安心して栽培に専念でき、結果的に収量増を実現させ、生産者と企業の双方にメリットが生まれたそうです。

 

また同社では、生産・加工のプロセスを知ってもらうために、取引先の小売業者と組織して現地視察を行っているそうです。視察の中で、松尾氏は農村の現状と、隠れたポテンシャルの高さにいち早く気づきます。また同時期、松尾氏はフランスで、国の助成に頼らない自立した農村づくりを組織するグループ「フランスの最も美しい村連合」と出会います。

 

中山間地域の村々が グローバルビジネスで成功する都市部の人を迎え入れることで互いの行き来と循環が生まれ、自分の足元にある景観や文化、歴史的遺産などの地域資源を守り育てることが地域振興につながっていくことを知ります。

 

このような運動がやがて、グローバルならぬ、グローカル:「地球規模の視野で考え、地域視点で行動する(Think globally, act locally)」という新たな概念を生み出しました。グローカル化は今や、マーケティングの重要なキーワードとして、経済、地域振興、環境問題、政治などのあらゆる分野で用いられています。

 

松尾氏はこの運動に感銘を受け、帰国後仲間と共に「日本で最も美しい村連合」を設立。

現在、60の町や村が加盟しています。

実は、弊会の髙橋はこれをヒントに、当NPOの今のスタイルを立ち上げました。

 

自然栽培では常々、「自立」が重要なテーマとして掲げられています。自立した強靭な農業を目指すには・・・?美しい地域づくりとは・・・?ここへ自然栽培をどう絡めていくか?

先見の明を持つ松尾氏の目には、もう数年先が見えているようです。

 

農業だけに限らず、これから地域を元気にしたい!という方や、地域振興の進め方に行き詰まりを感じているという方にも、ぜひお越しいただきたい内容です。(^^)/

 

▼シンポジウムのお申込み・詳細はコチラまで

http://www.oka-kimurashiki.jp/home/シンポジウム-夢のディナー/

 

7/23 シンポジウムのゲストご紹介3

ゲストのご紹介の前にご報告・・・

おかげさまで、今年も無事にお田植祭を開催することができました。今年度も110余名の生産者により、2900俵の計画でお米づくりがスタートしました。圃場巡回も強化し、皆様に安心して自然栽培のお米を召し上がっていただけるよう、さらに努力してまいります。

今年度も応援、よろしくお願いいたします。生産者の皆さん、一緒に頑張りましょう\(^o^)/


さて、シンポジウムのゲスト第3弾はコチラ。只今旬の人!

就労継続支援B型事業所:株式会社パーソナルアシスタント青空 代表の佐伯 康人さんです。佐伯さんは、農業と福祉をつなぐ「農福連携」という新しい分野を開拓されました。

「農福連携」では、障がいを持つ人に自然栽培による農業に従事してもらい、付加価値の高い作物を流通させることで、経済的に自立してもらうことを目指しています。伺ったところによると、障がいを持つ人の中には、農薬や肥料のアレルギーに敏感な人が少なくないそうなのですが、自然栽培は農薬も肥料も使いませんから、安心して圃場内での作業に取り組んでいただけます。繊細で地道な作業を得意とする方も多いのだそう。

 

この活動に賛同した人たちが集まり、一般社団法人 農福連携自然栽培パーティ全国協議会(通称:自然栽培パーティー)が発足。現在、全国22の団体が登録されています。今年5月には、愛知県豊田市で第1回目のフォーラムも開催され大成功をおさめました。また、この活動は、農林水産省と厚生労働省との共同による支援をされるまでに規模が拡大されています

 

あまり知られていませんが、佐伯さんら愛媛の皆さんに 西日本―― 特に温暖な地域での米づくりについて、手ほどきをしているのが当会理事の山田です。(積雪のある地方と、温暖な地方とでは、自然栽培の米づくりにもチョットしたコツの使い分けが必要なのです)

自然栽培パーティーより発売中のDVD 『水稲自然栽培』へも、資料として栽培手引を無償提供させていただきました。木村秋則さんが絶賛し、全国の講演で紹介してくだっているもみ殻燻炭を使った育苗法も載っているようなのです。

 

これは山田が重い苗土を何百箱も運ぶために腰を痛めかけていた女性パートさんのために、軽いもみ殻燻炭が使えないか…と考案したもので、何年もかけて燻炭 や土との配合、温度管理等を編み出しました。特許をとったらとよく勧められているのですが、弊会の髙橋も山田も、「これは自然栽培を教えてくれた木村さん への恩返しだから」「そんなことをしたら叱られる(笑)」といって特許をとらず、広く皆さんへご紹介しているものです。ぜひご覧になってみてください。

 

現在、佐伯さんらが注力しているのが、2020年の東京オリンピック・パラリンピック――特にパラリンピックへ自然栽培の食材を提供できるようにすること。そのための農産品国際認証GAPへの働きかけが進んでいます。

 

7月23日の夢のディナーではもちろん、農福連携に取り組む皆さんからも食材をご提供いただけるよう手配していますので、彼らの美味しいお野菜も召し上がっていただけますよ(^^♪

佐伯さんからわくわくするようなお話が聞けること、間違いなし ですね!

 

さぁ、農福連携に興味がある!すでに始めている!という方も、7月23日は倉敷へぜひお越しください(^O^)/

▼シンポジウムのお申込み・詳細はコチラまで

http://www.oka-kimurashiki.jp/home/シンポジウム-夢のディナー/

中高校生の皆さんをシンポジウムへ無料招待!

次世代を担う中学生・高校生の皆さんを7月23日のシンポジウムへ無料ご招待いたします(^o^)/

 

農業や食、環境、福祉、経済について関心を持ち、その方面への進学を考えている生徒さん、地域づくり・町興しについてグループワークを学んでいる生徒さん 等々、2020年、あなたはどこで何をしているでしょう?これからの世 の中について、自分自身の将来について、何かビジョンが見えてくるかも知れません。これからは農業だ け、環境だけ、経済だけ…という縦割りではなく、分野横断しながら専門性を深める時代です!自分のファースト・ステップを探しに来ませんか? 県の内外問いませんので、先生、保護者の方、ぜひご検討ください。

 

▼申込要件

 申込用紙に以下の内容をご記入の上、学校単位でお申込みください。 在学生徒さんと引率の先生1名様までを無料でご招待いたします。

 (リンゴの木の絵をクリックして申込用紙をダウンロードし、該当する部分へご記入の上、事務局までお送りください。それ以外の欄は空白のままで結構です。)

 

 ・学校名

 ・生徒さんの人数(現時点では人数の制限はありません)

 ・引率の先生のお名前とご連絡先

 

※会場までの交通費等は各自ご負担ください。

※夢のディナーへの無料招待はありません。

申込用紙

リンゴの木をClick!
リンゴの木をClick!

 

こちらのリンゴの木の画像をクリックすると、PDF用紙をダウンロードできますので、印刷してお使いください。

申込先

NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会

〒712-8046 岡山県倉敷市福田町古新田298

FAX  086-441-1399

(本イベント専用番号:通常の事務局の番号とは異なります)

7/23 シンポジウムのゲストご紹介4

シンポジウムのゲストはまだまだ続きます。第4弾はこのかた・・・!

画像:智頭町観光協会様 Webサイトより
画像:智頭町観光協会様 Webサイトより

面積の93%が山林という小さな町で、先進的な町づくりを推進し、全国から熱い注目を集めている鳥取県智頭町

 

森林セラピー/「疎開保険」の創設/町民が林業や教育など興味のある分野について話し合い、良いアイデアには直接予算をつける「智頭町百人委員会」の設置/自然保育「森のようちえん」/戦後初めて認可が下りた麻の合法的栽培/自然栽培を取り入れた「農」のあるライフスタイルの推進 etc・・・

 

書き出しただけでもこれだけの施策が!先進例がすごすぎて気絶しそうです(笑)

 

地域に眠る財産を活かすというよりも、「人」を活かすことで、地域の宝が息を吹き返し、町がどんどん元気になっている智頭町。「どんなことも自分が責任を持つから存分にやれ」――そう言って、町の内外の人々を熱くし、小さな町の「大きな夢」を本当に実現させる原動力となっているのが、こちら鳥取県智頭町長の寺谷 誠一郎さんです。

 

智頭町は「日本で最も美しい村連合」にも加盟されていますし、自然栽培を推進することを発表していますし、今回のシンポジウムにお招きしないわけにはまいりません!当会の熱いラブコールにお応えくださり、トークセッションのゲストとしてお越しいただけることになりました。

 

木村さんに、松尾相談役、佐伯さん、そして寺谷町長… もう一体どんなシンポジウムになるのでしょう!もう想像するだけでドキドキして、また気絶しそうです\(^o^)/

こんなにメンバーが揃うのは今後ないかも知れません。これは来るしかない!?いやもう、是非来てください!

 

▼シンポジウムのお申込み・詳細はコチラまで
宣伝、シェア、拡散もぜひよろしくお願いいたします<(_ _)>
http://www.oka-kimurashiki.jp/home/シンポジウム-夢のディナー/