デザインが変わります\(^o^)/

ついにお披露目です!

会員の皆様には早くからお知らせしておりました、当会のマークやロゴの公式デザインが完成いたしました\(^o^)/

 

ピンク色の可愛らしいマークは、リンゴの花。

そう、「奇跡のリンゴ」の花です^^


デザイナーさんは、デザインを起こすにあたり、さまざまな文献を読んだり、たくさんの自然栽培に関わる人と話をしたり、自然栽培の軌跡を辿っていく中で、木村さんのリンゴ畑に初めて咲いたというリンゴの花のエピソードが最も印象に残ったといいます。

 

自然栽培の食材は、自然界で切磋琢磨し生き残った強い遺伝子と思っている人は多く、自然栽培の農産物には男性的な力強さがあると思われがちなのですが、木村秋則さんのリンゴ畑を訪れると、やさしい風や空気が流れ、樹も草も花も、どれもはんなりとしていて、女性的なやさしい姿をしているんです。畑に佇んでいると、やさしいお母さんに抱かれているような・・そんな安心感があります。

 

それは、木村さんがご家族を想い、ご家族が木村さんを想い、そして、木村家の皆さんが自然界からもたらされたすべての生命を想うようになったからこそ、母なる大地がその姿を表したのではないでしょうか。


植物の種や果実は、「母なる大地」から産み出されます。「大地」という単語を女性名詞にしている国は多く、earthやnatureをsheで表現するのもよく見かけませんか?

緑色が玄米、ピンク色が精米となります
緑色が玄米、ピンク色が精米となります

当会は、このデザインに、これからの時代を担う子どもたちと、子どもたちを育て慈しむお母さんたちに、もっと届けたいという願いを込めました。そして、自然栽培に触れるたび、私たちの住むこの地球を守っているんだ…という自覚を持ちたいなと思っています(^^)

 


手始めに、10月からは米袋のパッケージデザインも新しくなります。ほかの認証品についても随時刷新していく予定です。「販促にぜひ力を入れていきたい」とおっしゃってくださる心強い認証店の皆様からのメッセージもいただいていますので、今後、いろいろな場所で、このリンゴの花のマークをご覧いただける機会が増えると思います。ぜひ岡山発の自然栽培食品をお手に取ってみてください。

 

▼認証品のみを集めたお買い物ページはコチラからどうぞ(^^)/
http://www.kimura-world.co.jp/

台風もなんのその!

日本列島を包み込むように縦断した台風18号。皆様のところはご無事だったでしょうか。被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

 

台風が岡山県を通過した翌日の9月18日は、ちょうど生きもの調査2回目を予定していました。延期も考えたのですが、「とりあえず行ってみよう!」ということで、予定通り田んぼへおじゃましてみると・・・

おお~!全然倒伏していません!!台風の影響、まったく無し\(^o^)/

コチラは、朝日米が作りにくいといわれる県北で最適な品種を探すために、試験的に別品種の栽培を依頼している圃場です。早い時期に出穂(穂が出ること)があったので水を落としており、稲穂も色づいていました。

 

これまでも、台風が来ても回復不能になるような倒伏は経験していなかったので、たぶん今回も大丈夫だろう‥とは思っていたのですが、やっぱり大丈夫でした。

 

▼こちらは近くにあった慣行栽培の田んぼです。

倒伏しています。コンバインで刈り取りができなければ、手で刈り取るしかありません。農家の方のご苦労を思うと、どうか収量だけでも確保できますように…と祈らずにはいられません。

 

再び当会が認証する田んぼへ。コチラは、近くの山からイノシシやシカが出てくるので、柵を張り巡らしていました。イノシシの特性を考えた設置の仕方をしています。

 

この生産者さんは、いろいろと細やかな工夫をされる方で、稲に悪さをするイナゴや、イノシシからの攻撃を最小限に抑えるのが本当にお上手なんです。イノシシが来た形跡があるのに、稲が無傷だったのにはびっくり!幼いころから野山で遊んでこられた方で、自然の動きを観察して、それに合わせたりいなしたりするのが面白くて仕方ない!「僕は自然に遊んでもらっとるんですよ^^ 」と楽しそうにお話されていました。

 

不要な殺生もしないため、生きもの調査をお願いするにはぴったりの方なんです。


面白い田んぼがありました。

コチラの田んぼも、朝日とは違う品種を試作していただいているのですが、矢印のあるピーンと立っている緑の稲…コレ、朝日なんです。

 

以前 朝日で作付けしていた時のこぼれ種が、自然発芽していたものと思われます。

 

発芽から生育まで、一切人間の手が加わっていない、野生の朝日。県北で朝日が自然に育つとなると、この時期はこんな姿が普通なんですね。色づく頃には霜が降りてしまうでしょう。県北で朝日の栽培が難しいといわれる所以を見た気がしました。施肥による力を借りない自然栽培は、適地適作はマストなのかもしれません。

ところで、素晴らしいことに、この地区では、慣行栽培の人でさえ畦に除草剤を撒かないそうで、ヒガンバナが咲いていました。

慣行栽培の田んぼでも除草剤を撒いていません
慣行栽培の田んぼでも除草剤を撒いていません
矢印の所はモグラが空けた穴
矢印の所はモグラが空けた穴

ヒガンバナは、モグラ除けによいとされています。ヒガンバナの持つアルカロイドという毒素がミミズを寄せ付けず、そのミミズをエサにするモグラも来ない‥というわけ。

 

それに、除草剤を撒けば、植物の根が脆くなり畦が崩れやすくなります。棚田だと困りますよね。このため、この地区の農家の皆さんは、栽培法の違い関係なく、協力して畦や用水路の整備を行っておられます。
 

平地だとそういう気遣いもあまり必要ないので、波板やビニール資材で囲って水を貯める農家さんもいます。畦を見れば、どんな地区のどんな農家さんなのかがわかると言われています。

調査をしてくださる阪田さんが、サンプルとして持ち帰る虫を入れた瓶を見せてくれました。

 

「この綿には、ネイルでよく使われる除光液をほんの少しだけ含ませています」

 

「1~2滴綿に垂らしただけなのに、どんどん死んでしまう。これより何倍も強い除草剤や農薬を撒いた田んぼの中は、一体どんなことになっているんでしょうね…」

 

なんとも重い言葉です。

 

人間が重い考えごとをしているのもどこ吹く風、オニヤンマが気持ちよさそうに何度も自然栽培の田んぼを旋回していました。

 

ふと見上げた空には、なんとコシアカツバメがたくさん!(写真は撮れませんでした、ゴメンナサイ)

 

それだけ、捕食できるエサがあるということなのでしょうね。

 

コシアカツバメ、だんだん北上しているようです。珍鳥だそうで、これを見られたらラッキーなんですって。ぜひ検索してみてください。自然栽培の田んぼには、自然界のイイモノがたくさん集まっているのかも知れませんね !(^^)!

 

JA佐渡も始めた自然栽培と、朱鷺

写真:「佐渡観光PHOTO」より
写真:「佐渡観光PHOTO」より

新潟県の佐渡でも今年から自然栽培が始まっています。佐渡といえば朱鷺(トキ)の保護活動が有名です。そのトキとの共生の舞台の一つとして、自然栽培も選ばれました。ここもなんと、JA佐渡が主体的に自然栽培の推進をしています。

 

NHK新潟がその様子を伝えたということで、「JA佐渡自然栽培研究会」さんがFacebook へ投稿されています。Facebook のアカウントをお持ちでない方にも動画がご覧いただけます。以下の★印をクリック(またはタップ)してみてください。

(こちらをClick or Tap )

環境省:若松 徹 主席自然保護官

 「今後 真のトキとの共生という部分で 実生活の中で関わる部分が出てくる」

 

JA佐渡:前田 秋晴 理事長

「まさに究極の生物多様性農業 このあとの販売戦略を考えるとき佐渡米の価値向上の貴重な取り組みになるということで始めた」

「地域として農業として生物多様性に取り組める地域としては全国でも珍しい」

 

国内最後のトキの生息地となった佐渡は、1000m級の高い山々と森、そして棚田が広がる島。こうした特徴がトキを育む郷として定着したのですね。どこの真似でもない、佐渡にしかできない佐渡ならではの地の利を生かした農業を自然栽培と絡めて始めていることに、敬意を表したいと思います。JA佐渡さん、攻めの農業を進めていらして、素晴らしいですね!

今、こうした動きが全国各地のJAで少しずつ始まっています。

 

生きものだけが優先されては農業は成り立たず、農業だけが優先されても私たちは生態系サービスの恩恵を受けけることはできません。自然栽培は、そのあたりの「折り合い」をつけるのによい栽培方法なのではないでしょうか。

 

「自然栽培」とは、「自然 “な” 栽培」 ではなく、「自然 “と” 栽培 」であるといわれる所以を、生物多様性を考えるときの大きなヒントとして、あらためて考えてみたいと思います。

 

岡山も、岡山にしかできない岡山ならではの自然栽培を進めてまいります(^o^)丿