生産者募集について よくある質問

Q1 農業はまったくやったことのない素人ですが、自然栽培で作れますか?

 

A 自然栽培は農業の経験ある・なしに関わらず、情熱があればどなたでも栽培が可能です。

 

農業の経験のある方は、これまで “ 常識 ” と思われてきた栽培方法と正反対のことをする 場合もあるので、迷われる方も多いようです。このためむしろ未経験者の方が自然栽培の 考え方に素直に入っていけるケースもあります。また経験者であっても、これまでの経験をベースに非常に効率よく自然栽培に成功する人も多く、当会生産者の特徴となっています。

また自然栽培といえども、米づくりのベースは通常の栽培と同じです。米づくりが全く初めての方は、自治体やJAなどで開催されている就農指導などを受けていただいたり、近隣農家の方に習ったりするなどして、お米の基本的な栽培を先に習得ください。その上で、木村式自然栽培の考え方・プロセスを学んでいただきます。

いずれにしても、自らを固定概念から解放できること、遭遇する課題を面倒臭がらずに一つ一つクリアしていける情熱と持続力があることが、成功のポイントです。


Q2 素人で圃場や機械を持っていません。就農して生産者になりたいのですが?

 

A 生産者になるためにはまず、県・各市町村の就農相談の窓口をお尋ねください。

営農計画、資金支援、技術・知識の習得などを経て、農地の確保が必要になります。 農地の利用権の設定が完了し、各市町村の農業委員会の許可が下りて初めて、生産者となれます。生産者になった方は、最寄のJAにて出荷契約をしてください。

  ( 出荷契約が交わされていないお米は品質検査が行えず、当会での買い取りができません。)

 

このプロセスを経ないで生産、販売をするのは、俗にいう「ヤミ小作」お米は「ヤミ米」となり、 法律違反となりますので、ご注意ください。当会ではこのような経緯のお米は取り扱っていません。

最近の農業ブーム、田舎暮らしブームで、当会へも大変たくさんの就農相談が寄せられていますが、農業は、食べる人の命の基となる「食」を預かる非常に責任の重い仕事です。 法規を守り、技術・知識を深め、覚悟と責任を持てる生産者が求められています。

  

なお当会では、農地・機械の斡旋、リース、また農作業の委託斡旋等には対応していませんので、ご了承ください。

機械のない生産者の中には、すべて手作業(手植え、手刈り、はさ掛け天日干しetc…)の覚悟で取り組んでいらっしゃる方もおられます。機械がなくてもがんばっていらっしゃる農家、逆に機械投資をしてまで自然栽培に賭けていらっしゃる農家、どの農家の皆様にもやり甲斐を感じていただけるよう、買取体制の強化をしております。


Q3 自営農家です。収穫米は自社ブランドとして自家販売したいのですが?

 

A 当会では、NPO会員の皆様の支援金、支援企業の方によるお買い上げによって、講師の招聘、様々な資料・資材調達等を しているほか、事務局の運営が可能となっております。

 

このため、ノウハウだけ欲しい、木村秋則さんのネームバリューだけが欲しいという、最初から支援者の皆様のお気持ちに応える予定のない方のご参加はお断りしており、自家販売や頒布はできず、収穫米は全量を当会へご提供いただくことが規約となっております。

 

当会が主催する講習会・研修会へのご参加、資料提供、栽培指導などは、すべて事業要領や認証規定の条件をご了解の上、登録を完了された農家の方に対応しております。

 

本来、自然栽培が世に広まるために広く門戸を開けるべきなのですが、契約栽培の手法を取り入れている都合上、NPO会員・支援企業と登録生産者の皆様の権利をお守りし、事業目的を遂行するため、若干の制限を設けざるを得ない当会の仕組みを何卒ご理解ください。

 

このウェブサイトでも、当会が責任を持てる範囲での情報はできるだけ公開しており、主催するイベントにはどなたでも参加いただける内容も多くありますので、ぜひご利用ください。


Q4 岡山県外在住者です。貴会で木村式自然栽培を学びたいのですが?また資料やマニュアルを分けていただけませんか?

 

A Q3 に準じまして、当会は契約栽培を導入している都合上、また岡山県下のJA組合員として参加いただいている生産者様を対象に栽培指導をしているため、県外の方へはご協力が難しいことをご理解ください。

 

また、朝日米の栽培は岡山県の比較的温暖な平野部で確立されていますので、当会で集約している内容が、岡山県外の地域で有効かは必ずしもお約束できないため、資料や情報も有償・無償問わずご提供しておりません。

 

なお、当会ではマニュアルに依存した農業者の育成を避けるため、「マニュアル」という資料は存在しません。圃場はその立地条件から一つ一つ個性があり、周辺の環境もさまざまです。ご自身の目の前にある圃場と向き合っていただくために、「マニュアル」ではなく、自然栽培の芯となる「考え方」をご提案しております。

 

全国どこも同じ品種、同じ栽培で画一的になることも、自然栽培的な考え方から離れて行くように思います。ぜひ、ご当地ならではの、その土地でしかできない自然栽培を確立していただきたいと思います。それこそが、自然栽培の理念に敵っているといえるのではないでしょうか。


Q5 自然栽培の野菜を作りたいのですが?

 

A 申し訳ありません。現在 当会では、米づくりに特化して取り組みを進めているため、野菜については生産者募集を行っていません

将来的には、野菜も事業内容に取り入れていくことも視野に入れていますが、まずは米づくりを通じて、自然栽培の心技を磨き、実績を積んでいただいた農家の方へ、門戸を広げていきたいという方向で検討を進めています。


Q6 品種は朝日米でないといけませんか?

 

A 当会では朝日米を推奨していますが、朝日米は比較的日照条件のよい温暖な地域でないと栽培が難しいため(※)、朝日米が栽培できない地域については、個別に相談の上、ほかの品種でも可能としています。別品種の場合も、同様に認証の可否を行い、買取を行っています。できるだけその土地に由来した固定種をご一緒に検討できればと考えています。

(※)朝日米は、県北など気温の低い場所、日照条件の悪い場所では、生育しても途中でカビが発生する等の事例報告があります。当会ではこうしたお米は安全上認証せず、流通させていません。