ほ場巡回始まりました!

今年も恒例のほ場巡回が始まっています。

【なぜほ場巡回をするの?】

田植え後、苗は順調に生育しているか、畦や水の管理はどうか、トレーサビリティの一環としての認証看板はきちんと設置されているか・・等々、いくつかのチェック項目に沿って、ほ場確認を行っています。

「私たちは農家ではないので、お米をつくることができません。だから、NPO会員となって農家の皆さんを支援するので、自然栽培のお米をぜひつくってください。そして、お米ができたら、私たちへ売ってください」

 

これが、当NPOが契約栽培をスタートした趣旨です。

 

NPO会員となってくださる方は、

・自然栽培のお米を食べてみたい

・コシヒカリの祖先である「朝日米」を食べてみたい

・このお米なら身体に負担なく食べられるのかも‥と期待して

・自然栽培のお米を買うことで、間接的に環境保全や生物多様性に貢献したい

・農家の人が継続できるよう、買い叩かず、農業を支援したい

 

 

いろいろな動機で入会されています。

 

「家族にはスーパーの安い米でいいのに‥と嫌な顔をされましたが、自分の美容代を節約するからといって説得しました」

 

「私は食べなくていいから、孫のために買ってやりたいんです」

 

‥こんなふうに、家計を節約してまで、このお米を買ってくださっている方もいらっしゃいます。

 

当NPOは、そのような会員の皆様の貴重なお金をお預かりし、その支援金とお米の売上金で木村さんや有識者の先生を招聘し、情報収集をし、栽培資料をつくり、認証生産者の方へ情報提供しています。

 

また、ブランディングやPR活動をし、お米が流通に乗るまでのさまざまなサポートをしてくださっている協力企業・団体へ手数料をお支払いしています。

 

このため、収穫されたお米は「全量買い取り」として、生産者の皆さんにはJAを通じてお米をご提供いただくのです。

 

「How to だけ手に入れたら、あとは自分たちで他所で売りますので~!」

「木村秋則さんのネームバリューやお墨付きが欲しい」

「自分たちでつくった米なんだから、どこに、誰に渡そうと、こっちの勝手でしょ」

 

という方をお断り しているのは、このような支援者の方々を裏切ることになるからです。

 

ですので、認証規定の中には、保有米を販売した方は退会となる項目もあります。ここを理解されずに入会された方の中には、実際に退会通告となった方も残念ながらいらっしゃいます。

 

 

木村さんもよくこんなことをおっしゃっています。

 

「リンゴや米は、誰が実らせてくれたのですか?あなたではありません。木や稲が実らせてくれたのです。人間はお手伝いをしただけです」

 

「そのリンゴは、そのお米は、“自分のリンゴ” “自分の米”ではないのです」

 

作物の所有権は自分にある‥という概念は捨てましょうとお話しされます。

 

「私たちは遠方に住んでいるので、田んぼを見に行くことができません。私たちの代わりに、お米の生長具合を見てきてください。私たちの代わりに、栽培に困っている農家さんがいれば、サポートをしてあげてください」

 

私たちがほ場巡回をしているのは、監視をしているというよりも、このような会員の皆さんのお気持ちに応えるためです。

 

もちろん、監視や抑制の側面があることは否定しませんが、できるなら、性悪説ではなく、性善説の観点でこの巡回を行いたいというのが私たちの心からの気持ちです。

 

生産者の皆さんにも、NPOの趣旨をご理解いただき、農家の “プロ” としての自覚を持ち、支援者の方々への責任を果たしていただきたいなと思っています。

 

さて、ちょっと堅苦しいことを申し上げました(;^_^A

今回もいろんなタイプの田んぼを見てきましたよ!レポート、つづきます(^_^)/

 

(つづく)

なんば桃園さんの桃 ご予約受付中!→受付終了

ほ場巡回レポートのつづきの前に、なんば桃園さんの桃のニュースです(^^)

なんば桃園さんでは、自然栽培の桃の収穫が始まっています!

 

岡山の桃といえば、「清水白桃」。木村式自然栽培米「朝日」と同じく、岡山県で生まれた品種で、「白桃」と「岡山3号」の混植園で偶然発見されました。

 

岡山って、地域由来の食材に恵まれていますね。瀬戸内の温暖な気候がもたらす自然の恵みの宝庫ですね^^

 

その白く上品な姿は皮を剥いても変わらず、瑞々しくやわらかで、「桃の女王」と呼ばれています。

 

岡山でつくる「白桃」は、その白さを維持するために一つ一つ袋掛けして大切に育てられています。

一つ一つ、桃の成熟具合を確かめながら収穫をする生産者の難波さん
一つ一つ、桃の成熟具合を確かめながら収穫をする生産者の難波さん
だんだんいい土になってきました
だんだんいい土になってきました
スタッフの皆さん総出で収穫作業に当たります
スタッフの皆さん総出で収穫作業に当たります

触った先から指の跡が残るとまでいわれるほど、繊細な白桃は、こうして幾重にも緩衝材でていねいに包まれ、お姫様のように大切に、大切に包装されます。

一応、包丁も用意しましたが、皮はつるんと手で剥くことができます。

この瑞々しさ、ご覧ください。写真で伝わるでしょうか!果汁にたっぷり包まれた桃。包丁でカットした途端、果汁がしたたり落ちるんです。これ、水やりも一切していないんですよ!ちょっと信じられません。

 

そして何より、食べた時の美味しさ!上品さ!

もうびっくりします。

 

初めて食べたとき、「ああ、食欲がないって元気をなくしていたあの人に、お見舞いに持って行きたいな‥」と、ちょうど入院していた友人のことが思い浮かんだことを思い出します。そのくらい、身体じゅうに染み渡る美味しさ、やさしさなのです。心までとろける美味しさに出会ったのは久し振りでした。

 

インターネットでこの香りと味がお伝えできないのが残念でなりません(笑)

 

大切な人に、自分へのご褒美に、ぜひご賞味ください。

 

取扱いの「清水白桃」の収穫期は、これから8月中旬くらいまでの短い期間。集中的に収穫をし、次々と発送を行い、あっという間にこの蜜月期間が終了します。

 

ご予約・ご注文は、木村ワールドまで。

 

→おかげさまで完売となり、受付は終了しました。たくさんのご注文、ありがとうございます。

 

http://www.kimura-world.co.jp/shopdetail/000000000052/