仲良しになれたね!生きものしらべ会

8月6日、当会では初めての開催となりました「生きものしらべ会」では、皆さんと楽しい時間をすごしました(^_^)/

 

木村式自然栽培の圃場は、ある一定の基準に統一させた画一的な管理・指導をしないため、圃場ひとつひとつの個性が大変ストレートに顕れます。植物相、動物相にもそのことが反映されるので、事前調査をする中で、より生きものが豊かに生息している圃場で且つ、人がジャブジャブ入っても栽培に影響を与えない、比較的条件のよい圃場を選んでご案内することにしました。


ご案内した田んぼは、田んぼの一角を苗代にしていて、酸素がよく入った水をたたえている場所。すぐ近くに山がないのに、なんとカブトムシが飛来してきたり、秋には赤とんぼが集まる、ちょっと不思議な田んぼなのです。

この日、初めて田んぼに入るという親子さん。農薬も除草剤も入っていないので、安心して入れますね^^

ジャンボタニシもいますが、マルタニシもいます。ヒメタニシやマルタニシなどの在来のタニシは、藻を食べて綺麗な水を吐き出してくれる、田んぼのお掃除屋さんなんですよ。

これ、なんだかわかりますか?オケラです。そう、「ぼーくらは みんな 生きているー♪」で始まる、「手のひらを太陽に」の歌に出てくる、あのオケラです。思わずみんなで歌っちゃいました(笑)


「ナデナデできる?^^ 」やさしく声をかけるファシリテーターの阪田さんの手から、恐るおそる手を出す子どもたち。「プニョプニョしてるー!」と言いながらすぐに慣れて、しっかり触れるようになっていました(^^)

クモもたくさんいます。ということは、エサがたくさんあるということ。クモは稲に悪さをする虫を食べてくれます。

ここでもコオイムシがいました。コオイムシはもしかすると、自然栽培の田んぼにいる生きものとしての指標になるかもしれません。

あらっ ここには生きもの好きな “少年” が二人…!(^^)!

 

「この田んぼの泥、におってみてください」トロトロした泥を差し出す阪田さん。

続きを読む