『ハワイで醸す情熱のSAKEプロジェクト』

皆様へ新たなプロジェクトのお知らせです!

このたび、当会の木村式自然栽培米「雄町」が、ハワイへ出張してくることになりました\(^o^)/

画像をclick or tap すると、クラウドファンディングのページへジャンプします
画像をclick or tap すると、クラウドファンディングのページへジャンプします

【プロジェクトの概要】

1)ハワイでは33年ぶりとなる日本酒の酒蔵から、記念すべき初仕込みの純米吟醸酒を限定でお届けします

 

2)醸造を学び、国の専門機関、酒類総合研究所の研究員も務めた女性醸造家がハワイに酒蔵を立ち上げ!

 

3)業界注目!「自然栽培」で育てられた岡山県産雄町の米を逆輸入、ハワイの大自然が生んだ水で醸します

(クラウドファンディングサイト「Makuake」該当ページより)


このプロジェクトは、UNITED SAKE Co., Ltd. (株式会社ユナイテッドサケカンパニー)の女性社長:高橋千秋さんが立ち上げられたもの。詳しい経緯は、ぜひクラウドファンディングのサイト:Makuake さんでご覧ください。

https://www.makuake.com/project/islandersake-brewery/

 

高橋さんとは2017年頃よりおつきあいが始まっております。

奥のロングヘアの方が高橋さん。因みに当会の理事長の「高橋」とは親戚ではありません笑
奥のロングヘアの方が高橋さん。因みに当会の理事長の「高橋」とは親戚ではありません笑

高橋さんは現在ハワイと東京とを行き来する生活だそうで、帰国の際には岡山へもたびたび立ち寄ってくださっています。昨年の収穫祭にもお越しいただき、実際に私たちの田んぼやお米を自分の目でしっかりと確認され、このお米にほれ込んでくださいました。

こちらが8月の雄町の姿。すでに長い‥ 2m にも伸びるといわれています
こちらが8月の雄町の姿。すでに長い‥ 2m にも伸びるといわれています

お酒好きな人の中でも、特に熱狂的なファンの多さで知られる岡山の酒造好適米:雄町米は、全国シェアの9割を占め、飯米の朝日米同様、岡山県発祥の在来品種。酒米で有名な山田錦や五百万石の親にあたります。

 

背丈が非常に長く伸びるために、やはりこの品種も作りにくさからだんだん栽培する人がいなくなりました。ですが、雄町をお酒にしたときの気品の高さ、味わいをよく知る酒造会社からの要望で、契約栽培で作付けを行っているようです。

 

雄町の魅力を伝えるべく、岡山県酒造組合・岡山県酒造好適米協議会・JA全農おかやまが総力を挙げて、毎年「雄町サミット」を開催し、このイベントには全国の “オマチスト” が集まり、チケットは即完売になる人気ぶりなんです(^^)

2017年に木村秋則さんが視察されたときの様子「ん!いい!順調だな!」
2017年に木村秋則さんが視察されたときの様子「ん!いい!順調だな!」

しかもそれを自然栽培でつくっている当会のお米に目をつけるあたり、高橋さんのアンテナの高さにシビレます!

 

ハワイの醸造工場の建設も順調に進んでおり、試験醸造のための原料米として、私どもの雄町もハワイへ飛び立ちました(^o^)丿

 

一体どんなおSAKEになるのか、もうわくわくが止まりません!!

クラウドファンディングの目標金額は、サイトオープン間もなく達成してしまったのですが(すごい反響!)こちらはAll in 型なので、目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2019年11月29日までに支払いを完了した時点で、支援が成立します。

 

「応援したい!」

「このおSAKE、ぜひ飲んでみたい!」

 

という方は、ぜひご参加ください。(私も参加しとこ‥笑)

 

33年振りにハワイに酒蔵を復活させよう!

ハワイで醸す情熱のSAKEプロジェクト

 https://www.makuake.com/project/islandersake-brewery/

注)リンク先、Makuakeさんのサイトに掲載されている当会の田んぼの写真は、雄町米ではなく朝日米のほ場で、写っている人も生産者様ではなく当会の巡回メンバーとなります。

『SDGs に貢献する地元企業』山陽新聞さんに‥!

当会の認証ユーザー(企業)さんである、すし遊館さんがSDGs に貢献している地元企業として、地元紙 山陽新聞へ掲載されました。

▲画像をclick or tap すると、大きくしてご覧になれます

「『シャリがうまい』という言葉が一番うれしい。自分たちの取り組みに気づいてもらえたと。」( ー中略ー ) 湯気を上げる炊きたてのコメを見せながら、高橋栄二総店長(36)が思いを語る。

( ー中略ー )

「自然栽培米を使ったからといって、すぐに客が来るわけではない」と高橋社長。ただ、従業員は安心・安全な食材を提供していることを自信を持って説明できるようになった。趣旨に賛同した客は熱心なリピーターになってくれる。「客と従業員双方の満足度が上がったのは大きな成果だった」と強調する。

( ー中略ー )

10年前には1100円だった平均客単価は2千円まで上昇。昨年度の既存店の売り上げは前年度比4%増と、成果は数字にも表れている


***
手前味噌ではありますが、当店(当社)社長の高橋の先見の明と、二宮尊徳の『道徳を忘れた経済は、罪悪である。経済を忘れた道徳は、寝言である。』を地で行く手法には舌を巻きます。私どもの取り組みに目を留めていただきました、山陽新聞様、ありがとうございました。

(以上、すし遊館さんのホームページより転載)


『道徳を忘れた経済は、罪悪である。経済を忘れた道徳は、寝言である。』という二宮尊徳の言葉は、SDGs を支える大切なメッセージの一つになるのかもしれません。

 

農業分野で活動する私たちだからこそ、健全な農業の立て直しから国づくりにまで広げた二宮尊徳の偉業は、いつもお手本にしていたいと思います。

 

当会に参画し、自然栽培を支援してくださっている企業、団体の皆様のお役に立てること、嬉しく思います!(^^)!