代表ごあいさつ

わが国の食糧自給率は、現在およそ39%程度の低水準であると言われています。その要因の一つとして、現在の経済情勢が利益中心主義に偏り、農業が他の産業にくらべ、低所得になりがちな点が考えられます。これでは新規の就農をためらわせ、後継者不足を煽るばかりか、従事している営農者の誇りまでも失わせているように思います。 

 

しかし農業は本来、日本の礎となる誇るべき産業であるはずです。

 そんな中、わたしは木村秋則さんの著書を手にする機会に恵まれました。そして、木村さんの提唱する『自然栽培』に深く感銘を受け、岡山県のご当地米である「朝日米」を実際に栽培してみることにしました。初めての挑戦ではありましたが、当初考えていた以上の見事な成果に、大変驚きました。

 

そこで、木村さんの自然栽培に賛同する仲間を集め、NPO法人設立に至ります。集まった有志たちも「木村さんの自然栽培を行うには、木村さんの知識や経験、技術を正しく行うことが大切だ。そのための技術指導や支援に皆で取り組みましょう」という意見で一致しました。


この農法で営農することができれば、営農者は、健康・環境保護に貢献したより良い農作物が提供できることとなり、自らの収入も増加させることが可能になると考えています。社会的にも、営農者としての誇りを取り戻すことがきっと出来るでしょう。「作ってくれてありがとう」×「食べてくれてありがとう」という、互酬の和を広げていきたいと考えています。

 

わたしたち「NPO法人岡山県自然栽培実行委員会」は、行政・企業・各種団体との連携・交流を深めながら、地域の特性に応じた“地域密着型の支援活動”を行っていきたいと念願しています。

 

NPO法人 岡山県自然栽培実行委員会 

理事長 橋 啓一