自然栽培桃の一般販売、開始です!

なんば桃園さんの桃たちに会いに行ってきました。

昨年は、モモチョッキリゾウムシの食害に遭い、収穫が絶望的となった桃の木。今年はどうなっているでしょうか。

わ!元気そうです!葉っぱがピカピカ\(^o^)/

難波さん、すごい!頑張られましたね!!

昨年の夏から冬にかけて、何度も木村秋則さんと連絡を取り合い、対処方法を教えてもらい、自分たちでも検討を重ね、酢や油の散布をするなど、木のお世話はこれまでにもまして念入りになさったそうです。それは木の周りに生えている草の様子にも変化が見られました。

 

▼こちらは2014年7月の同園内を撮影したときのものです。

桃の木が呑み込まれそうなほど旺盛に茂っていたセイタカアワダチソウがあまり見えません。これは植生遷移と、難波さんたちが草を刈るタイミングや刈る時の草丈に改良を入れたことによる、自然と人によるコラボレーションの結果といってよいでしょう。まさしく、『自然栽培』ですね☆

 

植生遷移とは、植物が土地で生育することによる、環境形成作用が主な原因となり、時とともに場所の環境が変化して行く現象のことです。(Wikipedia より)Wikipedia をぜひ参照してみてください。なぜ、ある程度人の手を入れないといけないか、自然のままにしているとどうなっていくか、よく分かると思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/遷移_(生物学)

こちらはなんば桃園で一緒に作業をなさっている重要なスタッフ:サム君と、フィクサー(?)の難波さん。(難波さんの伯父様)気取りがなくて面白くて、やさしい伯父様なんです。

桃を試食させていただきました。桃を剥いてくださっているのは、同じく難波さんの伯母様。伯母様もとても優しくて素敵なかたなんです。(広報のニコは伯父様ご夫婦が大好き♡^^)

ほかにも難波さんの奥様や、パートさんなど、なんば桃園では親族皆で力を合わせて、自然栽培の桃を守り続けてくださっています。

自然の速度に合わせて、じっくりゆっくりと育つ桃は、細胞が細かくギュッと凝縮して育つのでしょう、このように水に沈む桃が多いです。(100%ではありません)

食べた人が必ず発する言葉は

「エグミがない!」

 

スッキリと爽やかな喉越しで、ジュワっと果汁が滴り落ちます。この桃を食べると、ほかの桃とは違う果物なんじゃないかと思えてくるほど、違いがあります。ぜひ召し上がってみてください。自然相手の収穫作業となりますので、ご注文の際にはいろいろな制約があって申し訳ないのですが、そこを押してでも食べてみたい桃と言っていただけると思います(^^)/

⇓ ご注文はコチラ ⇓

 ▼ 平成28年産/岡山県産 木村式自然栽培桃「清水白桃」

http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000035/

 

▼平成28年産/岡山県産 木村式自然栽培桃「おかやま夢白桃」

http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000025/

 

▼その他、木村式自然栽培の商品だけをご紹介しています。夏のご贈答にぜひ(^^)/

http://www.kimura-world.co.jp/


本日7月4日にご案内しております、自然栽培桃の清水白桃につきまして、オンラインショップのカートが「品切れ」の表示となりご注文が出来ない事態となって おりましたが、現在修正作業が完了し、ご注文が可能となっております。ご注文いただきました方には大変申し訳ございませんでした。
あらためまして、皆様からのご注文をお待ちしております。

7/23 シンポジウムのゲストご紹介5

シンポジウムのゲスト・・じつはまだいらっしゃいます。第5弾は・・・!

「え?もしかして…!」そう思うわれた方もいらっしゃるでしょうか。知る人ぞ知るこの方。

一般財団法人 賢人塾の創立者、田端 俊久さんです。

 

賢人塾とは、日本の伝統芸能、伝統工芸、建築、農業、林業、漁業など、日本固有の伝統的な文化や産業の復興、継承者育成、海外への広報普及活動を目的として設立された青年塾。

 

田端氏は、軽トラックでの野菜の行商からスタートし事業を拡大させたというご自身の体験を元に、これまでに多くの事業家を輩出しています。有名な方では、三重県でブライダル事業を展開するクロフネカンパニー代表で、最近では講演活動でも人気を誇っている中村文昭さんも、田端さんに師事されています。

 

理事長の髙橋たっての希望で、「これからの日本について日々真摯に考えておられる田端さんにもぜひご参加いただきたい」「熊本の農場でもぜひ自然栽培を」とお願いし、トークセッションのゲストとして加わっていただけることになりました。

 

賢人塾は熊本県にあり、ご存知の通り今 熊本は地震や最近の大雨による土砂災害など、大変な状況にあります。(賢人塾も被災されています。)このため、田端さんのご来岡はギリギリまで調整…となっていたのですが、シンポジウムの趣旨に賛同いただき、実現しました。

 

木村 秋則さん/松尾 雅彦さん/佐伯 康人さん/寺谷 誠一郎さん/田端 俊久さん

 

人の心にある「やる気スイッチ」をONにする人ばかりが集まりました。

トークセッションのナビゲーターは弊会理事長の髙橋が務めます。これだけのスペシャリストをナビゲートする髙橋、お役目重大です!

 

 

も うすぐ参院選挙が始まり、全国各地でこれからの日本・・私たちの住む町や次世代の行く末について、熱い議論が交わされています。でも政治の世界に任せるだ けでなく、私たちがもっと身近なところで何ができるか、もっと主体的な場が欲しい。自然界の法則は、トップダウンではなく、ボトムアップで広がります。これは、一人一人の意思が総意となって、全体を動かすということにほかなりません。そのことを考える時間を多くの皆様と共有できますよう、ご来場をお待ちして おります。

 

▼シンポジウムのお申込み・詳細はコチラまで
宣伝、シェア、拡散もぜひよろしくお願いいたします<(_ _)>
http://www.oka-kimurashiki.jp/home/シンポジウム-夢のディナー/

 

夢のディナー 出演シェフの方々紹介

いよいよ一週間後に迫ってきました、自然栽培シンポジウムと夢のディナー。

まだお申込みは受け付けております!

 http://www.oka-kimurashiki.jp/home/シンポジウム-夢のディナー/

 

夢のディナーでは錚々たるシェフの方々が岡山へ集結します!農家の皆さん、シェフの皆さんの心が一つになったメニューの数々。今も事務局へはどんどん確定したメニュー表が届いていますが、どれも素晴らしくて、もうホントに気絶しそうです(笑)ここで一気に、シェフの皆様をご紹介☆彡


三國 清三
三國 清三

オテル・ドゥ・ミクニ 東京都  

 https://oui-mikuni.co.jp/

 1954年北海道増毛町生まれ。15歳で料理人を志し、札幌グランドホテル、帝国ホテルにて修業。2015年フランス共和国より、日本の料理人で初めてレジオン・ドヌール勲章シュバリエを受勲。2014年(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問、2015年(公財)ラグビーワールドカップ、2019組織委員会顧問に就任。現在、子供の食育活動や復興支援活動「子どもたちに笑顔を!」笑顔プロジェクトを継続している。

 

門田 征吾
門田 征吾

レストラン門田 愛媛県

 http://www.kadota.co.jp/

1976年世界料理オリンピック金メダリスト。2009年愛媛県知事認定調理人愛媛マイスター、2011年 旭日双光章 受章。ホテルオークラ、ホテルパシフィック東京等で修行後、故郷愛媛へ戻り松山全日空ホテル洋食料理長等を歴任。1993年「瀬戸内風仏蘭西料理レストラン門田」開店。内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会総本部副会長、社団法人全日本司厨士協会総本部評議員ほか、業界の発展、後継者の育成に大きく貢献している。

 

高木 慎一朗
高木 慎一朗

日本料理 銭屋 石川県  

http://www.zeniya.ne.jp/

 大学卒業後、(株)京都吉兆で徳岡孝二氏に師事。2008年在NY日本総領事公邸 晩餐会の料理担当を皮切りに、海外招聘が相次ぐ。2011年東日本大震災復刻支援ガラディナー(パリ)シェフ、2013年Gourmet Abu Dhabi2013 等のほか、 韓国、オーストラリア、シンガポールなどより招聘。ユネスコに「和食 日本人の伝統的な食文化」が登録されるにあたり、金沢市内小学校で「味覚の授業」として調理授業を行う。全国芽生会連合会元副理事長、金沢芽生会理事長。

 

岸本 直人
岸本 直人

ランベリー・ナオト・キシモト 東京都 

http://www.lembellir.com/

渋谷「ラ・ロシェル」の坂井宏行氏に師事。1994年に渡仏。ロワール「ラ・プロムナード」パリ「フォーシェ」ブルゴーニュ ヴェズレー「レスペランス」などで研鑽を積む。1996年に帰国。2001年より銀座「オストラル」シェフに就任。2006年11月南青山にてレストラン「ランベリー」をオープン。ミシュランガイド東京にて、2008年初版より8年連続星を獲得。2013年南青山に「Bis」2014年京都・八坂神社内にてレストラン「ランベリー京都」をオープン。開店から半年でミシュランガイドにて星を獲得。

 

赤松 健二
赤松 健二

ピノロッソ 島根県 

http://pinorosso.jp/

 1982年大阪の京阪ホテル、レストランに就職。 1993年津和野町にレストラン「ピノロッソ」を開業。2005年から、三國シェフの食育活動「キッズシェフ」に参加。地元でも小中学校対象に味覚の授業や調理実習を行っている。「日本味覚教育協会認定味覚授業指導者」「日本フランス料理技術組合会員」「日本イタリア料理協会会員」「全日本・食学会会員」

 

山本 秀和
山本 秀和

倉敷アイビースクエア 岡山県 

http://www.ivysquare.co.jp/

 1998年倉敷アイビースクエア入社。宴会部にて、洋食全般を担当するほか、氷彫刻も手掛ける。2014年料理長に就任。

2016年5月に開催された伊勢志摩サミット(主要国首脳会合)に関連し、倉敷市で開催されたG7倉敷教育大臣会合にて調理スタッフとして参加。中国地方有数の観光地、倉敷美観地区を訪れる多くの観光客を魅了している。

 

石崎 勝人
石崎 勝人

すし遊館 岡山県 

http://sushiyoukan.com/

 東京で20年間江戸前寿司に携わる。平成14年株式会社やまと(すし遊館)入社。現在 取締役マネージャー。人肌のシャリにこだわり、本マグロの築地直送を確立させ、回転すし界で注目を集める。老若男女、幅広いお客様に支持されている。すし遊館は、NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会理事長の髙橋 啓一が代表を務めるすし店で、日本(世界)で初めて自然栽培米のシャリを採用。

 

山崎 隆
山崎 隆

レストラン山崎 青森県 

http://www.r-yamazaki.com/

 弘前、東京、仙台で修行後1986年渡仏。帰国後ホテル法華倶楽部弘前店洋食料理長に就任。1994年レストラン山崎開店。木村秋則氏の盟友として、自然栽培リンゴを使った料理の開発を皮切りに、地場食材を発信している。2014年から自然栽培を軸に生産者と全国の料理人をつなぐ食のレセプション「自然栽培夢のディナー」全国ツアーを開催。著書に「奇跡のりんごスープ物語」(講談社、2013年)

 

これだけのシェフたちが、一品だけを作るためにわざわざ倉敷へ来てくださるなんて、こういうスタイルのディナーパーティーってあったでしょうか。なんて贅沢なんでしょう!

 

7月23日は倉敷天領夏祭り も開催されます。この日の倉敷は、チョット違う!何かが起こる!?ディナーのお席、あと少し残っていますので、倉敷の夏の夜を過ごしにぜひいらしてください\(^o^)/

 

▼詳細、お申込みはコチラ

http://www.oka-kimurashiki.jp/home/シンポジウム-夢のディナー/

 

Caution!

倉敷天領夏祭りに合わせて、美観地区周辺の交通規制等による混雑が予想されます。お車でお越しの方は、倉敷天領祭り公式サイトにて駐車場や通行可能な道路をご確認ください。

倉敷天領夏祭り 公式サイト ⇒ http://www.tenryo.jp/

7/23 シンポジウムの様子

おかげさまで、何とかシンポジウムと夢のディナーを終えることができました。

今回、本当に多くの皆様にご理解とご協力をいただきました。感謝してもしきれません。心より御礼申し上げます。ボランティアでお手伝いくださった皆様も本当にありがとうございます。

 

当日の様子をフォトギャラリーで取り急ぎUPさせていただきます。

ご来場くださいました皆様、どうもありがとうございました。

▼シンポジウムの様子

▼物販コーナーの様子

夢のディナーの様子はコチラ⇒ ★(click!)

 

 

7/23 夢のディナーの様子

何もかもが初めてのイベント、それもシンポジウムと夢のディナーという2つの同時開催という中で、NPO事務局ではわずかなスタッフ数での準備・対応だったため、たくさんの皆様に手を差し伸べていただきました。ご迷惑、ご不快な思いをなさった方へは心よりお詫び申し上げます。また、ご協力くださった皆様、本当にありがとうございます。

特に、倉敷天領祭りやビアガーデン開催中の忙しい時期に、この難しいイベントを受け入れてくださった倉敷アイビースクエアの皆様には、心からの感謝を申し上げます。

 

このたび頂戴しました皆様からの多くの善意は、今後の活動の糧にしてまいります。

本当にありがとうございました。<(_ _)>

 

シンポジウムの様子はコチラ⇒ ★(Click!)

 

桃の長期保存にはアルミホイルが効く!!

なんば桃園さんの桃、第1便がそろそろお手元へ届き始めたようです。

「なんばさんの桃が届いたよ~!」
「本当に水やりしてなくてこんなに瑞々しいの?」
「夢のディナーで出てきたあの桃だよね?」
「爽やかな甘さ~!!」


お買い上げくださった方々から嬉しいご連絡が続々(^^♪
おかげ様で、今年も完売との報告を受けております。今年も「購入」という形で多くの皆様から難波さんへのご支援をいただき、ありがとうございます。

 

難波さん、早朝の涼しい時間帯に桃を収穫し、選別作業→箱詰め→発送 …と、連日夜までかかってスタッフ総出で作業を続けておられます。桃は「触ったあとにも指の跡がつく」といわれるほどデリケートな果物なので、扱いもていねいにしなくてはなりません。また届いていない方も随時発送していますので、今しばらくお待ちください。

 

お客様の桃が確保された後、広報ニコも2箱買えました(嬉) 野菜室ギューギュー^^;
お客様の桃が確保された後、広報ニコも2箱買えました(嬉) 野菜室ギューギュー^^;

ところで、クックパッド編集部さんの記事で、気になるニュースを発見。桃をアルミホイルで包んで冷蔵保存すると、長持ちするそうなんです!
▼クックパッドさんの許可を得て、以下のリンクをご紹介☆彡
http://news.cookpad.com/articles/9251
 
広報も早速、自宅に届いた難波さんの桃をアルミホイルで包んで実験中です。(実証できていないのにご紹介してすみません…)ご興味ある方は試してみてくださいね(^^)/