自然栽培とウンカとバランス

今年も生きもの調査、地味~にやっています笑

あと数週間で収穫を迎える当会の田んぼ。朝日が少しずつ色づいてきました。

コンバインが入りやすくなるよう水を落とし、生産者の皆さんもアップを始めています!(^^)!

「ちょっとあんたらぁ、何しとん?」ご近所の慣行栽培をしている農家さんがやってきました
「ちょっとあんたらぁ、何しとん?」ご近所の慣行栽培をしている農家さんがやってきました

今年も引き続き、阪田睦子さんにお願いしています。根っからの生きもの好きで、「自然栽培は可能性に溢れた素晴らしい農業だと思います」と言ってくださいます。そして、そのことを農家の皆さんご自身にも知ってもらおうと、ていねいに説明をしてくださいます。

 

自然栽培は冬に水を落としますが、阪田さんがおっしゃるには、そうしたヒトの行為も、生きものたちにとっては大切なことなのだそうです。自然界の摂理の中にヒトもちゃんと組み込まれていると知り、人間は自然を壊す悪い存在なわけではないんだと思えて嬉しくなりました(^^)

右側に写っているのが当会の認証生産者さん。生きもの調査にご協力くださるようになって以来、ご自身もすっかり「虫の眼」になったみたい。阪田さんがバットに広げて生きものを採取していると、生産者さんも自分のバットを持ってきて、同じように生きものを観察しています。すっかり感化されちゃいましたね。

 

おかげで観察力が研ぎ澄まされるようになり、田んぼのわずかな変化にもよく気づき、技術を上げられています。彼の平均収量は7~8俵なんですよ(^^♪

 

生きものたちを味方につけるとなぜよくお米ができるのかは、当会制作の動画もぜひご覧ください(^^)/

「あら、テントウムシの幼虫がいましたよ」
「あら、テントウムシの幼虫がいましたよ」

自然栽培の田んぼは今、クモだらけ!あちこちに巣を張って、獲物を捕まえようとしています。そうやって食物連鎖が生まれています。

「ちょっと人すくいしただけで、こーんなに生きものがいっぱい!」
「ちょっと人すくいしただけで、こーんなに生きものがいっぱい!」

こちらの小さな芥子粒のような黒いものは、カタビロアメンボ。なんと、ウンカの捕食者なんです。

阪田さん「これだけカタビロアメンボがいたら、ウンカは大丈夫ですねー」

 

じつは岡山県では、ウンカ注意報が発令されました。

上の画像は、巡回中に見つけた慣行栽培の田んぼです。ウンカは、稲の汁を吸って枯らしてしまう大敵なんです。ミステリーサークルのように円形に稲が倒れているのが、ウンカの被害跡。収穫を目前にして、つらいですね(涙)・・どうかこれ以上被害が広がることなく、無事に収穫を迎えられますように。

阪田さんが太鼓判を押してくださっている通り、おかげさまで自然栽培の田んぼは今のところウンカの被害報告はゼロ。この田んぼも順調に穂を充実させています。

続きを読む

\新潟の農業高校が当会を視察/

「コシヒカリのルーツの朝日米を見に、農業高校の生徒をお連れしたいのですが」

 

昨年、JTB長岡支店さんからこんなご依頼が舞い込んできました。

 

えっ!コメ所の、あの新潟から!?

 

 

「このお話は、きっと堀川さんが喜ばれます!」と当会理事長の高橋。

 

かつて、JA岡山中央会の会長をされた堀川 進氏は、「カエルもドジョウもいるような昔の田園風景を取り戻し、瀬戸内の温暖な岡山にたくさんの観光客が訪れるようになってほしい」とお話しされていたそうです。

 

ということで、新潟県立長岡農業高等学校の生徒の皆さんが、修学旅行のコースの一部として、自然栽培でつくる岡山の朝日米を見に来ることに!

 

当日は、NPOだけでなく、JA全農おかやま(岡山県本部)さん、岡山パールライスさんも駆けつけてくださり、生徒の皆さんをお迎えしました\(^o^)/

\ようこそ~/
\ようこそ~/

視察は、当会のモデルほ場。いつもお田植祭や収穫祭をしている田んぼです。当会で一番自然栽培歴が長いんです。

あら…? お気づきの方、いらっしゃるでしょうか。コチラの学校、女子の方が多いですね。岡山の農業高校さんは男子が多いので、なんとなく男子生徒さんがたくさん来場されるとばかり思っていたので、私たちはびっくり。

 

これぞ、“農業女子” ですね!

 

長岡農業高等学校さんでは、以下のコースがあるそうです。

・作物生産コース ・・・・稲作の栽培を中心に農業を総合的に学習
・動物科学コース・・・・・動物の飼育や畜産物の利用を中心に学習
・青果生産コース・・・・・野菜・果樹の栽培を中心に学習
・園芸科学コース・・・・・草花の栽培や植物の組織培養を中心に学習

 

ほ場の視察のあとは、座学の時間です。

生徒さん、先生、受け入れ側には、NPO、JAグループ、そして稲刈りで大忙しの生産者の皆さんにも駆けつけていただき、総勢100名(この会議室のキャパギリギリ!)が集まり、岡山ならではの朝日米や自然栽培のレクチャーという めっちゃ贅沢な講義が始まりました(^^)/

トップバッターは当NPO高橋による 経済と自然栽培の関連のお話
トップバッターは当NPO高橋による 経済と自然栽培の関連のお話
なぜか化学式の講義まで飛び出しました(高橋は工学部卒w)
なぜか化学式の講義まで飛び出しました(高橋は工学部卒w)
続いてJA全農おかやま 米穀課さんから全農の紹介
続いてJA全農おかやま 米穀課さんから全農の紹介
 皆さん、来年は就職だから真剣!
皆さん、来年は就職だから真剣!
朝日米の歴史についてもたっぷり講義いただきました
朝日米の歴史についてもたっぷり講義いただきました
事務局からも、朝日米を自然栽培でつくる面白さを、SDGs に絡めてお話ししました
事務局からも、朝日米を自然栽培でつくる面白さを、SDGs に絡めてお話ししました
しっかりメモを録っています( ..)φ
しっかりメモを録っています( ..)φ

生徒さんたちは、ちょうど前日の旅程で広島でもSDGs のお話をきいたばかりだったそうです。「今日のようなお話を聞くと、農業とSDGs の距離が近く感じられて、これからの授業にも役に立ちそうです」と先生にも好評でした。(よかった!)

 

3つの講義をダイジェストでお送りした後は、「やっぱり、朝日を食べてみたいよね!」ということで、木村式自然栽培米「朝日」を使った岡山名産のばら寿司を、生産者の皆さんも交えて、おしゃべりしながら召し上がっていただきました。

続きを読む